【道具紹介】ホームインスペクター(住宅診断士)の必携道具~野球の打線を組んでみた~

ホームインスペクター

【ゲスト寄稿】
この記事はビルディ会員様やユーザー様が執筆するゲスト寄稿です。 ビルディマガジンへの寄稿をご希望の方はお問い合わせください。

ホームインスペクションとは

ビルディマガジン読者の皆さん、こんにちはベンガルです!みなさん、ホームインスペクション(住宅診断)という仕事をご存知でしょうか?
ホームインスペクションとは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを診断し、アドバイスを行なう専門業務を指します。

2018年の4月に改正宅建業法が施行され、不動産仲介会社は中古住宅の売買契約を結ぶ際、ホームインスペクションを行うかどうかの確認をすることなどが義務付けられています。ホームインスペクションの利用により、住宅の質が担保されるようになると、中古住宅の購入に対するハードルがこれまでより一段低いものになって、中古住宅の流通が活性化されることが狙いなんですね。

今日はそのホームインスペクターが住宅診断を行う際に使う道具をご紹介したいと思います。ただ、単に紹介するだけでは味気ないので、せっかくなので道具たちで野球チームをつくってみました。 その名もズバリ「インスペクターズ」!ホームインスペクションをするだけあって、注意深く緻密な野球をするとか。そのメンバーを見ていきましょう!

1番ライト「ライト(笑)」

マキタ ライト

ホームインスペクションは床下や、屋根裏など暗い部位も対象です。したがって、必ずライトが必要となります。電源が必要ないバッテリー式の蛍光灯やLEDライトがいいですね。イチローのレーザービームくらいに明かりが遠くまで届くように絞り機能がついていれば尚よしです。両手が使えるように、床に置いても安定するものや、壁にひっかけたりできるものを選びましょう。あるいはヘッドライトタイプも便利です。総合電動工具メーカーの「マキタ」で、いろいろな種類のライトを選ぶことができます。

パナソニック 14.4V/18V/21.6V 工事用充電LEDマルチ投光器 (本体のみ) EZ37C3 ML807
日立工機 14.4V/18V コードレスワークライト ACアダプタ付 UB18DGL(S)

2番セカンド 「脚立」

hasegawa 脚立

建設現場の必需品の脚立!もちろんホームインスペクターにも重要な道具です。
戸建ての場合高さ120㎝、マンションの場合高さ60㎝程度の選手を使います。なぜ戸建ての方が高いものを使うかというと、戸建ては天井点検口があります。そこから顔をつっこんで屋根裏などを見るのに、高いほうがいいんですね。

脚先は床を傷つけないように、必ず養生が必要です。養生マットを敷いても構いませんが、便利なのは脚にかぶせるカバーです。また、アルミ脚立はとてもかさばるので、折りたたんで薄くなるプラスチックの踏み台も持ち運びに便利なのでおすすめです。

ハセガワ 脚用カバー(4個入り) RCK-4

3番キャッチャー 「ファイバースコープ」

シンワ モニタリングスコープ

ファイバースコープは胃カメラなど医療用でおなじみですが、建築用途でも使っています。
ホームインスペクションを行う際、ファイバースコープを持っていると、とってもプロっぽいです!(笑)排水管の内部、壁や床下点検口の目が届かない箇所の目視などこの選手がいれば大活躍します。

スコープの先端にはLEDライトがついているので、暗くても別途ライトで照らさなくて大丈夫です。モニターを見ながら、写真を撮ったり、動画も撮れるので記録するのに便利です。

通常はモニターとファイバースコープが一体となった道具なのですが、最近はファイバースコープケーブルをスマホにさして、アプリをダウンロードすればスマホがモニターとなるものもあります。とってもお手軽で大活躍の選手です!

4番ピッチャー 「レーザー墨出し器」

マキタ レーザー墨出し器

ホームインスぺクションの4番でエース!二刀流!(?)精密機械であるレーザー水準器!本体から水平・鉛直などのラインが照射されます。インスペクションでは傾斜の測定がとっても重要です。建物に瑕疵があるかどうか傾斜の基準が決まっていて、それ以下に収まっているかがポイントです。傾斜の測定個所は柱または壁および床です。ともに6/1000以上の傾斜があると「瑕疵が存在する可能性が高い」というドキドキものの判定になります。

レーザー水準器は通常床に置きますが、三脚に乗せる場合もあります。ハンディ式のコンパクトなスティック状で、使用する際に脚を広げるタイプもあります。メーカーはタジマ、マキタなどが有名で、スティックタイプは何とパナソニックです。ホームインスペクター業務で必要な照射ラインは水平・鉛直が出れば十分です。

タジマ グリーンレーザー墨出し器 ZEROG-TYZ

タジマ グリーンレーザー墨出し器 ZEROG-TYZ
販売価格:53,460円(税込)

縦・横のシンプル照射のグリーンレーザー。タジマのグリーンレーザーで最も安価な機種です。明るい場所でも見やすい鮮視度300のくっきりラインダイレクトグリーンLDユニットです。

ビルディで見る

5番ファースト 「鉄筋探査機」

ボッシュ デジタル探知機

戸建てのコンクリート基礎などで、適正な配筋がされているか等のチェックに活躍します。配筋ピッチやかぶり厚さなどを調べます。高いものは数十万円しますが、ホームインスペクターがよく使っているものはハンディタイプのもので数万円程度です。

配筋ピッチ、かぶり厚さは設計図書(構造図特記仕様)で確認し、それに適合しているかを基準とします。例えば、建築基準法でのかぶり厚さの基準では、構造的に重要な耐力壁だと3cm以上、そうでない壁は2cm以上、布基礎の立ち上がり部分は4cm以上となります。

6番サード 「携帯用含水率計」

含水率計とは、対象に押し当てるだけで木材、プラスターボード、コンクリートなどの表層に含まれる水分を計測し、通常より水分量が多ければアラームが鳴る道具です。壁や天井裏にカビが発生していたり、雨漏りの跡があった場合に、現状湿気があるのか乾燥しているのか判断するために使用します。水分量が異常値の場合は、雨漏り、結露などの可能性を調査する必要があります。木材は含水率15%以上、プラスターボードは3%以上だと要注意です。

有名メーカーは「ウマレックス」。ドイツの会社で、なんとワルサーP38でお馴染みのワルサー社をグループに持つ、建築向け小型計測器の開発に長けた欧州ブランドです。

おすすめ選手は 「ウマレックス モイスチャーファインダーコンパクト」。素材に底面を当てるだけで、瞬時に木材や建設素材の含水率を確かめることができる水分計です。素材の表面を傷めることなく、ワンタッチで乾湿チェック可能です。

UMAREX 水分計 モイスチャーファインダーコンパクト

7番ショート 「双眼鏡」

ホームインスペクションで双眼鏡?と思われるかもしれません。用途は戸建てインスペクションでの外壁と屋根の目視です。ホームインスペクターは立ち入れる箇所の目視確認が基本ですので、屋根にのぼるという危険な事や、外部足場を組む様な事はしません。道路に出て、屋根材や外壁に異常がないかを目視確認しますので、守備の要として重要な役割を持っています。

尚、外部での双眼鏡を使った作業ですので、隣の家にお住いの方から覗き犯人扱いされないように注意!もっとも、これからはドローンにそのレギュラーの座を奪われるかもしれません。

8番センター クラックスケール

戸建ての基礎や外壁のひび割れの有無はインスペクションで重要な検査項目です。クラックの幅により著しい劣化があるかどうかを判断します。クラックの幅を計測するのがクラックスケールです。クラックスケールはカード形状のものと、バー形状のものの2種類があります。

9番レフト 「打診棒」

打診棒って何でしょう?字面からパワーヒッターの様な感じがしますが、実は地味な道具です(笑)。差し棒の先端に鋼球がついています。これでタイル上をなぞる(転がす)と、音の変化によってタイルの「浮き」を診断できるのです。(浮き、剥離があると軽い音がします。)外壁タイルはもちろん、床タイルでも使用します。

「打診」棒という名前の選手だからと言って、タイルをカンカンたたいてはダメです!タイルをたたいたら、タイルが割れてしまうのでご注意を!

土牛 伸縮式打診棒 01

控え選手 「点検鏡」

点検していると、「この裏が見たいけど、顔が入らないので見えない~」というジレンマに陥ることがあります。(え、陥るのは私だけ?)そんな時に活躍する選手が点検鏡。先端についている鏡に自由に角度がつくようになっています。鏡のところにLEDライトがついていて、暗いところでも見やすくなっているものもあります。

おわりに

「インスペクターズ」の道具たちはいかがだったでしょうか?ここに挙げた道具たちはいずれもホームインスペクターとしては持っていたいものです。

殿堂入りになっている道具として、デジタルカメラ、スケール(コンベックス)、ドライバーがあります。有名すぎて、あえてここには挙げていません。一方、お住まいになっている所で点検する事も多いので、養生や掃除も大切。養生マット、吸水タオル、ウエットティッシュなどの道具も支配下登録道具にしておきたいところです!

インスペクション1試合(現場)は2時間ほどかかります。粒よりの選手をそろえて、交代しながらうまく使って、よい試合(インスペクション)をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)