かっこいい安全帯なら基陽(KH)の安全帯がオススメ

▼関連記事

↓基陽(KH)の新規格対応フルハーネスの選び方はこちら。

基陽(KH) 新規格対応フルハーネス 選び方

↓フルハーネス義務化について、よくある質問はこちら。

【フルハーネス義務化】よくある質問をまとめてみた (2020年3月更新)

基陽(KH) フルハーネス安全帯の選び方

忍者

えっ、まだフルハーネス型に変えていないの!?

釘袋や腰袋、工具差しでも有名な基陽(KH)のフルハーネス特集ページを覗いてみると、忍者がこんなことをつぶやいて驚いた表情を見せています(笑)

忍者がなぜこんなことを言っているのかというと、2022年1月2日以降、建設業では5m以上の作業時はフルハーネス安全帯の着用が義務付けられることが決まっているからなんですね。(2022年1月1日以降でも5m以下の作業時は胴ベルト型安全帯の着用は可能です。)

ずいぶん先のことのように思えますが、すでに大手ゼネコンの現場などでは胴ベルト型安全帯は禁止されているところもあります。

2022年1月1日まではフルハーネス安全帯の着用義務はありませんが、早めに対策しても損はないでしょう。

↓フルハーネス安全帯 義務化については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ハーネス安全帯フルハーネス安全帯義務化!でも、どうやって選べばいいの?

基陽(KH)のフルハーネス安全帯は大きく分けてX型H型Y型の3種類。一番売れているのはY型です。やはり、腰周りのスペースを重要視されているようですね。

黒ベースの製品が多いので、かっこいい安全帯を探している方に是非見ていただきたいです!

「5m以上の高さで作業しないよ~。」という方は、フルハーネスは飛ばして、胴ベルト型安全帯へどうぞ!

実は海外では主流。動きやすい「X型」

基陽(KH) X型フルハーネス 鳶忍者

15,940円(税込)

海外で主流のX型は安定感抜群。ホールド力に優れており、すべての業種の方におすすめです。

※装着写真はランヤードセットもしくはランヤード使用時のイメージです。

ビルディで見る

重い荷物でも安定感抜群な「H型」

基陽(KH) H型フルハーネス 鳶忍者

15,940円(税込)

X型の改良版として登場したH型。サスペンダー機能や、装着時の着崩れのしにくさに定評があります

※装着写真はランヤードセットもしくはランヤード使用時のイメージです。

ビルディで見る

腰回り広々。職人さんに大人気の「Y型」 【売れ筋】

基陽(KH) Y型フルハーネス 鳶忍者

15,940円(税込)

H型の改良版として登場したY型。腰回りが広く、多くの工具を下げて作業する職人にオススメです。

※装着写真はランヤードセットもしくはランヤード使用時のイメージです。

ビルディで見る

基陽(KH) Y型じゃばらストレッチハーネス 鳶忍者

22,572円(税込)

人気のY型ハーネスをさらにパワーアップさせた、じゃばらストレッチハーネス。

「ハーネスの着用は窮屈」というユーザー様の声を元に開発されました。

腿ベルトにKH独自のストレッチ素材を使っているので、しゃがんだり屈んでもつっぱりません!

ビルディで見る

基陽(KH) フルハーネス安全帯用ランヤード(命綱) の選び方

ハーネスを選んだら、ランヤード(命綱)を選びましょう。ランヤードを選ぶときは次の2点を確認してください。

1.ランヤードの数:2本 または 1本
2.フックタイプ:一ツ穴環 または ペダルフック または 小フック

ランヤードの数は2本または1本と選ぶことができますが、安全性の面から2本(2丁掛け)でないと入れない現場も増えていますので、2本タイプがよく売れています。

また、フックタイプは3種類ありますが、フルハーネス安全帯に取り付ける場合はペダルフックまたは小フックをお選びください。一ツ穴環は胴ベルト型安全帯用です。小フックは取り外しが容易で脱着が楽なのですが、安全性の面から使用を禁止する現場もあります。片手で取り外すことができない安全なペダルフックをオススメします。

基陽(KH) 2丁掛け+ペダルフック ハーネス用ランヤード
基陽(KH) 2丁掛け+ペダルフック ハーネス用ランヤード

20,234円(税込)

じゃばら駕王ランヤードは通常800mmですが、伸長時には1500mmになる優れものです。コンパクトに収納できるので邪魔になりません。

ビルディで見る

基陽(KH) 2丁掛け+小フック ハーネス用ランヤード
基陽(KH) 2丁掛け+小フック ハーネス用ランヤード

21,721円(税込)

片手で脱着できるので使いやすいのですが、安全管理が厳しい現場では使用を禁じているところもあります。ペダルフックを選んでおいた方が無難だと思います。

ビルディで見る

基陽(KH) 胴ベルト型安全帯の選び方

5m以上では作業しないんだよなぁ
ハーネス型は邪魔くさいんだよなぁ。ギリギリまで胴ベルト型安全帯を使いたい。

こう思われている方も多いと思います!

基陽(KH)の安全帯は胴ベルト型もこだわってますよ~。大きく分けて「じゃばら駕王安全帯」、「じゃばら安全帯」、「アリールロック安全帯」の3種類あるんですが、売れ筋は、なんといっても「じゃばら駕王安全帯」です。通常時800mmから1500mmと、倍近く伸びるんです!普段はコンパクトに縮こまってるいるので邪魔になりません。

どのタイプもベルトのバックル部分は「ワンタッチ」と「スライド」と2種類ありますが、リーズナブルなスライドが売れ筋になっています。

じゃばら駕王安全帯 【売れ筋】

駕王の剣フック:事故の多くはフックを外すときに起こります。2丁掛けで無胴綱状態を作り出さないことも大事ですが、基陽(KH)は「従来のフック構造に問題があるのではないか」と考えました。足場単管の径は48.6mm、指の厚みも考慮すると60mm以上は開口部を確保したい。そうして生まれたのが駕王の剣フックです。

45%以上の伸縮を実現:従来の「じゃばら」が通常時1000mm/伸長時1500mmなのに対して、「じゃばら駕王」は通常時800mm/伸長時1500mmとなっています。さらにコンパクトになり、作業性がアップしました。

35%以上の軽量化を実現:ロープ式とリール式の二択しか無かった現場では、リスク覚悟で安価で軽量なロープ式を使うか、高価ではあるがリスクの少ないリール式を使うしかありませんでした。じゃばら式はロープ式の軽さ+リール式の安全性という、良いとこ取りの製品といえます。

基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばら駕王
基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばら駕王

17,617円(税込)

ビルディで見る

基陽(KH) エアー式サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばら駕王
基陽(KH) エアー式サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばら駕王

18,443円(税込)

ビルディで見る

基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばら駕王 HGKLH
基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばら駕王 HGKLH

19,830円(税込)

ビルディで見る

基陽(KH) エアー式サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばら駕王 HGKLKC
基陽(KH) エアー式サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばら駕王 HGKLKC

20,657円(税込)

ビルディで見る

じゃばら安全帯

伸縮自在の「じゃばら」:「じゃばら」は通常1000mmですが、伸長時には1500mmの優れものです。コンパクトに収納することができ、邪魔になりません。

自在環シリーズ:自在環は一般的に2種類あります。同一方向に回転する「スイベル式」と、関節があってさらに自由度が高い「ユニバーサル式」です。基陽(KH)の自在環は全品「ユニバーサル式」となっており絡みにくく、使いやすい製品に仕上がってます

「ワンタッチ」簡易着脱式胴ベルト:「作業の簡便さを追求した簡易着脱式の胴ベルトです。装着金具を押し込みながら両側のボタンを同時に押すと外れる安心の「Wロック方式」を採用。既存の製品での「片効き」を防ぐ独自機構で更に安心です。スライドバックルに比べて高いのがデメリットです。

基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばらランヤード HJAWKK
基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばらランヤード HJAWKK

11,847円(税込)

ビルディで見る

基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばらランヤード HJAWKK
基陽(KH) エアー式サポーターベルト付安全帯 スライドバックル じゃばらランヤード HWSRY

12,198円(税込)

ビルディで見る

基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばらランヤード HJAWKLK
基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばらランヤード HJAWKLK

13,463円(税込)

ビルディで見る

基陽(KH) エアー式サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばらランヤード 龍牙 HWSLRY
基陽(KH) エアー式サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル じゃばらランヤード 龍牙 HWSLRY

13,875円(税込)

ビルディで見る

アリールロック安全帯

フリー&ロック機能:常に作業時の最短の長さになる「フリー機能」と、使用したい長さに固定できる「ロック機能」の2種類の使い方がスイッチひとつで選べます。「フリー機能」は落下距離が最短になるので安全性は高いのですが、常に巻取器方向へ力がかかるので動きづらいという声もあります。

インターロック機能:シートベルトのように、急に力がかかるとロックがかかります。落下時のショックを最小限に抑えます。

ネジロック剤:巻取器裏面の4隅ネジには、「ネジロック」という固定剤が注入されています。過酷な使用でもネジの緩みが発生しません。

基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 スライドバックル アリールロック HJA01K
基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 スライドバックル アリールロック HJA01K

12,198円(税込)

ビルディで見る

基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル アリールロック HJA01LK
基陽(KH) サポーターベルト付安全帯 ワンタッチバックル アリールロック HJA01LK

16,601円(税込)

ビルディで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)