フロアタッカーの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

bradnailer

この記事は初心者の方にもおすすめです。

▼関連記事

混同されやすいピンネイラ・フィニッシュネイラ・タッカーについて、こちらで詳しく解説しています☟ ピンタッカー・フィニッシュネイラ・タッカーの違いと使い分けをわかりやすく解説

1.フロアタッカーってどんな工具?

  • エアータッカーの中でもフロア打ちに特化したタイプです。

エアータッカーについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください☟

エアタッカーエアータッカーの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説
  • フロア打ちでは、引き抜きに耐えられるステープルの打ち込み、フロア材の接続部分(凸部分)の割れ防止、膨らみの防止といったことが課題になります。フロアタッカーはそれらの課題を効率的に解決するためのエア工具です。
  • フロア表面のふくらみを防ぐため4mm幅のステープルが主流です。さらに保持力を重視する場合は8mmや9mm、11.3mmといった幅のステープルを使用します。
  • フロア打ちでは斜め打ちが基本になるため、斜め打ちに対応した先端形状や重量バランス配分がなされています。
  • 一般的な工法では、長さ38mmのステープルがよく用いられます。防振防音のために中間財を挟む場合は、50mmのステープルがよく用いられます。
  • フロアタッカーと同様の目的で使用されるエア工具に、ブラッドネイラーがあります。ブラッドネイラーはステープルではなく、1本釘タイプの専用ブラッドネイルを使用します。
ステープルとは
  • コの字形の釘です。ホチキスの針のような見た目をしています。

  • フロアタッカーで用いられるステープルの幅には、4mm・8mm・9mm・11.3mmなどがあります。主流は、各メーカー共通で4mm幅のステープル(4MA線ステープル)になっています。それ以外のサイズはメーカーごとの独自サイズになり、8mmはHiKOKI(旧 日立工機)、9mmはマックス、11.3mmはマキタが採用しています。基本的には共通のステープルを使うことができる4mmのものがおすすめですが、各メーカーの独自ステープルは肩幅が広く針も太くなっているので、保持力が必要な場合にはそちらを使うといいでしょう。

  • ステープルは、機種ごとに使用できるサイズが違うため、互換性はありません。ステープルとフロアタッカーの組み合わせが適切かの確認が必要です。

種類足長さ概要
4mm幅(MA線)フロアステープル
  • 25mm
  • 32mm
  • 38mm
  • 45mm
  • 50mm
フロア表面がふくらみにくく、仕上がりと保持力を両立したステープル。各メーカー共通で主流となっています。
  • メーカーごとに微妙に寸法が違うなどして、弾詰まりの原因になったりするので、なるべく同じメーカーのステープルを使うことをおすすめします。

ブラッドネイルとは
  • ブラッドネイラー専用の釘です。

  • フロア打ちにも対応した仕上げ釘です。頭径が小さく、また保持力があるため、割れ・膨らみ問題に効果的に対処できます。

種類足長さ概要
ブラッドネイル
  • 32mm
  • 38mm
  • 45mm
  • 50mm
  • 57mm
  • 64mm
ステープルと比較して、堅いフロア材(カリン・ナラなど)でも割れにくく、膨らみを抑えることができます。一方、引き抜きへの耐久力はステープルに劣ります。
  • メーカーごとに微妙に寸法が違うなどして、弾詰まりの原因になったりするので、なるべく同じメーカーのブラッドネイルを使うことをおすすめします。

2.種類と選び方

高圧用か、常圧用か

フロアタッカーは、高圧用フロアタッカー常圧用フロアタッカーの二つに分けられます。本体が違うのはもちろんですが、フロアタッカーを使うときに必須となるエアーコンプレッサーもそれぞれ違ってくるので、高圧か常圧かは必ず確認するようにしましょう。

高圧用フロアタッカー

高圧用フロアタッカー

1.2~2.3MPa(12~23kgf/cm2)で用いられます。常圧用と比較して小型軽量かつハイパワーなので、安定した打込力があります。

参考 高圧用フロアタッカービルディで商品を見てみる

常圧用フロアタッカー

常圧用フロアタッカー

0.39~0.83MPa(4~8.5kgf/cm2)で用いられます。高圧と比較して、長時間の使用に向いています。

参考 常圧用フロアタッカービルディで商品を見てみる

使うステープルで選ぶ

フロアタッカー用のステープルは、4mm幅ステープル8mm幅ステープル9mm幅ステープル11.3mm幅ステープルの四つに分けられます。使うステープルによって本体が違うので、互換性はありません。主流は4mm幅ステープルと9mm幅ステープルになっています。どの幅のステープルでどんな作業をしたいのかを確認しましょう。

4mm幅ステープル(MA線)

4mm幅ステープル(J線)

フロアタッカー用のステープルとしては、一般的によく使われているステープルです。

参考 4mm幅ステープル用 エアータッカービルディで商品を見てみる

9mm幅ステープル(T線)【マックス用】

10mm幅ステープル(J線)

マックスの一部のフロアタッカーで使われているステープルです。4mm幅のものより保持力が必要な場合に用いられます。最近では4mm幅のステープルに主流が移っています。

参考 9mm幅ステープル用 エアータッカービルディで商品を見てみる

8mm幅ステープル【HiKOKI(日立工機)用】

8mm幅ステープル

HiKOKI(日立工機)の一部のフロアタッカーで使われているステープルです。4mm幅のものより保持力が必要な場合に用いられます。最近では4mm幅のステープルに主流が移っています。

参考 8mm幅ステープル用 エアータッカービルディで商品を見てみる

11.3mm幅ステープル【マキタ用】

11.3mmステープル

マキタの一部のフロアタッカーで使われているステープルです。4mm幅のものより保持力が必要な場合に用いられます。最近では4mm幅のステープルに主流が移っています。

参考 11.3mm幅ステープル用 エアータッカービルディで商品を見てみる

エアタッカー用ステープルとの違い

エアタッカー用ステープルにも、同じ4mm幅のステープルがあります。同じ幅なら使えるのでは? と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、これも互換性はありません。フロア用ステープルはフロアタッカーで使用され、主にフローリングの施工に使われますが、よりしっかりとフローリングを保持するために、エアータッカー用のステープルより太くなっています。

4mm J線ステープル
エアータッカー用ステープル
4mm MA線ステープル
フロアタッカー用のステープル

また、足の長さも32mm以上と長くなっています。このため、4mmのフロアタッカー用のステープルを4mmのエアータッカーで使うことはできないのです。もちろん、その逆でも同じです。エアータッカー用のステープルを使いたい場合は、エアータッカーをご使用ください。

エアータッカー

エアータッカーについては、こちらの記事をご覧ください☟

エアタッカーエアータッカーの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

ブラッドネイラー

厳密にはフロアタッカーではなくピンタッカーや仕上げ釘打ち機に近いものになりますが、同様の作業をこなせる工具としてブラッドネイラーがあります。ブラッドネイラーは、ステープルではなく専用の釘「ブラッドネイル」を使用します。

ブラッドネイル

フロアタッカーと比較して、堅いフロア材(カリン・ナラなど)でも割れにくく、膨らみを抑えることができます。仕上がりがきれいになる一方、引き抜きへの耐久力はフロアタッカーに劣ります。

ブラッドネイラー

3.主なメーカー

マックス

マックスフロアタッカー
一般的にはホチキスやタイムカードなどのメーカーで知られていますが、エア工具のシェアNo.1メーカーでもあります。タッカーの種類も多く、DIY向けからプロ向けまで幅広くラインナップがあります。プロ用のエア工具は2年保証がついているのも嬉しいポイントです。

マキタ

マキタフロアタッカー
電動工具の国内シェアNo.1メーカー、世界でもトップクラスです。ただエア工具に関しては長年マックスの後塵を拝しており、兼松日産農林のエア工具事業部を買収しています。全国に多くの営業所があり近くで修理を出しやすいのがメリットです。

日立(HiKOKI)

日立フロアタッカー
マキタに次ぐ国内トップクラスの電動工具メーカーです。エア工具に関しては従来から評価は高く、マックスに次ぐシェアをマキタと争っています。

4.高圧フロアタッカーおすすめ機種

4mm幅(MA線)ステープル用フロアタッカー

足長さ38mmまで対応のフロアタッカー

マックス 高圧38mm ステープル用エアネイラ 4MAフロア HA-38F4(D)
マックス 高圧38mm ステープル用エアネイラ 4MAフロア HA-38F4(D)
販売価格:¥53,533 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
19~38mm
重量1.3kg
機能空打ち防止・エアダスター
使用用途フロア・内装
風量調整エアダスタで、現場を整える

片手で調節できるエアダスタを搭載。ボタンの押し加減でお好みの風力調節ができる。ボルト締結方式を採用し、ボルトを外すと先端を全て開口できるので、詰まったステープル除去が簡単。黄色プッシャーで釘残量が一目で分かる。ステープル残り0本で働く空打ち防止機構搭載。

ビルディで見る

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) 4mm高圧フロアタッカ N3804HMF
日立工機 4mm高圧フロアタッカ N3804HMF
販売価格:¥41,602 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
16~38mm
重量1.2kg
機能エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア
ダイヤル式打ち込み深さ調整と調圧器で、打ち込み力の微調整が簡単

簡単に単発・連続切替ができるので、作業に応じて切り替えて使用可能。ブレードガイドを開くだけで、詰まったステープルを簡単に取り除ける。(安全のために、必ずエアホースを外してからブレードガイドを開いてください。)

ビルディで見る

メーカーサイト

足長さ50mmまで対応のフロアタッカー

マックス 高圧50mm ステープル用エアネイラ 4MAフロア HA-50F3(D)
マックス 高圧50mm ステープル用エアネイラ 4MAフロア HA-50F3(D)
販売価格:¥58,341 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
25~50mm
重量1.6kg
機能空打ち防止・エアダスター
使用用途フロア・内装
全高263mmのコンパクトボディ

ナラ単層フロア(t=15mm)と構造用厚合板の間に、遮音性能を重視してアスファルト系遮音マット(t=8)を挟んだ組み合わせにも、50mmのステープルをしっかり打ち込めるハイパワー。「足先すぼまり」と「座屈」を低減するインサイドガイド搭載(PAT)で、より綺麗な仕上がりと、安定した保持力を確保。空打ち防止は、「ズリ打ち」でも機能。エアダスターの風量はボタンを押すストロークで自在に調節できる。

ビルディで見る

メーカーサイト

マキタ 4mm 高圧フロアタッカ AT451H
マキタ 4mm 高圧フロアタッカ AT451H
販売価格:¥58,311 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
25~50mm
重量1.5kg
機能空打ち防止・エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア・内装
小さなボディで、抜群の取り回し

従来機(AT450HA)より全長-19mm、全高-15mmと小型化。取り回し性が向上し、ステープル装填も容易になったコンパクトマガジンを装備。隅打ちしやすい先端形状で、壁際の張りじまいでもしっかり打てる。エアダスタは優れた操作性のボタン形状で、片手で握ったまま操作が可能。内部構造を見直し高耐久を実現し、安心の24ヶ月保証。

ビルディで見る

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) 4mm高圧フロアタッカー N5004HMF
日立工機 4mm高圧フロアタッカー N5004HMF
販売価格:¥42,554 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
25~50mm
重量1.4kg
機能空打ち防止・エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア
壁際3mmまで隅打ち可能

50mmステープル(4mm幅)が打込み可能なので、防音材の上からフロア材をしっかりと留めることができる。簡単に単発・連続切替ができるので、作業に応じて切り替えて使用可能。ブレードガイドを開くだけで、詰まったステープルを簡単に取り除ける。(安全のために、必ずエアホースを外してからブレードガイドを開いてください。)

ビルディで見る

メーカーサイト

5.常圧フロアタッカーおすすめ機種

4mm幅(MA線)ステープル用フロアタッカー

足長さ38mmまで対応のフロアタッカー

マックス 4mmフロア釘打機 TA-238F3(D)/4MAフロア
マックス 4mmフロア釘打機 TA-238F3(D)/4MAフロア
販売価格:¥46,717 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
19~38mm
重量1.5kg
機能空打ち防止・エアダスター
使用用途フロア・内装
狙いやすく当てやすい

先端部分を「メッキ」と「黒染め」の2色に色分け。射出位置が見やすく、狙った場所にステープルを打つことが可能。スリムなコンタクトノーズを採用。ステープルを最後までホールドしながら打ち込むので、座屈を大幅に低減。また、先端角度を鋭角(78°)にすることで、より狙いやすくキレイな仕上がりを実現。

複合(合板)フロア材に最適なフロアタッカー。(※部材の堅さ(単層ムク材)や厚さの組み合わせによっては、打ち込めない場合があります。)

ビルディで見る

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) 4mmフロアタッカー N3804MF
日立工機 4mmフロアタッカー N3804MF
販売価格:¥36,828 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
16~38mm
重量1.1kg
機能エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア
ダイヤル式打ち込み深さ調整で、打ち込み力の微調整が簡単

簡単に単発・連続切替ができるので、作業に応じて切り替えて使用可能。ブレードガイドを開くだけで、詰まったステープルを簡単に取り除ける。(安全のために、必ずエアホースを外してからブレードガイドを開いてください。)

ビルディで見る

メーカーサイト

足長さ50mmまで対応のフロアタッカー

HiKOKI(日立工機) 4mmフロア用タッカー N5004MF
日立工機 4mmフロア用タッカー N5004MF
販売価格:¥40,237 (税込)
使用ステープル4mm幅(MA線)
対応ステープル
足長さ
25~50mm
重量1.3kg
機能空打ち防止・エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア
壁際3mmまで隅打ち可能

50mmステープル(4mm幅)が打込み可能なので、防音材の上からフロア材をしっかりと留めることができる。簡単に単発・連続切替ができるので、作業に応じて切り替えて使用可能。ブレードガイドを開くだけで、詰まったステープルを簡単に取り除ける。(安全のために、必ずエアホースを外してからブレードガイドを開いてください。)

ビルディで見る

メーカーサイト

6.ブラッドネイラーおすすめ機種

高圧ブラッドネイラー

マキタ フロア用高圧ブラット釘打機 AF530H
マキタ フロア用高圧ブラット釘打機 AF530H
販売価格:¥62,062 (税込)
使用釘ブラッドネイル
対応釘足長さ32~50mm
重量1.3kg
機能空打ち防止・エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア・内装・下地
硬いフローリング材も美しい仕上がり

堅い単板フローリング材にも一発で打込むことができる。フローリング材の木割れや膨らみを防ぎ、美しく仕上がる。従来機と比較して、より軽量(1.4kg)・コンパクト(全高278mm)化。見やすく、サネ打ちがしやすい先端形状設計。釘詰まりが起きても工具レスで開閉できるので、簡単に釘を取り除ける。

ビルディで見る

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) フロア用高圧ブラッド釘打ち機 NT50HMF
日立工機 フロア用高圧ブラッド釘打ち機 NT50HMF
販売価格:¥48,422 (税込)
使用釘ブラッドネイル
対応釘足長さ32~50mm
重量1.8kg
機能空打ち防止・エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア
ダイヤル式打ち込み深さ調整と調圧器で、打ち込み力の微調整が簡単

単板のフロア材にも強力に打ち込むことができる。空打ち防止機構で、フロア材へのキズ付けを防止。ソフトグリップで長時間作業時の疲労を軽減。ブレードガイドを開くだけで、詰まったブラッドネイルを簡単に取り除ける。(安全のために、必ずエアホースを外してからブレードガイドを開いてください。)

ビルディで見る

メーカーサイト

常圧ブラッドネイラー

マキタ フロア用ブラッド釘打ち機 AF634S
マキタ フロア用ブラッド釘打ち機 AF634S
販売価格:¥38,874 (税込)
使用釘ブラッドネイル
対応釘足長さ32~64mm
重量2.1kg
機能空打ち防止・単/連発切替
使用用途フロア・内装・下地
ショートマガジン採用でフロア材の際打ちも楽々

64mmまでのブラッドネイルを打ち込むことができる。単発・連発を作業に応じた最適な方式に切り替え可能。空打ち防止機構により、安心して作業ができる。

ビルディで見る

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) フロア用高圧ブラッド釘打ち機 NT50HMF
日立工機 フロア用高圧ブラッド釘打ち機 NT50HMF
販売価格:¥40,920 (税込)
使用釘ブラッドネイル
対応釘足長さ32~50mm
重量1.7kg
機能空打ち防止・エアダスター・単/連発切替
使用用途フロア
ダイヤル式打ち込み深さ調整で、打ち込み力の微調整が簡単

単板のフロア材にも強力に打ち込むことができる。空打ち防止機構で、フロア材へのキズ付けを防止。フロア材を傷つけにくい大型プロテクタ付。ブレードガイドを開くだけで、詰まったブラッドネイルを簡単に取り除ける。(安全のために、必ずエアホースを外してからブレードガイドを開いてください。)

ビルディで見る

メーカーサイト

7.フロアタッカーの修理部品について

ビルディでは、各メーカーの工具の修理部品も取り扱っています。フロアタッカーの部品も機種ごとにまとめてありますので、必要な方はこちらからご確認ください。

マックス フロアタッカー用修理部品
日立工機 フロアタッカー用修理部品

8.おわりに

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。フロアタッカーの特長・選び方とおすすめ機種、いかがでしたでしょうか。皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。

【参考サイト】

」,マックス株式会社(2017年12月06日閲覧)

」,株式会社マキタ(2017年12月06日閲覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)