インパクトドライバーで使えるアタッチメントまとめ

マキタのドリルチャック

現場の定番インパクトドライバー、先端工具やアタッチメントが豊富なところも定番ならでは。このアタッチメント類は、取り付け部分が「6.35mm六角軸」というインパクトドライバー各メーカー共通の取付規格となっています。ここではインパクトドライバーに取り付けられる様々なアタッチメントを、プロ以外の方にも分かりやすいように解説します。

インパクト用ドリルチャック

インパクトドライバーで、ストレート丸軸のドリルビットは使えないの?
そのままでは使えないね。でもドリルチャックを取り付ければストレート軸のドリルも使えるよ。もちろん6.35mm六角軸のドリルも市販されているから、それを使うのが手っ取り早いけどね。

店主

インパクトドライバー側の取り付け部分(スライドスリーブ)は、6.35mm六角軸の取付軸用に設計されており、内側で六角軸のくぼみ部分にボールをかませることでビットを固定します。 そのため、軸にくぼみの無い丸軸ストレートのドリルはそのままでは取付ができません。

ということで、ドリルチャックの登場です。 ドリルドライバーの先端工具保持部がこのドリルチャック構造となっていますが、これをインパクトドライバー用でも使えるように6.35mm六角軸仕様にしたものが、インパクトドライバー用のドリルチャックです。それでは代表的なドリルチャックと選び方をご紹介していきます。

Anexドリルチャック
ANEX ドリルチャック(兼古製作所HPより)

使う錐の軸径は?

使用するストレート軸の錐(ドリルビット)の軸径を確認してください。軸径13mm、10mm、6mmといったサイズが各メーカー共通の規格となっています。 ドリルチャックもこれに合わせて、ストレート軸径13mmまたは10mmまで取り付け可能といった仕様になっています。

キーレスタイプが便利

ドリルチャックは3本の爪により錐を保持します。この爪の締付方法が、「チャックハンドル」や「キー」と呼ばれる工具を使って締め付けるドリルチャックと、キーを使わずに手で本体を回して締付固定する「キーレス」タイプのドリルチャックがあります。 チャックハンドルは紛失することも多いため、キーレスタイプが圧倒的におすすめです。錐の交換も素早くカンタンにできます。ドリルチャックは最も代表的なインパクトドライバー用のアタッチメントですね。

インパクト用L型アダプタ

テーブルの脚の取り付けネジを締め付けたいんだけど、狭くてインパクトドライバーが入らないの。おすすめのアタッチメントある?
L型アダプターだね。コーナーアダプタとかアングルドライバとか呼び方は色々あるけど。

店主

見ての通り、ヘッド部分が曲がっています。これにより本体に対して垂直方向の作業ができるようになります。インパクトドライバーが入らない狭い箇所でも、このL型アダプタが入るスペースがあれば大丈夫です。 つまりL型アダプタを選ぶときには、そのヘッドの幅が重要にになります。

L型ドライバー
ANEX L型アダプタ(兼古製作所HPより)

L型アダプタのヘッド幅は狭い方が便利

ビット側からアダプタ背面までの幅が小さい方が、より狭い場所の作業ができます。

長ビスを締める?

長いビスほど大きな力が加わるため、L型アダプタも使用可能な条件があります。コンパクトなタイプほど使用できるビスサイズは小さくなりますので要チェックです。

サイドハンドル付きなら安定した作業

L型アダプタサイドハンドル付き
ANEX L型アダプタ サイドハンドル付(兼古製作所HPより)

インパクトドライバー本体に対して垂直方向に締め付け作業をしますので、ビットを押さえつける力はかなり弱くなります。 サイドハンドルがついていれば押さえつけやすくなり、安定した作業ができます。押さえつけが弱いとカムアウト(=ビスからビットが外れること。繰り返すとネジ穴が削れてなめてしまうことも。)しやすくなるので、サイドハンドル付きのL型アダプタをおすすめします。

インパクト用ソケットアダプタ

手動のソケットレンチのコマってインパクトドライバーで使えないの?
アダプタかませれば使えるよ~

店主

トップ工業 ソケットアダプター
トップ工業 ソケットアダプタ ESA-3DX・ESA-4DX
ソケットレンチの取り付け部分は四角形の角ドライブ、6.3mm角、9.5mm角、12.7mm角といった各メーカー共通規格です。これをインパクトドライバーで使えるようにするためのアタッチメントということですね。 これは根元(インパクトドライバー側)が6.35mm六角軸、工具側が角ドライブになっているソケットアダプタを使えばOKです。

角ドライブを選ぶ

使いたいソケットレンチの角ドライブを確認してください。角ドライブは、6.35mm(1/4)・9.5mm(3/8)・12.7mm(1/2)の3パターンです。 25.4mmがない理由としては、インパクトドライバーで30mm以上のボルト(25.4mm角ドライブクラス)締め付けに、6.35mm六角軸が耐えられない(=折れる)ためです。

首振りタイプは便利

トップ工業 ソケットアダプタ首振りタイプ
トップ工業 ユニバーサルインパクトソケットアダプタEUA-3P・EUP-4P

狭い箇所や、斜めから締付作業ができる首振りタイプは便利です。構造物や部材のコーナーでボルト締めをしていることが多いので、この首振りタイプのソケットアダプタであればグッと作業性が良くなります。コーナー部分の締め付け作業の必需品です。

インパクト用SDSアダプタ

MKK インパクト用振動ドリルホルダー SDS-2
MKK インパクト用振動ドリルホルダー SDS-2

インパクトドライバーに取り付けることにより、お手持ちのSDS軸ドリルを使用することができます。2~3mm程度の穴あけやDIYでは問題なく使用できますが、プロがガッツリ使うのは6.35軸の強度的に気になります。あくまでスポット的なちょっと使い用ですね。

フレキシブルシャフト

アネックス フレキシブルシャフト
ANEX フレキシブルシャフト
柔軟性のあるシャフトにより、インパクトドライバーが入らないコーナー部分や狭い箇所での作業に使用します。また300~400mmほどの長さがあるため、高い場所や手の届かない場所の締め付け作業にも活躍します。 既設の現場の「こんなところどうやって緩めるねん!」(写真募集中です#俺のビルディ)を解決します。あまり頻度はありませんが、ひとつは工具箱の中に入れておくと重宝するアタッチメントだと思います。

エクステンションホルダー

エクステンションホルダ
ANEX エクステンションホルダ
長い棒状の先端にインパクトドライバーと同じスライドスリーブがついています。ビットが締め付け箇所に届かないとき、長さを継ぎ足すためにこのエクステンションホルダーをかませて届かせます。 はじめから長い150mmのプラスビットを使うという手もありますが、使用頻度によっては安価な短いビットを、このエクステンションホルダーで使うという方法がおすすめです。

ビスキャッチ

アネックス ビスキャッチ
ANEX ビスキャッチ

ビスキャッチはビット先端でビスを保持します。マグネット式が主流ですが、ステンレスなど非鉄ビスにも使えるタイプもあります。ビスキャッチはプロの方にもよく使われるアタッチメントです。

研磨ディスク・カップブラシ用アダプター

SK11 六角軸アーバー 6.35mm
藤原産業 SK11 六角軸アーバー

ディスクグラインダー用のアクセサリを取り付けることができるアタッチメントです。砥石での研磨作業の場合は、砥石の破損を防ぐためインパクトドライバーの打撃が伝わらないように回転数を落としてゆっくり作業する必要があります。あくまでスポット的なちょっと使い用ですね。

インパクト用アタッチメント番外編

これもアタッチメント?という変わり種をご紹介。上のディスクグラインダー用も当確ラインぎりぎりですが(笑)

インパクトドライバー+丸のこ・サンダー・ドリルドライバー?

あくまでDIY向けですが、こんなワイルドなインパクトドライバーもあります。インパクトドライバーのヘッド自体がアタッチメント式の可変パーツとなっており、これを交換することで丸のこ、サンダー、ドリルドライバーとして使用できます。ちょっとしたご家庭でのDIYであれば面白い機種かもしれません。

ブラック&デッカーマルチツール
ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール ベーシック 18V EVO183B1
(画像引用元:ポップリベット・ファスナー株式会社様HPより)

こちらもおすすめ

インパクトドライバー用の6.35mm六角軸のアタッチメントであれば、こちらのソケットホルダーに取り付けることができます。持ち運び、保管に便利です。

トップ工業 携帯用ソケットホルダー
トップ工業 携帯用ソケットホルダー

以上、インパクトドライバーで使えるアタッチメント各種ご紹介させていただきました。分からないことなどありましたらお気軽にお問合せください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)