【日本上陸】ミルウォーキー電動工具について詳しく解説。マキタ・HiKOKI充電工具との違いは?

ミルウォーキー日本上陸!

2021年4月、工具メーカーのミルウォーキーツールが、ついに日本に上陸しました。これまで国内では入手することが難しく、店頭などで見る機会もなかったため、ミルウォーキーの名前を聞いたことが無かったという方も多いと思いますが、実は世界トップクラスの工具メーカーになります。

日本人的には新しいメーカーということで、やはり気になるのはその工具の性能ですよね。特に、マキタやHiKOKIといった国内大手メーカーと比べてどうなのかという点は特に気になるポイントだと思います。

そこで、今回のビルディマガジンでは、ミルウォーキーの充電工具の特徴やバッテリーのプラットフォームについて詳しく見ていきます。ミルウォーキーを検討している方必見ですよ。

ミルウォーキーとは?

ミルウォーキー

創業は1924年

ミルウォーキーの歴史
ミルウォーキーの歴史(ミルウォーキーカタログより)

ミルウォーキーは1924年に創業したアメリカのメーカーです。創業当時は電動ドリルなどの製造・修理が中心でしたが、世界初のレシプロソーの開発やグラインダー・ポータブルバンドソーなどの開発製造で、知名度を高めていきました。

2005年からリチウムイオンバッテリー充電工具を投入

ミルウォーキーがリチウムイオンバッテリー充電工具に参入したのは2005年からです。この時は28Vのリチウムイオンバッテリーを採用していました。ちなみに、マキタやHiKOKI(旧 日立工機)も同時期にリチウムイオンバッテリー充電工具に参入しています。

2008年からは、より小型・高性能化を追求したM18シリーズ(18Vリチウムイオン)と、軽量・コンパクトさを追求したM12シリーズ(12Vリチウムイオン)を投入。この二つが様々な改良を受けつつ、メインのバッテリープラットフォームとして現在に至っています。ちなみに、2008年のM18バッテリーシステムと2018年のM18バッテリーシステムを比較した場合、出力と性能は7倍にアップしているとのことです。

2020年からは、従来のM18・M12シリーズに加えて、パワーカッターやはつりハンマー、コアドリルといった大型建設工具のコードレス化を目標としたMXシリーズを投入しています。

ミルウォーキーの充電工具の特徴

電圧=パワーではない?

ミルウォーキーの充電工具の最大の特徴は、電圧を上げずに高い性能を実現しているという点です。一般的な充電工具では、電圧=パワーとされています。そのため、より高性能な充電工具を開発するとなると、必然的にバッテリーの電圧もアップしていく傾向にあります。一方ミルウォーキーでは、12VバッテリーのM12シリーズでも、他メーカーの14.4V充電工具はもちろん、一部の18V充電工具にも匹敵する性能を実現しています。

インパクトレンチ比較
メーカーミルウォーキーマキタ
品番M12 FIWF12M12 FIWF12TW161DTW161DTW284DTW284DTW300DTW300D
最大締付
トルク
339N.m155N.m255N.m300N.m
差込角12.7sq
ヘッド長124.5mm155mm147mm144mm
電圧12V10.8V14.4V18V
重量1.4kg (6.0Ah)1.2kg (4.0Ah)1.6kg (6.0Ah)1.8kg (6.0Ah)
フルセット
価格
¥56,650¥29,736¥46,308¥49,036
本体のみ
価格
¥29,700
※ケース付き
¥15,108¥17,464¥18,365

実際にインパクトレンチのスペックを比較してみた表がこちらになります。18VのマキタTW300Dを超えるトルクに加えて、ヘッドの長さも非常にコンパクトになっています。

流石に、重量では10.8VのマキタTW161Dより重くなっていますが、性能を考えるとかなり軽量であると言えるでしょう。

一方で、価格に関しては、他機種と比較して高くなっています。18VのTW300Dよりスペックの面で優れているとは言え、ちょっと迷ってしまいますね。

次は、ミルウォーキーの高性能さの秘密を見ていきましょう。

高性能の秘密その1 高性能バッテリー

ミルウォーキーバッテリープラットフォーム

ミルウォーキーのバッテリーは、独自の加熱制御システムや温度調整セルフレームにより、過負荷時の長時間使用にも耐えられる設計になっています。また、バッテリーセルの個別収納、衝撃吸収構造の採用、防水バリアーの採用などにより、バッテリーそのものの耐久性も高くなっています。

これらの設計により、氷点下20°の過酷な環境下でも高いパフォーマンスを発揮します。

また、防水保護等級こそ取得していないものの、耐水・撥水保護設計、基盤の撥水仕様Nanoコーティング、水排出設計など、防水対策にも注力した設計になっています。

更に、18Vのハイアウトプットバッテリーは、バッテリー内部のセルそのものもより高性能で大型のタイプを採用するなど、より高出力を発揮できる設計です。

高性能の秘密その2 専用設計ブラシレスモーター

専用設計ブラシレスモーター
専用設計ブラシレスモーター(ミルウォーキーカタログより)

ミルウォーキーのブラシレスモーターは、市販品を使用するのではなく、各工具に合わせた自社製造の専用設計モーターを使用しています。それぞれの工具の特性やサイズなどに応じて最適なモーターを用意できるため、高性能化につながっています。

また、モーター内部の構造も、一般的なブラシレスモーターと比較してより高負荷に耐えることができ、高出力化につながる太い銅線を採用するなど、コストを掛けた設計になっています。

高性能の秘密その3 レッドリンクプラスインテリジェンス

レッドリンクプラスインテリジェンス
レッドリンクプラスインテリジェンス(ミルウォーキーカタログより)

バッテリーとモーターがどれだけ高性能なものであったとしても、この二つをうまく連携させることができないと、すぐに過負荷で止まってしまう、モーターが焼き付くまで酷使してしまう、モーターの性能を十分に引き出すことが出来ないといった問題が発生してしまいます。

ミルウォーキーの充電工具には、モーターの動作状態やバッテリー内部の温度・給電状況を常にモニターし、過負荷時にも作業能力を低下させることなく最高のパフォーマンスを発揮させることができる制御システムが搭載されています。また、充電時にも充電状態をモニターすることにより、バッテリーの長寿命化を実現しています。これが特許技術のレッドリンクプラスインテリジェンスです。

こういった制御システムの基板も、大型のヒートシンクや一般的に使用されるものより太い配線を採用するなど、耐久性・信頼性を高める構造になっています。

高性能の秘密まとめ

ここまで見てきたように、ミルウォーキーの充電工具は、高性能なバッテリーとモーターに加えて、それらを最適にコントロールする制御システムにより、12VのM12シリーズ機種では14.4~18V機種相当、18VのM18シリーズ機種では36~40V機種以上、といった電圧を超えた性能を実現しています。

先程のインパクトレンチでの比較でも触れましたが、こういった性能の追求が価格に反映されているとも言えそうですね。

M12(12V)バッテリープラットフォームとラインナップ一覧

M12(12V)バッテリープラットフォーム

ここからは、電圧ごとのバッテリープラットフォームと、ラインナップを見ていきましょう。まずはM12シリーズです。

M12シリーズは、12Vリチウムイオンバッテリーを採用している充電工具シリーズです。このシリーズはパワーやスピードを損なうことなく、携帯性の向上を追求したシリーズになっています。多彩なラインナップがあり、手工具のコードレス化にも注力しています。

12Vながら、他メーカーの14.4V機や一部の18V機に匹敵するパワーを持った機種もラインナップされている点がポイントです。

M12シリーズでは、バッテリー本体に残量確認表示はなく、工具本体側に備わっています。

マキタやHiKOKIでは、最近発売された10.8V機種のバッテリー取付方式はスライド式となっていますが、ミルウォーキーでは差込式となっています。

M12シリーズのバッテリーと充電器一覧

M12バッテリと充電器
バッテリ充電器別の充電時間
M12/M18用M12/M18用M12用
品番容量重さM12-18SC JP
M12-18SC JP

【高速充電器】
¥21,450
M12-18FC JP
M12-18FC JP

【通常充電器】
¥8,800
C12C JP
C12C JP

【専用充電器】
¥6,050
M12 B2 JP
M12 B2 JP

¥3,300
2.0Ah179g28分28分40分
M12 B3 JP
M12 B3 JP

¥5,500
3.0Ah189g67分67分70分
M12 B4 JP
M12 B4 JP

¥7,590
4.0Ah406g60分60分80分
M12 B6 JP
M12 B6 JP

¥10,450
6.0Ah427g103分103分130分

※重量は2021年11月時点でのビルディ実測値です。

MEMO

M12-18SC JPは急速充電器、M12-18FC JPは通常充電器ですが、M12シリーズのバッテリーを充電する際には充電時間は同じになります。

M18シリーズは持っていないし、購入予定もないということであれば、通常充電機のM12-18FC JPで問題ありません。

ちなみに、マキタやHiKOKIの同クラスの10.8Vバッテリーと比較すると、ミルウォーキーの方が安く入手することができます。

4.0Ahバッテリー比較
メーカーミルウォーキーマキタHiKOKI
品番M12 B4 JPM12 B4 JPBL1040BBL1040BBSL1240MBSL1240M
電圧・容量12V/4.0Ah10.8V/4.0Ah10.8V/4.0Ah
価格¥7,590¥9,554¥8,048

M12シリーズの機種一覧

2022年1月現在で31機種がラインナップされています。

M12シリーズの機種一覧

M12シリーズの特徴的な機種

ミルウォーキーのM12シリーズは、他のメーカーでは18Vや14.4Vまでしかラインナップされていない機種が多い点が特徴です。一般的に14.4V未満ではパワー不足で使えないとされているような機種が、12VのM12シリーズにラインナップされているという点は、ミルウォーキーのM12シリーズの高性能さを表していると言えそうです。

また、ラチェットレンチはエア式が一般的、パイプカッターは手工具が一般的ですが、こういった工具をコードレス化して投入している点もポイントです。

ラチェットレンチ

ミルウォーキー 12V 充電式ハイスピードラチェットレンチ (本体のみ) M12 FHIR38-0 JP
ミルウォーキー 12V 充電式ハイスピードラチェットレンチ (本体のみ) M12 FHIR38-0 JP
販売価格:¥30,800 (税込)
最大締付トルク47N.m
回転数450min-1
角ドライブ9.5sq
全長272mm
重量1.0kg
機能ブラシレスモーター・LEDライト付き
最大回転数450回転のハイスピードラチェット

無段変速トリガー、トリガーロックなどの機能により、作業性を向上。LEDライト搭載で、暗い現場での作業にも対応。

6.35sq仕様 M12 FHIR14-0 JP

低速・高トルク仕様 M12 FIR38-0 JP

パイプカッター

ミルウォーキー 12V 充電式PVCカッター (本体のみ・ケースなし) C12 PPC-0 JP
ミルウォーキー 12V 充電式PVCカッター (本体のみ・ケースなし) C12 PPC-0 JP
販売価格:¥18,700 (税込)
最大切断能力50mm
重量1.9kg
機能LEDライト付き
最大50mmのPVCパイプを3秒以内で切断

切断を完全に制御可能にする無段変速トリガー搭載。暗い現場での作業を可能にするLEDライト装備。※VU管(薄肉塩ビ管)には使用できませんのでご注意ください。

ドレンクリーナー

ミルウォーキー 12V 充電式 加圧式配管清掃機(本体のみ) M12 DCAG-0C0 APJ
ミルウォーキー 12V 充電式 加圧式配管清掃機(本体のみ) M12 DCAG-0C0 APJ
販売価格:¥55,000 (税込)
重量3.2kg
機能LEDライト付き
圧縮空気によって配管の詰まりを除去

最大345kPaのエアー圧で詰まりを強力に除去できる。シンク、便器、床の配管に最適なアクセサリー類が付属。アクセサリーを交換することによって25mmから100mmまでの配管に対応。圧力調整弁機能付きで、配管の種類や厚さに応じた最適なエアー圧に調整可能。1充電で約25回使用できる。


ミルウォーキー 12V 充電式配管清掃機(本体のみ) M12 BDC6-0C0 APJ
ミルウォーキー 12V 充電式配管清掃機(本体のみ) M12 BDC6-0C0 APJ
販売価格:¥27,500 (税込)
回転数0~500min-1
重量4.2kg
機能LEDライト付き
軽量・コンパクトなコードレス式配管清掃機

一台で床置き、手持ち作業両方に最適なデザイン。50ミリまでの配管に対応した7.6mの直径6ミリケーブルを装備。

チェンソー

ミルウォーキー 12V 充電式 小型チェーンソー (本体のみ) M12 FHS-0X0 JP
ミルウォーキー 12V 充電式 小型チェーンソー (本体のみ) M12 FHS-0X0 JP
販売価格:¥38,500 (税込)
ガイドバー長152mm
ガイドバースプロケットノーズバー
チェーン形状90PX028E
チェーン速度5m/s
重量2.3kg
機能ブラシレスモーター
重量2.3kgのコンパクトチェンソー

12V充電式で、重量2.3kgの軽量・コンパクトボディながら、ガイドバー長さ152mmを実現。チェーンカバーは本体に収納できる。

リベッター

ミルウォーキー 12V 充電式リベッター (本体のみ) M12 BPRT-0C JP
ミルウォーキー 12V 充電式リベッター (本体のみ) M12 BPRT-0C JP
販売価格:¥37,400 (税込)
適合リベット
先端サイズ
2.4/3.2/4.0/4.8mm
最大引き力9000N
ストローク長20.3mm
対応リベット材質アルミ・銅・鉄・ステンレス
重量2.1kg
機能ライト付き
手工具の2倍の作業スピードを実現

1回の充電(1.5Ahバッテリー)で4.8mmステンレス鋼を最大250本、3.2mmステンレス鋼では最大450本リベッティング可能。軽量コンパクト設計で作業負担を軽減

ハンダゴテ

ミルウォーキー 12V コードレスハンダゴテ (本体のみ・ケースなし) M12 SI-0 APJ
ミルウォーキー 12V コードレスハンダゴテ (本体のみ・ケースなし) M12 SI-0 APJ
販売価格:¥10,120 (税込)
加熱時間20~30秒
重量0.5kg
機能ライト付き
30秒未満で使用が可能な充電式ハンダゴテ

ヘッドの角度を3段階(0°/45°/90°)で固定でき、複数方向での作業に対応。2色のLEDライトで加熱中、使用可能などの情報を通知。はんだ付け用途向けに視認性を高める高品質LEDライトを搭載。

バンドソー

ミルウォーキー 12V 充電式 64mm コンパクトバンドソー (本体のみ) M12 FBS64-0C0 JP
ミルウォーキー 12V 充電式 64mm コンパクトバンドソー (本体のみ) M12 FBS64-0C0 JP
販売価格:¥49,500 (税込)
最大切断能力64mm
周速2.9m/s
重量2.9kg
機能ブラシレスモーター・ライト付き
最大切断能力64mm

2.9kgの軽量ボディながら、64mmの最大切断能力を発揮。小型・軽量で、頭上での切断作業にも最適

M18(18V)バッテリープラットフォームとラインナップ一覧

M18(18V)バッテリープラットフォーム

M18シリーズは、18Vリチウムイオンバッテリーを採用している充電工具シリーズです。このシリーズはパフォーマンスを追求したシリーズになっています。電圧は18Vですが、18Vの先のパワーを提供することを目標としています。実際に、18Vながら、他メーカーの36V~40V機を超えるパワーを持った機種も多数ラインナップされています。

また、ミルウォーキーのバッテリープラットフォームの中では、最大のプラットフォームとなっています。(※世界の場合。日本でのラインナップ数は2021年11月現在でM12シリーズのほうが多くなっています。今後M18シリーズも拡充されていくと思われます。)

M18シリーズでは、バッテリー本体に残量確認表示が備わっています。

バッテリーの取り付け方法は、他の充電工具メーカーの18Vプラットフォームと同様に、スライド式となっています。

M18シリーズのバッテリーと充電器一覧

M18シリーズのバッテリーには、通常のバッテリーの他に、高出力・高耐久仕様のパワーブーストバッテリーがラインナップされています。

通常バッテリー、パワーブーストバッテリーはどちらもすべてのM18機種に使用可能です。

通常バッテリーとパワーブーストバッテリー
種類通常バッテリーパワーブーストバッテリー
品番通常バッテリーパワーブーストバッテリー
容量5.0Ahまで12.0Ahまで
耐寒性能マイナス20℃マイナス28℃
最大出力
(通常バッテリーを100%とした場合)
100%150%
連続使用時間
(通常バッテリーを100%とした場合)
100%140%
用途通常機種用高出力機種用
バッテリーラインナップ
  • M18 B2 JP (2.0Ah)
  • M18 B5 JP (5.0Ah)
  • M18 HB3 JP (3.0Ah)
  • M18 HB8 JP (8.0Ah)
  • M18 HB12 JP (12.0Ah)

パワーブーストバッテリーは8Ahや12Ahといった大容量対応に加えて、マイナス28℃まで使用可能(通常のバッテリーはマイナス20℃まで)など、より高性能なバッテリーになっています。

M18バッテリと充電器
バッテリ充電器別の充電時間
M12/M18用M12/M18用M18用
品番容量重さM12-18SC JP
M12-18SC JP

【高速充電器】
¥21,450
M12-18FC JP
M12-18FC JP

【通常充電器】
¥8,800
M18 DFC JP
M18 DFC JP

【2個口充電器】
¥18,700
M18 B2 JP
M18 B2 JP

¥6,050
2.0Ah426g26分26分26分
M18 B5 JP
M18 B5 JP

¥10,120
5.0Ah724g59分59分59分
M18 HB3 JP
M18 HB3 JP

【パワーブースト】
¥7,700
3.0Ah595g35分35分35分
M18 HB8 JP
M18 HB8 JP

【パワーブースト】
¥17,600
8.0Ah1084g45分83分83分
M18 HB12 JP
M18 HB12 JP

【パワーブースト】
¥25,300
12.0Ah1544g60分130分130分

※重量は2021年11月時点でのビルディ実測値です。

MEMO

5Ahまでのバッテリーでは、どの充電器を使用しても充電時間は同一になります。5Ah以下のバッテリーしか持っていないし、今後8Ah以上のバッテリーを買う予定もないということであれば、通常充電機のM12-18FC JPや、二口充電器のM18 DFC JPで問題ありません。

8Ah以上のバッテリーを使用するのであれば、急速充電器のM12-18SC JPがおすすめです。

マキタやHiKOKIの同クラスの18Vバッテリーと比較すると、ミルウォーキーの方が安く入手することができます。

18V3.0Ahバッテリー比較
メーカーミルウォーキーマキタHiKOKI
品番M18 HB3 JPM18 HB3 JPBL1830BBL1830BBSL1830CBSL1830C
電圧・容量18V/3.0Ah18V/3.0Ah18V/3.0Ah
価格¥7,700¥13,230¥12,441

こちらでも詳しく比較していますが、ミルウォーキーのM18シリーズは他メーカーの36~40Vクラスに相当します。換算して比較しても、ミルウォーキーの方が安いと言えますね。

18V8.0Ahバッテリー比較
メーカーミルウォーキーマキタHiKOKI
品番M18 HB8 JPM18 HB8 JPBL4040BL4040BSL36B18BSL36B18
電圧・容量18V/8.0Ah36V/4.0Ah
(換算18V/8.0Ah)
36V/4.0Ah
(換算18V/8.0Ah)
価格¥17,600¥20,944¥19,096

M18シリーズの機種一覧

2022年1月現在で33機種がラインナップされています。

M18シリーズの機種一覧

M18シリーズの特徴的な機種

インパクトレンチ

M18シリーズには様々な機種がありますが、最も特徴的と言える機種がインパクトレンチです。

充電式インパクトレンチトルク比較
メーカーミルウォーキーマキタHiKOKIボッシュ
品番M18 ONEFHIWF1M18 ONEFHIWF1TW001GTW001GWR36DAWR36DAボッシュ GDS-18V-1050-HCGDS 18V-1050 HC
最大締付
トルク
2,033N.m1,350N.m1,100N.m1,050N.m
最大緩め
トルク
2,400Nm2,050N.m1,800N.m前後?1,700N.m前後?
差込角25.4sq19.0sq19.0sq19.0sq
ヘッド長277mm217mm221mm
電圧18V40V36V18V
重量5.9kg (8.0Ah)3.8kg (2.5Ah)3.7kg (2.5Ah)3.9kg (8.0Ah)
フルセット
価格
¥121,000¥63,290¥63,426※未発売機種
本体のみ
価格
¥77,000
※ケース付き
¥33,264¥31,554※未発売機種

上の表が、主要な充電工具メーカーで最も締め付けトルクが高い機種になります。他メーカーの18V機種はもちろん、36~40V機種すらも圧倒しています。

もっとも、重量やサイズ、価格も圧倒的です・・・。このM18 ONEFHIWF1のライバルは充電式インパクトレンチではなく、同じ1インチアンビルを持つエアーインパクトレンチと言っていいでしょう。

ちなみに、M18 ONEFHIWF1の2クラス下にM18 FHIWF12という機種がありますが、こちらで他メーカーのフラッグシップインパクトレンチと同等の性能の機種になります。

▼関連記事

こちらの記事では、各メーカーのインパクトレンチをトルク別のランキング型式でご紹介しています。 インパクトレンチ電動インパクトレンチのトルクランキング【2022年版】
エア式とのトルク比較
メーカーミルウォーキーベッセル空研トネ
品番M18 ONEFHIWF1M18 ONEFHIWF1GT55RGT55RKW-4500PKW-4500PAIS8330SAIS8330S
最大締付
トルク
2,033N.m2,450N.m2,450N.m2,100N.m
最大緩め
トルク
2,400Nm
差込角25.4sq25.4sq25.4sq25.4sq
ヘッド長277mm610mm270mm328mm
動力18V充電式常圧エア常圧エア常圧エア
重量5.9kg (8.0Ah)17.0kg10.3kg6.0kg
価格¥121,000¥141,680¥167,841¥91,341

エアー式の場合は、本体の他にコンプレッサーやホースなどを揃える必要があります。1から一式すべて揃えるとなると、それらも別途購入する必要が出てくるため価格は倍以上になります。エア式と比較すると、M18 ONEFHIWF1はむしろリーズナブルですね。エアー式からの乗り換えにもおすすめです。

ケーブルカッター

ミルウォーキー 18V 充電式ワイヤレス油圧カッター (本体のみ) M18 HCC75R-0C JP
ミルウォーキー 18V 充電式ワイヤレス油圧カッター (本体のみ) M18 HCC75R-0C JP
販売価格:¥341,000 (税込)
最大圧着力77.8kN
ヘッド回転340°
重量7.9kg
機能ブラシレスモーター
最大750mm2の銅を切断可能

Bluetooth接続をにより、ワイヤレスで遠隔操作が可能。


ミルウォーキー 18V 充電式油圧カッター (本体のみ) M18 HCC45-0C JP
ミルウォーキー 18V 充電式油圧カッター (本体のみ) M18 HCC45-0C JP
販売価格:¥253,000 (税込)
最大圧着力77.8kN
ヘッド回転340°
重量6.0kg
機能ブラシレスモーター
最大45mm(1590 Falcon)ACSR、および12.7mm(1/2″”)EHSガイワイヤーを切断可能

ハンズフリーで簡単にミッドスパン切断が可能


ミルウォーキー 18V 充電式油圧カッター (本体のみ) M18 HCC-0C JP
ミルウォーキー 18V 充電式油圧カッター (本体のみ) M18 HCC-0C JP
販売価格:¥126,500 (税込)
最大圧着力53kN
ヘッド回転350°
重量3.7kg
機能ブラシレスモーター
最大35mmの銅ケーブルとアルミニウムケーブルを切断可能

狭いスペースでの作業を簡易化する350°回転可能なヘッドを備えたコンパクト設計。3秒以内でケーブル切断が可能。

ハンマードリル

ミルウォーキー 45mm 18V 充電式ハンマードリル SDS-max (本体のみ) M18 FHM-0C0 JP
ミルウォーキー 45mm 18V 充電式ハンマードリル SDS-max (本体のみ) M18 FHM-0C0 JP
販売価格:¥97,900 (税込)
ビット取付軸SDS-Max
穴あけ能力45mm
打撃エネルギー11J
回転数0~380min-1
打撃数0~2,900bpm-1
重量10.2kg
機能ブラシレスモーター
コンクリート最大穴開け能力45mm

18V充電式ながら、コンクリートへの最大穴あけ能力45mmを発揮。ツールの整備が必要になるとサービスライトインジケーターが点灯して通知。

インパクトドライバー

ミルウォーキー 18V 充電式インパクトドライバー M18 FID2
ミルウォーキー 18V 充電式インパクトドライバー M18 FID2
販売価格:¥49,940 (税込)
最大トルク226N.m
回転数0~3,600min-1
最大ボルト径M16
ヘッド長123mm
打撃力切替4段階
重量1.7kg
機能ブラシレスモーター
最大トルク226N.m

インパクトドライバー最大クラスのトルク226N.mを発揮。

サイレントインパクトドライバー

ミルウォーキー 18V 充電式サイレントインパクトドライバー M18 FQID
ミルウォーキー 18V 充電式サイレントインパクトドライバー M18 FQID
販売価格:¥57,640 (税込)
最大トルク50N.m
回転数0~3,000min-1
最大ボルト径M14
ヘッド長135mm
打撃力切替4段階
重量1.7kg
機能ブラシレスモーター
最大トルク50N.m

サイレントインパクトドライバーながら、50N.mの締め付けトルクを発揮。標準的なインパクトドライバーよりも50%低い騒音を実現(※ミルウォーキー社調べ)。

MXシリーズバッテリープラットフォームとラインナップ一覧

MXシリーズバッテリープラットフォーム

MXシリーズは、エンジン・油圧・空圧で動作する大型建設工具の再定義を目標にしたシリーズになっています。ガソリンや電源ユニット、エアホースといった制約を取り払うことで、現場での作業性を向上するとともに、環境への負荷軽減も実現します。

MXシリーズのバッテリーと充電器一覧

MXバッテリと充電器
バッテリ充電器別の充電時間
MX用
品番容量重さMXF C JP
MXF C JP

¥21,450
MXF CP203 JP
MXF CP203 JP

¥50,600
3.0Ah2.69kg55分
MXF XC406 JP
MXF XC406 JP

¥79,200
6.0Ah4.82kg90分

※重量は2021年11月時点でのビルディ実測値です。

MXバッテリー重量
バッテリーもヘビー級です

大型建設工具の再定義を目標としているMXシリーズだけに、そのバッテリーもかなり巨大なものになっています。3.0AhのMXF CP203 JPでも2.69kgとかなりの重量級ですが、6.0AhのMXF XC406 JPになると4.82kgというヘビー級バッテリーになっています。バッテリーの重さだけで一般的な充電工具よりも重いですね・・・。

BL1860Bとの比較
マキタBL1860Bとの比較

こちらは、多くの充電工具ユーザーがよく目にするマキタの18V6.0Ahバッテリーと比較した写真になります。その大きさがよくわかっていただけるかと思います・・。

MXシリーズの機種一覧

2022年1月現在で3機種がラインナップされています。

ミルウォーキー MX コードレスハンマー 六角軸 (本体のみ) MXF DH2528H-0G0 JP

ミルウォーキー MX コードレスハンマー 六角軸 (本体のみ) MXF DH2528H-0G0 JP
販売価格:¥374,000 (税込)
打撃エネルギー64J
打撃数1,300min-1
軸タイプ28mm六角軸
振動三軸合成値4.9m/s2
重量29.6kg
エンジンを凌駕するパフォーマンス

充電式ながら、ほぼ全てのAC電源式機種の打撃エネルギーを超えるハイパワー機種です。振動三軸合成値も4.9m/s2とトップクラスの優秀な数値になっています。

ビルディで見る

メーカーサイト

ミルウォーキー 152mm MX 充電式コアドリル Aロッド (本体のみ) MXF DCD150-0C0 JP

ミルウォーキー 152mm MX 充電式コアドリル Aロッド (本体のみ) MXF DCD150-0C0 JP
販売価格:¥165,000 (税込)
最大穿孔径152mm
ネジ規格Aロッド
穿孔方式湿式
重量10.3kg (3.0Ah)
12.4kg (6.0Ah)
唯一のコードレス式コアドリル

コアドリル唯一のコードレス機種です。最大穿孔径も152mmと十分な数値になっています。別売でコアドリル用のスタンドMXF DR255TV EUもラインナップされています。

ビルディで見る

メーカーサイト

ミルウォーキー 350mm MX 充電式パワーカッター (本体のみ) MXF COS350-0G0 JP

ミルウォーキー 350mm MX 充電式パワーカッター (本体のみ) MXF COS350-0G0 JP
販売価格:¥132,000 (税込)
刃外径350mm
最大切込深さ125mm
回転数5370min-1
重量16.7kg (6.0Ah)
切り込み深さ125mmをコードレスで実現

充電式ながら、ほぼ全てのAC電源式機種を超えるハイパワー機種です。別売で給水タンク付きカートMXF COSC EMEAもラインナップされています。

ビルディで見る

メーカーサイト

お得なスタートキットもあります

ミルウォーキー工具を初めて導入する際にお得な、スタートキットもラインナップされています。

バッテリー+充電器

【ビルディ在庫限り】 ミルウォーキー 12V 3.0Ah スタートキット M12 NRG-302 JP

ミルウォーキー 12V 3.0Ah スタートキット M12 NRG-302 JP
販売価格:¥11,000 (税込)
バッテリーM12 B3 JP(12V/3.0Ah)×2
充電器C12C JP ×1

12V3.0Ahバッテリー+12V充電器のセット

ビルディで見る


ミルウォーキー 12V 3.0Ah FCスタートキット M12-18 NRG-302 JP

ミルウォーキー 12V 3.0Ah FCスタートキット M12-18 NRG-302 JP
販売価格:¥16,830 (税込)
バッテリーM12 B3 JP(12V/3.0Ah)×2
充電器M12-18FC JP ×1

12V3.0Ahバッテリー+12V-18V充電器のセット

ビルディで見る

メーカーサイト


【ビルディ在庫限り】 ミルウォーキー 12V 4.0Ah&6.0Ah スタートキット M12 NRG-642 JP

ミルウォーキー 12V 4.0Ah&6.0Ah スタートキット M12 NRG-642 JP
販売価格:¥16,500 (税込)
バッテリーM12 B4 JP(12V/4.0Ah)×1
M12 B6 JP(12V/6.0Ah)×1
充電器C12C JP ×1

12V4.0Ahバッテリー+12V6.0Ahバッテリー+12V充電器のセット

ビルディで見る


ミルウォーキー 18V HO3.0Ah&5.0Ahスタートキット M18 HNRG-532 JP

ミルウォーキー 18V HO3.0Ah&5.0Ahスタートキット M18 HNRG-532 JP
販売価格:¥22,627 (税込)
バッテリーM18 HB3 JP(18V/3.0Ahパワーブースト)×1
M18 B5 JP(18V/5.0Ah)×1
充電器M12-18FC JP ×1

18V3.0Ahパワーブーストバッテリー+18V5.0Ahバッテリー+12V-18V充電器のセット

ビルディで見る

メーカーサイト


【ビルディ在庫限り】 ミルウォーキー 18V-5.0Ah スタートキット M18 NRG-502 JP

ミルウォーキー 18V-5.0Ah スタートキット M18 NRG-502 JP
販売価格:¥20,240 (税込)
バッテリーM18 B5 JP(18V/5.0Ah)×2
充電器M12-18FC JP ×1

18V5.0Ahバッテリー+12V-18V充電器のセット

ビルディで見る


【ビルディ在庫限り】 ミルウォーキー 18V HO12.0Ah スタートキット M18 NRG-122 JP

ミルウォーキー 18V HO12.0Ah スタートキット M18 NRG-122 JP
販売価格:¥50,600 (税込)
バッテリーM18 HB12 JP(18V/12.0Ahパワーブースト)×2
充電器M12-18SC JP ×1

18V12.0Ahパワーブーストバッテリー+12V-18V急速充電器のセット

ビルディで見る


ミルウォーキー 18V HO12.0Ah スタートキット M18 HNRG-123 JP

ミルウォーキー 18V HO12.0Ah スタートキット M18 HNRG-123 JP
販売価格:¥82,748 (税込)
バッテリーM18 HB12 JP(18V/12.0Ahパワーブースト)×3
充電器M12-18SC JP ×1

18V12.0Ahパワーブーストバッテリー+12V-18V急速充電器のセット

ビルディで見る

メーカーサイト

バッテリー+充電器+工具本体

ミルウォーキー 18V FSZ HO12.0AH 解体キット M18 FPP2AU-122 JP

ミルウォーキー 18V FSZ HO12.0AH 解体キット M18 FPP2AU-122 JP
販売価格:¥143,055 (税込)
レシプロソーM18 FSZ-0X0 JP ×2
バッテリーM18 HB12 JP(18V/12.0Ahパワーブースト) ×2
充電器M12-18SC JP ×2

18V12.0Ahパワーブーストバッテリー+12V-18V急速充電器+18Vレシプロソーのセット

おわりに

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。【日本上陸】ミルウォーキー電動工具について詳しく解説。マキタ・HiKOKI充電工具との違いは?、いかがでしたでしょうか。現場で使っていたら話題になること間違いなしのミルウォーキー充電工具、ぜひ検討してみてください。

今回の記事が、皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)