フルハーネス安全帯義務化!でも、どうやって選べばいいの?

ハーネス安全帯

↓胴ベルト型安全帯の選び方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【法改正後も5m高までOK】藤井電工の胴ベルト型安全帯の選び方を徹底解説(2018年5月更新)

↓安全帯の種類や構造については、こちらの記事で詳しく解説しています。

安全帯とは? 安全帯の種類から主なメーカー、選び方まで徹底解説

フルハーネス安全帯の義務化はいつから?

従来の安全帯は2022年1月2日から全面禁止

労働安全衛生法(安衛法)が改正されることとなりました。詳しくは下記日経新聞の引用を確認して頂きたいのですが、ややこしいので一言で言うと「2022年1月2日以降は6.75m以上の高さ(建設業は5m)で作業する場合、必ずハーネス安全帯を着用しなさい。」ということです。

施行日は19年2月1日ですが、およそ3年間の準備期間が設けられており、21年末までは従来品の使用が可能です。

厚生労働省は、高所作業で墜落を防ぐために労働者が着用する安全帯について、ロープなどを構造物に回して身体を支える「U字つり」など従来型の製品の使用を2022年1月から原則禁止する。

(中略)

6.75mを超える高さで作業する場合は原則、肩や腰、ももなど身体の複数箇所をベルトで支持する「フルハーネス型」の製品の使用を義務付ける。死亡災害全体の3分の1を占める建設業に対しては、ガイドラインを作成してより基準を厳しくし、5mを超える高さでフルハーネス型の使用を求める。

(中略)

施行日の19年2月1日から7月31日までの経過期間に製造した従来型製品については、21年末までの使用を認める。経過期間後の19年8月からは従来型製品を事実上製造できなくなる。

今後の流れとしては下記のようになっています。

2019年2月1日 施行 (新規格品販売開始予定)

2019年8月1日 現行規格品製造禁止

2022年1月2日 現行規格品販売・着用禁止

作業者は特別教育を受ける必要がある

今回の安衛法改正に伴い、「高さが2m以上の箇所において、作業床を設けることが困難な場合で、フルハーネス型を使用して行う作業」などの業務を行う労働者は6時間の特別教育を受ける必要があります。

この件については、こちらの記事で詳しく解説しています。

なぜフルハーネス安全帯義務化となったのか

【出典】建設業労働災害防止協会(2016)「正しく使おうフルハーネス」

胴ベルト型とフルハーネス型の違い

ハーネス型は体が安全帯から抜け出さないように複数のベルトで作られていますが、胴ベルト型は1本のベルトを胴回りに巻きつけるだけですよね。

すると、墜落時の衝撃によって胴ベルトがずり上がって胸やお腹を圧迫したり、あるいは抜けて地面へ落下してしまう危険性があるんですね。

また、胴ベルト型の場合、墜落した時に体が「くの字」になって、お腹などを圧迫する可能性やランヤード(命綱)と胴ベルトを繋いでいるところが体の重心よりも下(脚部側)になる「逆さま姿勢」となる可能性もあるんです。

そのままの状態で救助が来るまで何十分も待たなければならないので、墜落を防止できても大きな災害につながることも少なくないみたいですね。

06~15年度のハーネス着用者の死亡例はありませんが、胴ベルト型着用者では6件の死亡事故が起きているそうです。

日本ではまだまだ胴ベルト型が主流

しかしながら、下表(15年度の出荷数)を見ていただければ一目瞭然なのですが、日本では胴ベルト型がハーネス型の10倍ほど多く出荷されており、圧倒的に主流となっています。理由としては「コストがハーネス型の半分程度で済む」、「着脱が容易」、「束縛感が少ない」といったところでしょうか。

このような状況を改善するため、今回安衛法が改正され、フルハーネス安全帯義務化となりました。

安全帯 15年度出荷数の比較
出荷数
ハーネス型約13.8万本
胴ベルト型約127万本

新規格への買換に補助金が出る見込み

2018年10月19日 厚生労働省は2019年度度、新規格に適合する安全帯に買い換えた中小企業を対象に、買換え1セットにつき、実費(2万5000円が上限)の2分の1を補助すると発表しました。

現在のところ(2018年12月4日時点)、申請方法など詳しいことは決まっておりません。分かり次第、こちらの方に追記させて頂きます。

よくある質問

よくある質問は↓こちらのページをご覧ください。

フルハーネス安全帯義務化!よくある質問をまとめてみた(2018年11月更新)

失敗しないハーネス安全帯の選び方

ベルトタイプとランヤード(命綱)を選ぶ

では、どのようにハーネス安全帯を選べばいいのでしょうか?

選び方はかんたん!まずは「安全帯のベルトタイプ」を選んで、次に「ランヤード(命綱)タイプ」を選ぶだけ。

この記事では安全帯の国内トップシェアである藤井電工(ツヨロン)の製品を例にみていきたいと思います。

セット品もあるので選ぶのが面倒な方はそちらを選んでもいいかもしれませんね。

フルハーネス安全帯のサイズ

安全帯サイズ表

この図は、ハーネス型安全帯のM寸・L寸・LL寸の適用サイズの範囲を示したものです。身長と体重だけから適用範囲を推定しています。防寒着の着用時や個人差によっても合わない場合がありますので、M寸・L寸・LL寸を選定される場合の目安としてお使いください。

フルハーネス安全帯のベルトタイプについて

腿ベルトの形状 (V字型または水平型)

腿ベルトV字がより安全

ハーネス安全帯のベルトタイプは「腿ベルトV字型」と「腿ベルト水平型」に分けられます。

ビルディでも束縛感の少ない、水平型の腿ベルトの方が人気がありますが、宙づりになってしまったときに腿や胸回りのベルトがずり上がって体を圧迫するリスクがあります。

今後は、より安全であると言われている骨盤を包みこむような構造のV字型のものが主流になるのではないかと言われています。

腿バックルの種類(ワンタッチまたはパススルー)

同じベルトタイプでも腿バックルの形状にワンタッチバックルとパススルーバックルという2種類が存在する場合があります。

ワンタッチバックルはその名の通り、シートベルトのようにカチャッとワンタッチで腿ベルトを付けることができます。

パススルーバックルは固定された腿ベルト(調整可)に脚を入れるタイプになります。それぞれのメリット、デメリットについては下の表をご確認ください。

※重量と価格はR-SM510Typeのもので比べています。

腿バックル形状の違いによるメリット・デメリット
腿バックルの形状メリットデメリット重量価格
ワンタッチ
ワンタッチ
着脱が楽・重い
・価格が高い
約990g10,284円
パススルー
パススルー
・軽い
・価格が安い
着脱が面倒約840g8,915円

腿ベルトV字型のオススメ商品

R-502 TYPE (ランヤード別売)

R-502 TYPE

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル13,437円
パススルーバックル11,347円

これからのスタンダードハーネス

胴体部全体で支えるので、長時間の作業でも1ヶ所に負荷が集中しません。そのため、墜落時にはダメージを分散してケガを防止できます。

ビルディで見る

メーカーサイト

レビューのご紹介

白武様(福岡県)
素早く装着できる
初期調整に少し時間がかかりましたが、調整さえしてしまえば後はすべてのベルトがワンタッチなので素早く装着できて便利です。 もちろん、脱着も素早くワンタッチです。 フルハーネス義務化に向けて胴ベルト型からの切り替えを考えている方にはおススメです。
R-503 TYPE 彩シリーズ (ランヤード別売)

R-503 TYPE

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル24,480円
パススルーバックル22,980円

高所作業者の甲冑ともいうべき、戦国武将の魂を受け継いだフルハーネス

キャッチコピーがかっこいい!男性はこういうものに弱いですよね(笑)

フルハーネス型安全帯の特長をさらに生かすため、とくに負荷が集中する部位にパッドをつけて、長時間の作業でも拘束感を軽くして万一の墜落時でも身体のケガを防止します。

ビルディで見る

メーカーサイト

レビューのご紹介

吉村様(福岡県)
満足!
満足して使用してます!
R-510 TYPE (ランヤード別売)

R-510 TYPE

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル6,880円
パススルーバックル5,480円

装着性を極めたハーネス

必要最小限のベルト構成によるシンプル設計で装着性が良くなりました。

ビルディで見る

メーカーサイト

R-SM510 TYPE スマートハーネス (ランヤード別売)

商品名

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル10,280円
パススルーバックル8,880円

従来のハーネス型安全帯ではベルトが絡まったり、裏返ったり、装着するのが面倒でした。そこで!スマートハーネスはベルトの絡まりの原因の一つとなる背当てパッド部分に樹脂製の芯材を入れることにより、ベルト全体が身体になじむ形になっています。

ビルディで見る

メーカーサイト

150kg対応 ハーネス安全帯 (ランヤード付)

150kg対応 ハーネス安全帯

腿バックル販売価格
ワンタッチバックルなし
パススルーバックル19,050円

100kgから150kgまでの作業者(装備重量を含む)に対応

大型のショックアブソーバーが付いているので150kgまでの作業者(装備重量を含む)でも「安全帯の規格」の衝撃荷重8kN以下&落下阻止時のショックアブソーバの伸び650mm以下を満たしています。

ビルディで見る

メーカーサイト

ベルト製織式ショックアブソーバとは

墜落発生時には、予め織り込んだカラミ糸が順次切断されることにより最大衝撃荷重を大幅に低減します。

難燃性 ハーネス安全帯 (ランヤード付)

難燃性 ハーネス安全帯

腿バックル販売価格
ワンタッチバックルなし
パススルーバックル35,603円

溶接作業や高炉等の熱源近くでの作業に最適

主ベルトや胸ベルト・縫製糸にアラミド繊維などの耐熱性に優れた繊維を使用しているので、溶接火花による強度低下が生じにくくなっています。

ビルディで見る

メーカーサイト

チェアハーネス (ランヤード別売)

チェアハーネス

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル71,303円
パススルーバックル69,793円

イスに腰かけるのに似た姿勢で使用するため、チェアハーネスと呼ばれています。

窓拭き作業など垂直面、空間にぶら下がって行う作業に最適で、長時間の使用にも耐えられます。

ビルディで見る

メーカーサイト

柱上ハーネス用ベルト R-560 Type (ランヤード別売)

R-560 Type

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル22,780円
パススルーバックル21,220円

ランヤード連結箇所:連結ベルト

電気工事用柱上安全帯に組み合せて装着することにより、電工用のフルハーネスとして使うことができます。 常時体重をかけた状態での作業が多い電柱作業、鉄塔上作業などの現場での使用に最適です。

ビルディで見る

メーカーサイト

柱上ハーネス用ベルト R-561 Type (ランヤード別売)

R-560 Type

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル19,180円
パススルーバックルなし

ランヤード連結箇所:背部D環/胸D

電気工事用柱上安全帯に組み合せて装着することにより、電工用のフルハーネスとして使うことができます。 常時体重をかけた状態での作業が多い電柱作業、鉄塔上作業などの現場での使用に最適です。

ビルディで見る

メーカーサイト

キーロック対応型 フルハーネス用ベルト

150kg対応 ハーネス安全帯

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル36,980円
パススルーバックルなし

安全帯が親綱に繋がっていない状態(無胴綱状態)をシステム的になくす「キーロック方式墜落防止システム工法」に使用するハーネス安全帯です。

ビルディで見る

メーカーサイト

腿ベルト水平型のオススメ商品

鳶の方を中心に、腿ベルト水平型のものは束縛感が少ないということで人気がありますが、墜落・転落中の宙づり時に腿や胸回りのベルトがずり上がって身体を圧迫する危険があります。

今回の法改正でもその点に触れられており、改善が求められているため、今後モデルチェンジとなる可能性があります。

R-504 TYPE 黒影シリーズ

R-504 TYPE

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル9,780円
パススルーバックル9,230円

腿ベルト水平型のフルハーネス。胴ベルトも取付可能。

胴ベルトなしでも使えますが、今使っている胴ベルトにかんたんに取り付けることができ、体型に合わせた高さに調節することができます。

ビルディで見る

メーカーサイト

レビューのご紹介

山之内様(岡山県)
ハーネス安全帯
安くて、使いやすい!
R-514 TYPE 青影シリーズ

R-514 TYPE

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル8,880円
パススルーバックル7,540円

装着感と作業性を兼ね備えたフルハーネス

腰の左右に「ベルト通し」などの部品がなく、シンプルなベルト構成によって装着感がアップしました。その反面、胴ベルトを装着する際にはハーネスとの一体感が損なわれてしまいます。

腿ベルトは水平式で、束縛感が少なく自由に動けます。

ビルディで見る

メーカーサイト

R-506 TYPE Y型ハーネス 飛燕

R-506 TYPE Y型ハーネス 飛燕

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル14,100円
パススルーバックル12,660円

建設工事現場において、多くの工具類を装備する作業員。その作業員向けに設計されたY型ハーネス飛燕は、安全性を損なうことなく、胴ベルト部に腰道具取付スペースを幅広く確保しました。また、胴ベルトを3点で支えるので、ベルトのズレ防止にも有効です。

フルハーネス着用時の腰道具の収納はタジマのセフがおすすめです。

ビルディで見る

メーカーサイト

R-507 TYPE 空調服対応ハーネス

商品名

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル12,850円
パススルーバックルなし

昨今の熱中症対策として「空調服」が注目を集めていますが、空調服着用時でも高所作業の安全対策を怠ることはできません。そこで開発されたのがこのタイプで、空調服のファン部分を避けた構造になっています。

ビルディで見る

メーカーサイト

フルハーネス安全帯用 ランヤード(命綱)の種類

ワンハンド

ワンハンドランヤード

販売価格:8,540円

業界初の新機構搭載フルハーネス

ワンハンドハーネスは、背中に取り付けたランヤードの巻取器から切替レバーを無くしました。ストラップは作業者の動きに合わせて自由に繰り出され、巻取りの際にはストラップを少し引くだけで、スムーズに収納されます。

ビルディで見る

メーカーサイト

ワンハンドハーネス(ランヤード付)

ワンハンドランヤード

販売価格:13,172円~

お好みのベルトタイプと組み合わせたセットでの販売もございます。

ビルディで見る

メーカーサイト

Gカット

Gカット

販売価格:7,490円

シンプルで使いやすい衝撃吸収機能を備えたGカットランヤード

ロープ式に比べ衝撃吸収力が約40%アップ。ショックアブソーバーを必要としないので腰回りすっきり。織構成のストラップのためキンクが生じません。

ビルディで見る

メーカーサイト

Gカットハーネス(ランヤード付)

Gカットハーネス(ランヤード付)

販売価格:8,971円~

お好みのベルトタイプと組み合わせたセットでの販売もございます。

ビルディで見る

メーカーサイト

ノビロン

ノビロンランヤード

販売価格:5,830円

伸縮自在・軽量・コンパクトでキンクの起きないランヤード

使わない時には短く縮んでいますので、移動時の引掛りなどをなくすことができます。

ビルディで見る

メーカーサイト

ノビロンハーネス(ランヤード付)

ノビロンランヤード

販売価格:9,499円~

お好みのベルトタイプと組み合わせたセットでの販売もございます。

ビルディで見る

メーカーサイト

Gブレード

Gブレードランヤード

販売価格:5,830円

ランヤード自体が衝撃を緩和

キンクが起きないブレードロープに、衝撃荷重を緩和する機能を付加したGブレード。落下時の最大衝撃荷重を低減することにより、ショックアブソーバーを備える必要がありません。ショックアブソーバー付ランヤードと同様に使用体重(体重+装備品)130kgまでの使用が可能です。

ビルディで見る

メーカーサイト

Gブレードハーネス(ランヤード付)

Gブレードランヤード

販売価格:5,830円

お好みのベルトタイプと組み合わせたセットでの販売もございます。

ビルディで見る

メーカーサイト

ロープ式

ロープ式ランヤード

販売価格:5,500円

オーソドックスな三つ打ちロープに小型フック付のショックアブソーバーを組み合わせて採用したランヤードです。

ビルディで見る

メーカーサイト

ロープ式(150kg対応型)

ロープ式ランヤード

販売価格:7,780円

オーソドックスな三つ打ちロープに小型フック付のショックアブソーバーを組み合わせて採用したランヤードです。

ビルディで見る

メーカーサイト

150kg対応ハーネス型安全帯

ロープ式ランヤード

販売価格:19,095円

フルハーネス型安全帯とランヤードのセットでの販売もございます。

ビルディで見る

メーカーサイト

より安全な2丁掛けタイプ

2丁掛けとは?

フック掛替え時の無胴綱状態をなくす
ツインランヤード

高所作業時に体勢を変える、場所を移動するなど、ランヤードのフックを外す場合にもう片方のフックを掛けておくこと(2丁掛け)により、常に接続されている状態を作り出し、墜落事故の発生を防止するものです。

これまでご紹介してきた製品にはそれぞれツインランヤードタイプというものがあります。具体的に見ていきましょう。

ツインランヤードタイプのおすすめ

ツインワンハンドハーネス (ランヤード2本付)

ツインワンハンドハーネス

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル26,980円
パススルーバックルなし

ベルトタイプ:R-502

ランヤード:ワンハンド×2本

胴体部全体で支えるため、長時間の作業でも1ヶ所的に負荷が集中しません。そのため、ダメージが分散し、ケガを防止できます。

ビルディで見る

メーカーサイト

ツインノビロンハーネス (ランヤード2本付)

ツインノビロンハーネス

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル18,780円
パススルーバックルなし

ベルトタイプ:R-504

ランヤード:ノビロン×2本

胴ベルトなしでも使えますが、今使っている胴ベルトにかんたんに取り付けることでき、体型に合わせた高さに調節することができます。

ビルディで見る

メーカーサイト

ツインGカットハーネス (ランヤード2本付)

ツインGカットハーネス

腿バックル販売価格
ワンタッチバックルなし
パススルーバックル14,520円

ベルトタイプ:R-514

ランヤード:Gカット×2本

腰の左右に「ベルト通し」などの部品がなく、シンプルなベルト構成によって装着感が良くなりました。その反面、胴ベルトを装着する際にはハーネスとの一体感が損なわれてしまいます。

腿ベルトは水平式で、束縛感が少なく自由に動けます。

ビルディで見る

メーカーサイト

スマートハーネス ノビロン+ノビロンタイプ

スマートハーネス ノビロン+ノビロンタイプ

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル17,916円
パススルーバックルなし

ベルトタイプ:R-SM510

ランヤード:ノビロン×2本

従来のハーネス型安全帯ではベルトが絡まったり、裏返ったり、装着するのが面倒でした。そこで!スマートハーネスはベルトの絡まりの原因の一つとなる背当てパッド部分に樹脂製の芯材を入れることにより、ベルト全体が身体になじむ形になっています。

ビルディで見る

メーカーサイト

レビューのご紹介

春日様(長野県)
早速、使用しています。
大きい現場では必須になる為、購入をしました。色々調べましたがこの商品がBESTと判断しました。
藤野様(東京都)
コスパはいいと思います。 なれないとこのタイプは食い込みます。
コスパはいいと思います。 なれないとこのタイプは食い込みます。
ツインロープ式ハーネス (ランヤード2本付) 【売れ筋】

商品名

腿バックル販売価格
ワンタッチバックル11,678円
パススルーバックル10,278円

ベルトタイプ:R-510

ランヤード:ロープ式×2本

胴体部全体で支えるため、長時間の作業でも1ヶ所に負荷が集中しません。そのためダメージが分散し、ケガを防止できます。リーズナブルで人気のモデルです。

ビルディで見る

メーカーサイト

レビューのご紹介

山下様(静岡県)
装着感
以前は胴ベルトのあるタイプを使用しておりました。装着感ですが、胴ベルトが無い分、軽さは感じられます。サイズ的には大き目なので175CM位の身長で70Kg位の方ならMサイズでちょうど良いかと思います。信頼のおけるメーカーでツインランヤードも付いてこの価格なら、お手頃だと思います。
2323様
安全帯ヨシ!
今やフルハーネス時代が突入したなかで、安くて安全な安全帯をさがしてる方にはオススメです。消耗品なのでいくらでも買い換えができて便利ですよ!
レモンさん様
使いやすく購入してよかったです。
今の所は特にありませんがなれないと装着する際に時間がかかるので 改良してくれると助かります。今後全員に持たす予定なので価格ももう少し安くなると 助かります。

フルハーネス安全帯用オプション部品

背当てパッド

商品名

販売価格:1,830円

軽量で邪魔になりにくい形状です。マジックテープで固定できます。

※R-506・R-566タイプには取付できません。

ビルディで見る

腿パッド

商品名

販売価格:1,670円

軽量で邪魔になりにくい形状です。マジックテープで固定できます。

※R-534タイプには取付できません。

ビルディで見る

背当てパッド(保冷剤用ポケット付)

背当てパッド(保冷剤用ポケット付)

販売価格:4,170円

ソフトで軽量なクッション材で作られています。裏側にはメッシュ素材の保冷剤を入れるポケット付です。

※R-502・R-506タイプには取付できません。

ビルディで見る

肩パッド

肩パッド

販売価格:2,910円

ソフトで軽量なクッション材で作られています。反射材が付いているので、夜間の作業時でも視認性が良いです。

ビルディで見る

着脱式連結ベルト

着脱式連結ベルト

販売価格:1,824円

ベルブロックやウルトラロックなどの接続が胸前で行えます。

※先端のO環へランヤードを繋いで使うと、墜落時の落下距離が長くなり衝撃荷重が大きくなります。

ビルディで見る

Y型ハーネス用 胴ベルト取付アダプター

Y型ハーネス用 胴ベルト取付アダプター

販売価格:1,650円

今使っている胴ベルト型安全帯をかんたんに取付できます。

※R-506・R-507タイプ用の取付アダプターです。

ビルディで見る

フックハンガー

フックハンガー

販売価格:490円

ランヤードを使わない時にフックをかけられます。

※タイプによっては標準装備されています。

ビルディで見る

ランヤードホルダー

ランヤードホルダー

販売価格:740円

ランヤードを使わない時はジャマにならないよう、ロープを束ねてフックをかけられます。

※タイプによっては標準装備されています。

ビルディで見る

胴ベルト取付用 フックハンガー

胴ベルト取付用 フックハンガー

販売価格:390円

ランヤードを使わない時にフックをかけられます。

※タイプによっては標準装備されています。

ビルディで見る

胴ベルト取付用 ランヤードホルダー

胴ベルト取付用 ランヤードホルダー

販売価格:659円

ランヤードを使わない時はジャマにならないよう、ロープを束ねてフックをかけられます。

※タイプによっては標準装備されています。

ビルディで見る

フルハーネス安全帯の点検・交換について

ハーネス安全帯の点検チェックリスト

06年~15年までの10年間でハーネス安全帯を使っていた人の死亡事故は報告されていないといっても、使用する期間が長くなれば長くなるほど当然劣化してしまいますので日々の点検が必要になってきます。藤井電工のサイトで点検表を配布しているので作業前に状態を確認するようにしましょう。

ハーネス型安全帯のベルト・金具等取換基準

一般高所作業用安全帯の織ロープ/ロープ取換基準

柱上安全帯のロープ取換基準

ハーネス安全帯の使用期限

現在のところ、法令では使用期限は定められていませんが、安全帯メーカーの団体である「安全帯研究会」は安全帯の買い換えの目安を下記のように指導しています。

  • 織ロープ/ロープ:使用開始より2年
  • ベルト/その他:使用開始より3年

※期間内であっても点検要項にしたがって必ず点検を実施し、廃棄基準に該当したものは使用しないで、取り換えてください。

※外見上変形が無くても一度でも大きな荷重が加わったものは、再び墜落すると衝撃荷重が大きくなりますので廃棄してください。

ご購入・お見積りはこちら

製品の選定について

ケン・島津

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。いかがでしたでしょうか。皆さまのお役に立てば幸いです。製品の選定についてご質問などございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。ピッタリの安全帯をご案内させて頂きます。

大口割引について

またビルディでは大口割引もございますので、こちらからお気軽にお見積りをご依頼ください。

リナ

ケン・島津

FAXでのご依頼も受け付けています。こちらから見積依頼書を印刷してご使用ください。
【参考サイト】

」, 日刊建設工業新聞社

コメントを残す