エアーインパクトレンチの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

airimpactwrench

この記事は初心者の方にもおすすめです。

エアーインパクトレンチってどんな工具?

  • レンチとは六角ボルトを回す工具のことで、手工具の場合はハンドルに手工具用のソケットレンチを取り付けて締め付け作業をします。エアーインパクトレンチはこの空圧工具版で、作業を省力化し、より大きなトルクで締め付けることができます。
手作業イメージ
手作業での作業イメージ
エアーインパクトレンチでの作業イメージ
エアーインパクトレンチでの作業イメージ
  • エアコンプレッサーと接続し、圧縮空気を動力として、ボルト・ナットの締め緩めを行います。整備工場などでの自動車のタイヤホイールの着脱、工場などでの組み立て作業、建築現場でのコンクリート型枠や金型の着脱、など幅広い分野で使用されます。
  • エアモーターによってハンマーを回転させ、ハンマーがアンビルを打撃することによる衝撃で締め付けを行います。
  • 空圧のエアインパクトレンチは、同等能力の電動インパクトレンチに比べて小型でパワーがあります。
空圧式と電動式の比較

ビルディで一番人気のエアーインパクトレンチと、同等のAC100V電源式インパクトレンチを比較してみました。軽量・コンパクトさがお分かりいただけると思います。

エア式と電動式の比較
機種トルク全長重量概要
AI4201AI4201700N.m108mm1.0kgTONE エアーインパクトレンチ
WR22SEWR22SE620N.m280mm4.6kg日立(HiKOKI) AC100Vインパクトレンチ
  • 構造的にはエアーインパクトドライバーと似ていますが、より強いトルクとそれに耐える先端工具の取り付け部分の角ドライブが特徴です。
    角ドライブ
    角ドライブ
  • アンビル(先端部)にソケットを取り付けて使用します。機種によってアンビルのサイズが異なり、取り付けられるソケットも異なるので注意が必要です。アンビルのサイズはメーカーによってソケット取付角・ソケット差込角・出力角などで表されています。
MEMO

ソケット取付角は規格が統一されています。主要なサイズと呼び方は以下のようになっています。

ソケット取付角一覧
ミリ表記インチ表記日本式表記
6.35sq6.35mm1/4″2分
9.5sq9.5mm3/8″3分
12.7sq12.7mm1/2″4分
19.0sq19.0mm3/4″6分
25.4sq25.4mm1″8分
38.0sq38.0mm1・1/2″1吋4分
※6.35sqはエアーラチェットレンチなどで用いられています。
注意

ソケットは、基本的にインパクトレンチ専用のものを使用する必要があります。これは、通常のソケットでは、インパクトレンチの瞬間的な大トルクに耐えきれず破断したり、表面処理のメッキが剥がれたりするからです。

インパクトレンチ用のソケットは、手動用ソケットに比べて外径が肉厚で強靭性に優れています。

インパクトレンチ用ソケットの特徴
インパクトレンチ用ソケットの特徴
  • ショートアンビル・ロングアンビル・低騒音・低振動・出力調整、などの機能を備えた機種もあります。
  • この記事では、空圧式のインパクトレンチについてご紹介していきます。電動式のインパクトレンチはこちらをご覧ください☟
インパクトレンチの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

種類と選び方

それではさっそく、エアーインパクトレンチの選び方について見ていきましょう。重要な点を項目ごとにまとめてみました。

締め付け能力と締め付けトルクで選ぶ

締め付け能力とは、どのサイズまでのボルトを締付けられるかという基準です。カタログでは、「適応ボルト:M33」や「能力ボルト径:38 mm」というように書かれています。

このサイズを大幅に下回るボルトは締めすぎになりやすく、このサイズを大幅に超えるボルトは本体に負荷がかかり、モーター損傷の原因になることがあります。締付けるボルトがこの締付能力に合うかどうかを確認してください。

MEMO
ボルトの呼称について
ボルトの呼称

M8やM12とはねじ径を表していて、M8はねじ径8mm、M12はねじ径12mmという意味です。

締付能力と締付けトルクはほぼ比例していて、締付けられるボルトサイズが上がると必要なトルクも増えていきます。

ボルトサイズと比例して、二面幅寸法も増えていきます。ソケットを選ぶ時には、二面幅寸法に合ったソケットを選んでください。

二面幅寸法
二面幅寸法
シャーレンチ・ナットランナー
普通ボルトサイズと締付けトルク目安
普通ボルトサイズ二面幅寸法締付けトルク目安
M610mm3~5N.m
M813mm8~11N.m
M1016mm16~24N.m
M1218mm29~41N.m
M1421mm46~66N.m
M1624mm72~104N.m
M1827mm100~142N.m
M2030mm141~203N.m
M2234mm192~284N.m
M2436mm244~351N.m
M2741mm358~517N.m
M3046mm484~700N.m
M3350mm661~958N.m
M3655mm848~1,227N.m
M3960mm1,100~1,595N.m
M4265mm1,350~1,967N.m
M4570mm1,700~2,475N.m
M4875mm2,030~2,954N.m
M5280mm2,640~3,848N.m

※締付けトルクは、測定方法や使用条件によって異なりますので、あくまでも目安になります。メーカーによっても違いが出ますので、参考程度にお考え下さい。

MEMO
常時最大トルク付近で作業すると、本体の消耗が早くなります。ぎりぎりの性能を発揮させ続けて負担をかけるよりは、1~2段階上のトルクの機種を選んで、余裕をもって使用する方がいいでしょう。

ソケット取り付け角ドライブで選ぶ

エアーインパクトレンチで使用されるソケット取り付け角ドライブには、9.5sq、12.7sq、19.0sq、25.4sq、38.0sqの5種類があります。また、特殊なタイプとして、スプライン軸があります。互換性はありませんので、それぞれの角ドライブ規格にあったインパクトレンチ用のソケットが必要です。

MEMO

こちらは、空研の同型エアーインパクトレンチの角ドライブ仕様とスプライン軸仕様です。先端部が違うことが分かります。

通常軸
一般的な角ドライブ
スプライン軸
特殊なスプライン軸
シャーレンチ・ナットランナー

ソケット取り付け角ドライブサイズが大きくなると、より大きなサイズのボルトを締められるようになります。

ソケット取り付け角ドライブサイズとボルトの適合目安
ソケット取り付け角ドライブサイズ適合ボルト
9.5sqM6~M16
12.7sqM8~M22
19.0sqM19~M33
25.4sqM33~M50
38.0sqM50

形状で選ぶ

エアーインパクトレンチには、用途によって、ピストル型・Dハンドル型・ストレート型・アングル(コーナー)型の4種類の形状があります。作業内容に合った形状の機種を選ぶことで、作業効率を向上させることができます。

ピストル型

ピストル型

一般的な形状です。自動車整備工場や現場など様々な分野で幅広く用いられています。

参考 ピストル型ビルディで商品を見てみる

Dハンドル型

Dハンドル型

持ち手部分がD型になっているタイプです。比較的大型で高出力の機種によく見られます。このタイプではサイドハンドル・サイドグリップ付きの機種が一般的です。

参考 Dハンドル型ビルディで商品を見てみる

ストレート型

ストレート型

本体がペンのような形をしています。工場での組み立てラインなどの流れ作業で用いられています。

参考 ストレート型ビルディで商品を見てみる

アングル型(コーナー型)

アングル型(コーナー型)

ピストル型やDハンドル型、ストレート型では入らないような狭い箇所でのボルト・ナットの着脱に用いられます。

参考 アングル型(コーナー型)ビルディで商品を見てみる

内部構造の違い

エアーインパクトレンチは、エアモーターによってハンマーを回転させ、ハンマーがアンビルを打撃することによる衝撃で締め付けを行いますが、この仕組みにも様々なものがあります。各メーカーで採用しているタイプが違ったり、独自のものを採用していたりと興味深い部分になっています。普段使いでは気にする必要はない点ですが、知っておくと何かの時に役に立つ・・・かもしれませんね(笑)。

シングルハンマー式

シングルハンマー式

エアモーターが1回転するとハンマーが1回打撃を行う方式です(1回転1打撃式)。シンプルなのでコストパフォーマンスに優れています。

参考 シングルハンマー式ビルディで商品を見てみる

ダブルハンマー式

ダブルハンマー式

ハンマーを2つ備えているので、エアモーターが1回転する間にハンマーがそれぞれ1回ずつ計2回打撃を行う方式です。(1回転2打撃式)

参考 ダブルハンマー式ビルディで商品を見てみる

ビッグハンマー式

ビッグハンマー式

シングルハンマーをより大型化して打撃力を高めた方式です。

参考 ビッグハンマー式ビルディで商品を見てみる

ピンクラッチハンマー式

ピンクラッチハンマー式

1回転1打撃式ですが、効率のいいハンマーピンの動きにより、低振動で滑らかなトルクを生み出します。

参考 ピンクラッチハンマー式ビルディで商品を見てみる

ピンレスハンマー式

ピンレスハンマー式

ハンマーとハンマーピンが一体化されている方式です。打撃パワーが直接アンビルに伝わるため効率が良く、小型軽量でも高トルクを得ることができます。

参考 ピンレスハンマー式ビルディで商品を見てみる

Vハンマー式

Vハンマー式

ハンマーが回転しながら前後に動きながら打撃を行います。打撃効率が良く高速で強力な締め付けを行えます。また、小型軽量化を図ることができます。

参考 Vハンマー式ビルディで商品を見てみる

ツインハンマー式

ツインハンマー式

特殊な形状をした2つのハンマーが、モーターからのパワーをロスなくアンビルに伝えます。効率が良く安定性に優れています。高トルクを得ることができ耐久力もあります。

参考 ツインハンマー式ビルディで商品を見てみる

N型クラッチハンマー式

N型クラッチハンマー式

超軽量・低振動・高耐久性を有するクラッチです。株式会社空研が独自に開発したタイプです。

参考 N型クラッチハンマー式ビルディで商品を見てみる

付加機能で選ぶ

エアーインパクトレンチには、トルクや取り付け角ドライブといった基本的な項目の他に、より便利に使用するための機能がついている機種があります。ここではそういった付加機能を一覧にまとめてみました。あると便利だなと思う機能を確認してみてください。

エアーインパクトレンチの付加機能
機能概要対応機種
軽量軽量設計のエアーインパクトレンチです。長時間の作業での疲労を軽減し、狭所での取り回し性に優れます。≫対応機種一覧
ショート型ショートボディ仕様になっています。先端部分がトリガーの付近まで絞られているので、狭所での取り回し性に優れます。≫対応機種一覧
出力調整出力を切り替えることができます。作業内容に応じた調整が可能です。電動インパクトなどの打撃力切り替えのエアー版です。≫対応機種一覧
低騒音環境に配慮した低騒音設計です。≫対応機種一覧
低振動振動低減設計により、長時間作業時の疲労を軽減します。≫対応機種一覧
サイドハンドル付きサイドハンドルやグリップで、よりしっかりと本体を保持することができます。≫対応機種一覧
ロングアンビルアンビルが長くなっており、大型バス・トラックのタイヤ交換や、重機・建設機械の整備、といった奥深い作業に最適なタイプです。≫対応機種一覧
ショートアンビルアンビルが短くなっており、狭所での取り回し性に優れたタイプです。≫対応機種一覧

コンプレッサーの選び方

エアインパクトレンチの空気消費量を確認してください。コンプレッサーの吐出空気量は実際に使用する空気量より10%以上余裕を持って選定してください。

(例)エアインパクトレンチの空気消費量:300L/min → コンプレッサーの吐出空気量:333L/min以上

あわせて、使用ホース内径も確認してください。メーカー推奨のホース内径よりも小さいホースを使用すると製品本来の締め付けトルクが発揮できなかったり、そもそも動かなかったりすることがあります。

エアー取り入れ口について

カプラやプラグが付属しているかを確認してください。付属していない場合は、エアー取り入れ口のサイズに応じたカプラ・プラグを別途用意する必要があります。

エアー取り入れ口
エアー取り入れ口(TONE取扱説明書より)
主要なエアー取り入れ口ねじ寸法
ISO規格表記
Rc(=テーパーめねじ)
旧JIS規格表記サイズ(インチ)
Rc1/4PT1/41/4″
Rc3/8PT3/83/8″
Rc1/2PT1/21/2″
Rc3/4PT3/43/4″

※NPT1/4といった表記の機種もありますが、これはアメリカ管用の規格のため、PT=NPT間での接続はできません。NPTからPTに変換するアダプタなどを使用すると接続が可能です。

主なメーカー

空研

空研エアーインパクトレンチ

独自開発、超軽量・低振動・高耐久性のN型クラッチ

ワンドッグ型オイルバス式インパクトレンチ KW-L17Gはオイルバス式クラッチで耐久性抜群。コンクリートパイル、ヒューム管、ポール等の成型型枠の脱着作業に最適。

ベッセル

ベッセルエアーインパクトレンチ

エアーモーターでぐいぐい締まる

エアーインパクトレンチ (超軽量Vシリーズ) GT-1600VPはV型ハンマー方式で小型・軽量・ハイパワー。メンテナンスも容易。

トネ

トネエアーインパクトレンチ

超軽量・超小型・ハイパワー

エアーインパクトレンチ(ショートタイプ)AI4201は小型ながら、1回の打撃力を大きくしたビックハンマー機構によりハイパワーを実現。軽量と回転継手で取り回しやすく、作業性も向上、長時間の使用での作業負担を軽減。

KTC

KTCエアーインパクトレンチ

薄型ヘッドで狭い場所での作業に最適

アングルエアーインパクトレンチ(コンポジットタイプ)JAP491はインパクトレンチのハイパワーとエアラチェットのコンパクトさを両立。アルミハンマケースとコンポジット素材(特殊強化樹脂)の採用により軽量化を実現。

99N.mまでのエアーインパクトレンチ

それでは、エアーインパクトレンチのおすすめ機種を、トルク別にご紹介していきます。まずは、99N.mまでのエアーインパクトレンチおすすめ機種です。

このクラスは、小型やコンパクトの機種になります。メインにはトルクのあるエアーインパクトレンチを持って、そのサブ機として運用するのもいいかもしれませんね。

KTC 9.5sq エアーインパクトレンチ JAP130

KTC 9.5sq エアーインパクトレンチ JAP130
販売価格:18,260円(税込)
最大トルク60N.m
最大締付能力M8
角ドライブ9.5Sq
重量0.63kg
出力調整×
無負荷空気消費量300L/min
小型・軽量のミニタイプ

コンパクトで打撃振動の少ないダブルハンマー機構の採用で振動が少なく、ボルト・ナットに優しいインパクトレンチです。ハウジングに特殊強化樹脂を採用したことにより、軽量・高強度・高耐久性を実現しました。左右どちらの手でも操作可能な正逆転切替レバーです。

ビルディで見る

メーカーサイト

100~399N.mまでのエアーインパクトレンチ

こちらは、100~399N.mまでのエアーインパクトレンチおすすめ機種です。

このクラスも、エアーインパクトレンチの中では小型になります。

空研 12mm エアーインパクトレンチ [9.5sq] KW-12MP

空研 12mm エアーインパクトレンチ [9.5sq] KW-12MP
販売価格:21,870円(税込)
最大トルク170N.m
最大締付能力M12
角ドライブ9.5Sq
重量1.7kg
出力調整右:4段階
無負荷空気消費量170L/min
重量バランスが良く小型、軽量ボディ

様々な小径ねじの脱着作業に最適です。グリップカバーの採用により、手になじみやすく、作業時の疲労を軽減します。低振動で高出力な、ピンクラッチ式打撃機構を採用しています。プッシュ式左右回転切替えスイッチにより、片手でも操作が可能です。本体を保護するプロテクタ付きです。

ビルディで見る

メーカーサイト

藤原産業 SK11 エアーインパクトレンチ 12.7sq SIW-1600EX

藤原産業 SK11 エアーインパクトレンチ 12.7sq SIW-1600EX
販売価格:15,801円(税込)
最大トルク330N.m
最大締付能力M16
角ドライブ12.7Sq
重量1.6kg
出力調整4段階
空気消費量400L/min
軽量・コンパクト・高耐久

軽自動車や乗用車のタイヤ交換・整備、機械の分解・組み立て作業などに最適です。小型アルミダイキャストボディです。カバー装着で滑りにくく、冬場でも冷たくなりにくいグリップです。

ビルディで見る

メーカーサイト

400~699N.mまでのエアーインパクトレンチ

こちらは、400~699N.mまでのエアーインパクトレンチおすすめ機種です。

この辺りのクラスから、エアーインパクトレンチの主流になっていきます。

KTC 12.7sq エアーインパクトレンチ(コンポジットタイプ) JAP451

KTC 12.7sq エアーインパクトレンチ(コンポジットタイプ) JAP451
販売価格:27,864円(税込)
最大トルク410N.m
最大締付能力M16
角ドライブ12.7Sq
重量1.3kg
出力調整右:4段階
無負荷空気消費量130L/min
ピン抜け防止安全機構「AMBAC」搭載

安定性、耐久性、効率に優れたツインハンマーの採用により、ハイパワーを実現しました。アルミハンマケースと特殊強化樹脂の採用により、より軽量になっています。ホースのねじれを防止する360°シーベルインレットです。回転方向の切り替えを片手で行える、ワンプッシュ切替ボタンを採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

藤原産業 SK11 超軽量エアインパクトレンチ 12.7sq SIW-1600HG

藤原産業 SK11 超軽量エアインパクトレンチ 12.7sq SIW-1600HG
販売価格:23,000円(税込)
最大トルク450N.m
最大締付能力M16
角ドライブ12.7Sq
重量1.09kg
出力調整4段階
無負荷空気消費量400L/min
軽量&ハイパワー

軽自動車や乗用車のタイヤ交換・整備、機械の分解・組み立て作業などに最適です。ツインハンマーを採用し、最高トルク450Nmを発揮します。

ビルディで見る

メーカーサイト

SP インパクトレンチ12.7mm角 SP1140EX

SP インパクトレンチ12.7mm角 SP1140EX
販売価格:27,445円(税込)
最大トルク500N.m
最大締付能力M16
角ドライブ12.7Sq
重量2.4kg
出力調整右:4段階
空気消費量600L/min
軽量&ハイパワー

乗用車のタイヤ交換作業などの自動車整備や、車両の解体作業に最適です。持ちやすく滑らないラバーグリップを装備しています。タフで耐久性抜群のツインハンマーです。片手操作できるワンプッシュ式リバースボタンを採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

19Sq(570N.m)モデル SP1150EXもあります。

トネ エアーインパクトレンチ AI4161

トネ エアーインパクトレンチ AI4161
販売価格:13,780円(税込)
最大トルク570N.m
最大締付能力M16
角ドライブ12.7Sq
重量1.2kg
出力調整右:3段階
最大空気消費量(ntp)915L/min
(op)136L/min

※:最大空気消費量(ntp)は、基準状態(0℃、1気圧=0.1MPa)に換算した空気消費量を示します。最大空気消費量(op)は実際に操作した状態(20℃、0.62MPa)における空気消費量を示します。

効率よく緩め作業が行える「左回転大出力タイプ」

自動車のタイヤ交換やボルト・ナットの脱着作業などに最適です。アルミニウム合金製ハンマーケースと特殊強化樹脂ボディにより、1.2kgと軽量化を実現しています。回転の切替はプッシュ式で簡単に操作できます。ホースのねじれを防ぐ回転継手を採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

700~999N.mまでのエアーインパクトレンチ

こちらは、700~999N.mまでのエアーインパクトレンチおすすめ機種です。

【ビルディ一番人気】トネ エアーインパクトレンチ(ショートタイプ) 12.7sq AI4201

トネ エアーインパクトレンチ(ショートタイプ) 12.7sq AI4201
販売価格:19,800円(税込)
最大トルク700N.m
最大締付能力M20
角ドライブ12.7Sq
重量1.0kg
出力調整右:3段階
最大空気消費量(ntp)842L/min
(op)127L/min

※:最大空気消費量(ntp)は、基準状態(0℃、1気圧=0.1MPa)に換算した空気消費量を示します。最大空気消費量(op)は実際に操作した状態(20℃、0.62MPa)における空気消費量を示します。

超軽量・超小型・ハイパワー

特殊強化樹脂ボディを採用することにより、本体質量1.0kgという超軽量を実現しました。従来機(AI4200)より200g軽くなっています。軽量化により長時間の作業でも負担が軽減できます。軽量・コンパクトボディながら、最大トルク700N.mを発揮します(効率よく緩め作業が行えるように、左回転を大出力に設定しています)。今まで入らなかった狭い箇所でも入る超小型設計です。回転方向切替レバーは、左右どちらの手でも操作可能です。継ぎ手部分が回転継ぎ手になり、ホースがねじれにくくなりました。

ビルディで見る

メーカーサイト

KTC 12.7sq エアーインパクトレンチ(コンポジットタイプ) JAP461

KTC 12.7sq エアーインパクトレンチ(コンポジットタイプ) JAP461
販売価格:35,640円(税込)
最大トルク880N.m
最大締付能力M22
角ドライブ12.7Sq
重量2.0kg
出力調整右:4段階
無負荷空気消費量140L/min
ピン抜け防止安全機構「AMBAC」搭載

安定性、耐久性、効率に優れたツインハンマーの採用により、19.0sqクラスに匹敵する最大880N.mのハイパワーを発揮します。アルミハンマケースと特殊強化樹脂の採用により、より軽量になっています。ホースのねじれを防止する360°シーベルインレットです。回転方向の切り替えを片手で行える、ワンプッシュ切替ボタンを採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

トネ 12.7sq エアーインパクトレンチ AI4220

トネ 12.7sq エアーインパクトレンチ AI4220
販売価格:21,880円(税込)
最大トルク922N.m
最大締付能力M22
角ドライブ12.7Sq
重量1.8kg
出力調整右:3段階
最大空気消費量(ntp)934L/min
(op)139L/min

※:最大空気消費量(ntp)は、基準状態(0℃、1気圧=0.1MPa)に換算した空気消費量を示します。最大空気消費量(op)は実際に操作した状態(20℃、0.62MPa)における空気消費量を示します。

効率よく緩め作業が行える「左回転大出力タイプ」

右利き、左利きどちらにも対応可能な回転方向切替レバーを採用しています。握りやすい形状で振動を和らげるソフトグリップです。耐久性とパワーに優れ、振動が少ないツインハンマー搭載で、最大トルク922N.mを発揮します。回転継手採用によりホースのねじれを防止します。

ビルディで見る

メーカーサイト

1,000~1,499N.mまでのエアーインパクトレンチ

こちらは、1,000~1,499N.mまでのエアーインパクトレンチおすすめ機種です。

空研 エアーインパクトレンチ KW-2800PA

空研 エアーインパクトレンチ KW-2800PA
販売価格:102,080円(税込)
最大トルク1,100N.m
最大締付能力M27
角ドライブ19.0Sq
重量5.7kg
出力調整4段階
空気消費量580L/min
小型・軽量・高耐久

従来のインパクトレンチのような打撃の“みだれ”がなく、安定した打撃です。従来のインパクトレンチのような部品のジャンプ作用はありません。長期に渉ってトルクの低下はありません。

ビルディで見る

メーカーサイト

SI インパクトレンチ SI-1550T-ULTRA

SI インパクトレンチ SI-1550T-ULTRA
販売価格:57,170円(税込)
最大トルク1,200N.m
最大締付能力M25
角ドライブ19.0Sq
重量3.3kg
出力調整4段階
空気消費量620L/min
ハイテク樹脂ボディー採用の軽量モデル

自動車エンジン分解整備、普通乗用車タイヤ脱着作業、バイク整備作業、一般産業・組み立て・分解作業、などに最適です。手触りの優しいフルモールディンググリップを採用しています。操作性抜群のレギュレーターとリバースレバーです。

ビルディで見る

メーカーサイト

エスピーエアー(SP) 25.4mm角エアインパクトレンチ SP380DX

エスピーエアー(SP) 25.4mm角エアインパクトレンチ SP380DX
販売価格:91,483円(税込)
最大トルク1,250N.m
最大締付能力M38
角ドライブ25.4Sq
重量7.8kg
出力調整4段階
空気消費量1000L/min
軽量タイプで、操作性に優れる

トラック・バスなどの大型車両のタイヤ脱着作業に最適です。

ビルディで見る

メーカーサイト

1,500~1,999N.mまでのエアーインパクトレンチ

こちらは、1,500~1,999N.mまでのエアーインパクトレンチおすすめ機種です。

ベッセル エアーインパクトレンチ GT-S32RW

ベッセル エアーインパクトレンチ GT-S32RW
販売価格:117,936円(税込)
最大トルク1,569.N.m
最大締付能力M33
角ドライブ25.4Sq
重量12.2kg
出力調整4段階
空気消費量1000L/min
高耐久で生産ラインでの使用にも最適

一般産業、組み立て、分解作業、PCパイルやポールの金型作業、橋梁・建設・造船・建機製造などに最適です。摩耗に強い高精度部品の組み合わせにより、連続作業でもトルクとスピードが落ちません。

ビルディで見る

メーカーサイト

KTC 19.0sq エアーインパクトレンチ(コンポジットタイプ) JAP651

KTC 19.0sq エアーインパクトレンチ(コンポジットタイプ) JAP651
販売価格:51,840円(税込)
最大トルク1,600N.m
最大締付能力M33
角ドライブ19.0Sq
重量3.3kg
出力調整右:4段階
空気消費量160L/min
ピン抜け防止安全機構「AMBAC」搭載

安定性、耐久性、効率に優れたツインハンマーの採用により、25.4sqクラスに匹敵する最大1,600N.mのハイパワーを発揮します。アルミハンマケースと特殊強化樹脂の採用により、より軽量になっています。ホースのねじれを防止する360°シーベルインレットです。回転方向の切り替えを片手で行える、ワンプッシュ切替ボタンを採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

2,000N.m以上のエアーインパクトレンチ

こちらは、2,000N.m以上のエアーインパクトレンチおすすめ機種です。

ベッセル 軽量エアーインパクトレンチ GTS55R

ベッセル 軽量エアーインパクトレンチ GTS55R
販売価格:139,104円(税込)
最大トルク2,450N.m
最大締付能力M52
角ドライブ25.4Sq
重量17.0kg
出力調整4段階
空気消費量1200L/min
強さと軽さのベストバランス機種

高トルクを必要とする産業用・自動車整備業界用です。小型、軽量で優れた耐久性があります。

ビルディで見る

メーカーサイト

空研 エアーインパクトレンチ KW-4500P

空研 エアーインパクトレンチ KW-4500P
販売価格:152,800円(税込)
最大トルク2,450N.m
最大締付能力M45
角ドライブ25.4Sq
重量10.3kg
出力調整4段階
空気消費量780L/min
小型・軽量・高耐久

中型・大型車のUボルト脱着作業、大型トラックやバスのタイヤ脱着作業、建設機械、ブルドーザーの分解組立作業、などに最適です。従来のインパクトレンチのような打撃の“みだれ”がなく、安定した打撃です。従来のインパクトレンチのような部品のジャンプ作用はありません。長期に渉ってトルクの低下はありません。

ビルディで見る

メーカーサイト

トネ エアーインパクトレンチ(ストレートタイプ) AIS8500L

トネ エアーインパクトレンチ(ストレートタイプ) AIS8500L
販売価格:162,000円(税込)
最大トルク3,390N.m
最大締付能力M50
角ドライブ25.4Sq
重量16.2kg
出力調整4段階
最大空気消費量(ntp)1809L/min
(op)269L/min

※:最大空気消費量(ntp)は、基準状態(0℃、1気圧=0.1MPa)に換算した空気消費量を示します。最大空気消費量(op)は実際に操作した状態(20℃、0.62MPa)における空気消費量を示します。

アルミニウム合金製のハンマーケースとボディにより軽量化を実現

大型バス・トラックのタイヤ交換作業や重機・建設機械の整備に最適です。耐久性もあり、小型で大きな力を出せるピンレスハンマーを採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

おわりに

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。エアーインパクトレンチの特長・選び方とおすすめ機種、いかがでしたでしょうか。皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。

【参考文献】

()『知っておきたいプロツールの基礎知識「COCOMITE vol.2 」p.454 佐川印刷株式会社

【参考サイト】

」,KTC(2017年12月08日閲覧)

」,TOSEI(2017年12月08日閲覧)

」,信濃機販株式会社(2017年12月08日閲覧)

」,TONE(2017年12月08日閲覧)

」,株式会社空研(2017年12月08日閲覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)