安全帯とは? 安全帯の種類から主なメーカー、選び方まで徹底解説

▼関連記事

↓新規格対応フルハーネスの選び方はこちら。 新規格対応フルハーネス安全帯(墜落制止用器具)の選び方 ↓フルハーネス義務化について、よくある質問はこちら。 【フルハーネス義務化】よくある質問をまとめてみた (2020年3月更新) ↓補助金について、詳しくはこちら。 新規格フルハーネス安全帯 補助金の申請方法や書類一覧 (2020年6月更新)

そもそも、安全帯って何?

フルハーネス型安全帯

胴ベルト型安全帯

安全帯とは、高いところで作業を行う際に作業者を墜落から防止する保護具です。安全帯は大きく分けて「フルハーネス型安全帯」と「胴ベルト型」があります。

それぞれの特長は後ほど説明するとして、まずは共通する構成部品の「胴ベルト」と「ランヤード」について見ていきましょう。

胴ベルトとは

スライドバックル

スライドバックル式胴ベルト

ワンタッチバックル

ワンタッチバックル式胴ベルト

フルハーネス型安全帯を使用する場合は、胴ベルトは必須ではありませんが腰道具を取り付ける時は必要になります。

一方で胴ベルト型安全帯においてはランヤード(命綱)を接続する重要部になります。(フルハーネス型安全帯の場合は、背中部分にランヤードを接続するD環があります。)

胴ベルトは「スライドバックル」と「ワンタッチバックル」の2つに分けることができ、それぞれ以下の特徴があります。

スライドバックルワンタッチバックル
メリットリーズナブル着脱がカンタン
デメリット着脱が面倒値段が高い

【オプション品】胴当てベルト (サポーターベルト)

タジマ SEG安全帯胴当てベルト 剛厚GAXWシリーズ

胴ベルトと組み合わせると、腰辺りが柔らかく、また安全帯の重量を広い面積で受けるため、腰がラクになります。

※胴ベルトの幅によっては使用ができない場合があります。ご購入の際は事前にご確認ください。

ビルディで見る


ランヤード(胴綱)とは

ランヤードの種類

ランヤードとはハーネスまたは胴ベルトに取り付けられる命綱のことです。ランヤードはロープ式・ストラップ式・巻取式の3つに大きく分けることができます。

巻取式の中でも、シートベルトのように急激な力がかかるとロックがかかる「ロック式」が最も安全性が高いと言われています。

安全帯の最も大事な部分になりますので使用前には点検を行い、損傷があればすぐに交換するようにしましょう。

また、損傷が見当たらない場合も使用開始から約2年を目安に交換することが推奨されています。

3つ打ち、8つ打ちロープとは

3つ打ち、8つ打ちロープの違い

ロープ式の中でもストランドを3本撚ったのものを「3つ打ちロープ」、8本撚ったのものを「8つ打ちロープ」と呼びます。

3つ打ち8つ打ち
メリット滑りにくく強度がある柔らかく扱いやすい
デメリットキンクが起こりやすい太くなって縮む傾向が強く、
それに伴う強度低下が比較的大きい

ストランド、ヤーンとは

ロープの構造

ストランドはヤーン(単糸)が撚られたもので、ヤーンはファイバー(原糸)が撚られたものです。太いロープも解いていくと細い原糸の集まりだということがわかります。

キンクとは

キンクの生じる過程

キンクとはロープが「くの字型」に変形してしまう現象をいいます。

図の1~3ではロープがひねられて緩みが生じていますが、この状態からロープが引っ張られると図4のようにキンクが生じます。キンクを起こしたロープは強度が著しく低下します。

ショックアブソーバーとは

ショックアブソーバーの仕組み

墜落発生時には、予め織り込んだカラミ糸が順次ブチブチブチと切断されることにより衝撃を大幅に低減します。

※ショックアブソーバーの第一種と第二種についてはこちらをご覧ください

2丁掛けとは

フックの掛け替え作業が多い現場ではランヤードが構造物に掛かっていない状態(無胴綱状態)を無くすため、2本のランヤードを備えたダブルランヤード式安全帯の使用が推奨されています。

ダブルランヤード式安全帯を使用することにより、交互にランヤードを掛け替えることにでき、常に構造物とランヤードが連結され、墜落の危険性を回避することができます。

※ダブルランヤードでないと現場に入れないということもあるので事前に確認しておきましょう。

スマート安全帯ソリューション

藤井電工(ツヨロン)と富士通九州システムズが共同開発した「イプロンII」は2丁掛けを監視する、最新の安全管理システムです。

↓詳しくはこちらの記事で解説しています

スマート安全帯ソリューション/イプロンII で墜落事故を無くせ!

安全帯の点検について

一度でも衝撃がかかったものは廃棄して、新しいものを使用しましょう。また、衝撃がかかっていなくても使用しているうちに劣化しますので、なるべく使用前には点検するようにしましょう。

安全帯の取替え基準 (点検表)

下のリンク先から藤井電工が配布しているチェックリストをご確認頂けます。

ハーネス型安全帯のベルト・金具等取換基準

一般高所作業用安全帯の織ロープ/ロープ取換基準

柱上安全帯のロープ取換基準

安全帯の使用期限・耐用年数

安全帯の使用期限は法令では定められていませんが、安全帯メーカーでつくる「安全帯研究会」の指導では下記のようになっています。

  • ロープ、ランヤード、ストラップ:使用開始より2年
  • ベルト/その他:使用開始より3年

※未使用でも製造から7年以上経過したものは使用不可

よくある質問

「胴ベルト型の安全帯は一切使用できなくなるの?」

「高所作業車での作業時は囲い、手すりがあるので胴ベルト型で大丈夫?」などなど

↓よくある質問をこちらのページにまとめています。

【フルハーネス義務化】よくある質問をまとめてみた (2020年3月更新)

フルハーネス型安全帯

フルハーネス型安全帯の構成

2019年2月1日、フルハーネス型安全帯が義務化となりました。(6.75m以下(建設業では5m)では引き続き、胴ベルト型が使用可能です。)

フルハーネス型安全帯はハーネスベルト、ランヤード、胴ベルトで構成されています。

(※胴ベルトの使用は必須ではありません。)

腿ベルトの種類(V字/水平)

ハーネス安全帯のベルトタイプは「腿ベルトV字型」と「腿ベルト水平型」に分けられます。

束縛感の少ない「水平型」が人気ですが、宙吊りになってしまったときにベルトがずり上がって体を圧迫するリスクがあります。

一方、骨盤を包み込むような構造の「V字型」は水平型に比べて安全性が高く、今後は主流になっていくのではないかと言われています。


ツヨロン レヴォハーネス ツインノビロン ワンタッチバックル【新規格】
ツヨロン レヴォハーネス ツインノビロン ワンタッチバックル (第1種)【新規格】 TH-508-2NV93SV-OT-2R23
¥20,849~ (税込)

腿ベルトV字型

あらゆる高所作業を支える、安全性と装着性に優れたフラッグシップモデル。

表と裏の色が異なり、ベルトのねじれが判断しやすいため装着がスムーズ。

ビルディで見る

タジマ SEG スチール製ハーネス(パススルー) 蛇腹ダブルランヤード(第1種)付 【新規格】
タジマ SEG スチール製ハーネス(パススルー) 蛇腹ダブルランヤード(第1種)付 【新規格】
¥18,007 (税込)

腿ベルト水平型

あらゆる高所作業を支える、安全性と装着性に優れたフラッグシップモデル。

表と裏の色が異なり、ベルトのねじれが判断しやすいため装着がスムーズ。

ビルディで見る


ランヤードの種類

巻取り式(リール式)

シートベルトのようにベルトが急に引っ張られるとロックがかかる「ロック機能」付の巻取器は落下距離は短くしてくれるので、最も安全性が高いと言われています。

巻取り式でないと入れない現場もありますので事前に確認しておきましょう。

また、ランヤード(命綱)を巻取器に収納でき、腰回りがすっきりするので腰道具を多くつける職人さんにはオススメです。

ロープ式

昔ながらのロープ式の安全帯です。

価格はリーズナブルですが、余ったランヤード部分が垂れ下がってしまうので作業性は悪いです。

また、巻取器式と違って、墜落時にはランヤードの長さ分は必ず落下するので安全性も劣ります。

ダブルランヤード

1本だけのランヤードだと掛け替えをする際に安全帯が繋がれていない状態(無胴綱状態)が生まれてしまいます。ダブルランヤード安全帯を用いれば無胴綱状態を無くすことができます。

大手ゼネコンなどの現場だと基本的にはダブルランヤード安全帯が義務付けられています。


墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン

2018年6月22日、厚生労働省は「墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン」が公表されました。ポイントは次の3点です。

  1. 名称が「安全帯」から「墜落制止用器具」に変わる
  2. 「フルハーネス型」の着用が義務付けられる
  3. 「安全衛生特別教育」を受けなければならない

↓墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドラインについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

要点は3つだけ!「墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン」(2020年2月更新)

その他の安全帯

胴ベルト型安全帯

胴ベルト型安全帯の構成

胴ベルト型安全帯は胴ベルトとランヤードで構成されています。

日本で最も普及しているタイプですが、墜落時に内蔵を損傷したり、角度によってはすり抜けの恐れがあることから2019年2月1日からフルハーネス型安全帯の着用が義務化となりました。

ただし、2019年2月1日以降も6.75m以下(建設業では5m)であれば胴ベルト型の使用は可能です。

柱上安全帯

U字つりの説明

柱上安全帯は電柱に上って作業を行う際に用いられます。ランヤードを電柱に回して取付け、身体をあずけることで両手が使えるようになります。

使用中のランヤードの形がアルファベットのUに似ていることから、U字つりと呼ばれています。

専用のランヤードが用いられますので、高所作業用の墜落を抑止するためのランヤードで代用することはできません。

「U字つり」と「1本つり」の違い

  • U字つり:ランヤードを構造物に回して、フックを胴ベルトに掛けます。ランヤードには常時体重がかかっている状態となるので、摩耗による強度低下を見込んで、1本つり用のランヤードよりも高い強度が規格で定まっています。
  • 1本つり:構造物と作業者がランヤード1本でつながっている状態。1本つり用のランヤードをU字つりに使用すると、摩耗によって強度が規格を下回る恐れがあるため、U字つりでの使用は禁止されています。

2019年2月1日以降は「墜落制止用器具」として認められない

柱上安全帯には墜落を制止する機能がないことから、2019年2月1日以降は「墜落制止用器具」として認められません。

下記のような柱上ハーネス用ベルトを使用し、「1本つり」と「U字つり」を併用する必要があります。

ただし、経過措置により2019年8月1日以前に製造された柱上安全帯であって、旧規格に適合しているものについては、2022年1月1日までの間、要求性能墜落製紙用器具とみなされますので、高さにかかわらず使用可能です。

ツヨロン レヴォハーネス (柱上作業用) (柱上作業ベルト別売・着脱可) 【新規格】
ツヨロン レヴォハーネス (柱上作業用) (柱上作業ベルト別売・着脱可) 【新規格】 TH-564-OT-BKR
¥15,039~ (税込)

墜落制止+ワークポジショニングで柱上作業をより安全に。より快適に。

送電・配電・通信等の柱上作業に。

ビルディで見る

傾斜面用・林業用

法面保護工事・土木工事など、足場の不安定な急斜面で使用する安全器具です。

身体を保持するメインロープと墜落防止のライフラインをベルトに接続して、使用します。

今回の法改正によりライフラインをハーネスに接続しなければならないということになっていますが、対応する新規格のフルハーネスはまだ発売されていません。それまでは旧規格のフルハーネスもしくは胴ベルト型安全帯を使用するしかなさそうです。

大きいサイズの安全帯(150kg対応)

150kg対応ランヤード

安全帯の規格は「85kgの落体(トルソーまたは砂のう)をランヤード最大使用長さ分、自由落下させた試験において、落体を保持し、かつ衝撃荷重が8.0kN以下」と定められています。

そのため、通常のランヤードは装備を含めて85kgまでの作業者を想定して作られています。85kg以上となる場合は150kg対応のランヤードを使用するようにしましょう。

ちなみに衝撃荷重が8kN以上となると、一命はとりとめても骨折や内蔵を損傷するなど重大な障害が残ってしまう恐れがあります。

女性用安全帯

通常の安全帯のベルト長さより短い、女性用の安全帯です。適切なベルト長さで、ベルト余りを減らして安全・快適に作業できます。

↓女性用安全帯についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

女性用のかわいいフルハーネス型安全帯・胴ベルト型安全帯 7選

レスキュー/消防活動用ハーネス

レスキュー活動用ハーネス

被災者連結用D環を備えた、救助活動時に用いられるハーネス。

ウインチ・ヘリコプターなどで被災者を吊上げる際に用いいるベルトや燃えにくい素材でできた胴ベルト型の安全帯なども販売されています。

墜落防止装置

墜落防止装置

建設工事現場などで梯子による昇降時、安全帯のフックを掛けるところがない場合や親綱を設置出来ない場合に使用します。

万が一、作業者が足を踏み外したときに作業者の墜落を防ぐことができます。

フルハーネス型安全帯義務化について

従来の胴ベルト型安全帯は墜落時の衝撃による内臓の損傷、角度によってはすり抜けの危険性がありました。

国際的にはフルハーネス型安全帯が標準となっていることから、2019年2月1日安全衛生法が改正・施行され、6.75m以上(建設業では5m)で作業する場合はフルハーネス型安全帯の着用が義務付けられることとなりました。

↓フルハーネス型安全帯義務化については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ハーネス安全帯フルハーネス安全帯義務化!でも、どうやって選べばいいの?

安全帯の主なメーカー・問い合わせ先

藤井電工(ツヨロン)

ツヨロン ロゴ

「安全帯といえば藤井電工」というほど、日本で圧倒的なシェア(6割)を占めている安全帯メーカー。

「安全は愛」をモットーに高品質な製品を生み出しています。

藤井電工(ツヨロン) 問い合わせ先

問い合わせフォームもありますが、お急ぎの際は近くの営業所に電話で問い合わせるのが良さそうです。

東京支社〒103-0004
東京都中央区東日本橋1-7-2 長坂ビル
TEL:03-5821-2241
仙台営業所〒983-0842
仙台市宮城野区五輪2-9-5 五輪ビル
TEL:022-256-7001
名古屋営業所〒460-0008
名古屋市中区栄1-29-19 ヤスイビル
TEL:052-211-7781
大阪営業所〒530-0041
大阪市北区天神橋1-8-13 林ボタンビル
TEL:06-6882-3355
福岡営業所〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2丁目8番27号
博多駅東パネスビル1F
TEL:092-413-6110

藤井電工(ツヨロン) 墜落制止用器具 の選び方

【もう迷わない】藤井電工(ツヨロン)新規格ハーネス(墜落制止用器具) の選び方

タイタン(サンコー)

タイタン ロゴ

藤井電工(ツヨロン)に次ぐ、シェア(3割)を占めているのがタイタン

ファッションデザイナーを起用した「PANGAEA」やニオわない安全帯「KESEL」など、クリエイティブな製品で人気があります。

タイタン(サンコー) 問い合わせ先

本社・本社工場〒532-0033
大阪府大阪市淀川区新高1丁目14番7号
TEL:06-6394-3541
東京支店〒160-0004
東京都新宿区四谷4丁目25番5号3階
TEL:03-3352-5404
北海道営業所〒003-0813
北海道札幌市白石区菊水上町三条3丁目52番18-2
TEL:011-832-0145
東北営業所〒980-0012
宮城県仙台市青葉区錦町1丁目1番8号
TEL:022-797-9860
名古屋営業所〒456-0056
愛知県名古屋市熱田区三番町22番15号
TEL:052-653-5770
九州営業所〒814-0164
福岡県福岡市早良区賀茂4丁目6番28号
TEL:092-873-0392

タイタン(サンコー) 墜落制止用器具 の選び方

タイタン(サンコー) 新規格対応安全帯(墜落制止用器具) 全ラインナップ

タジマ

タジマ ロゴ

ハンドツールやレーザー墨出器で有名なメーカー、タジマ。実は安全帯の評判も良いんです。

デザインがかっこいいだけでなく、装着感が良く、工具ホルダーや腰袋の種類が豊富であるところが人気の秘密です。

タジマ 問い合わせ先

問い合わせフォームからはファイルも添付できるので写真などを送りたい時は便利です。お急ぎの際はフリーダイヤルをご利用ください。

フリーダイヤルTEL:0120-125577
(受付時間) 平日9:00~17:00 (12:00~13:00/ 祝日・当社指定休日を除く)
携帯電話、PHS からでもご利用が可能です。

タジマ 墜落制止用器具 の選び方

タジマ 新規格対応フルハーネス型安全帯 選び方のポイント

基陽(KH)

基陽 ロゴ

釘袋や腰袋、工具差しで有名な基陽

ロープ式と比べて45%以上も伸縮する「じゃばら駕王」というランヤードが人気です。

基陽 お問い合わせ先

問い合わせフォームも用意されています。

株式会社 基陽〒673-0434 兵庫県三木市別所町小林477-10
TEL:0794-82-2304

基陽 墜落制止用器具 の選び方

基陽(KH) 新規格対応フルハーネス 選び方

タニザワ

タニザワ ロゴ

今ではヘルメットのイメージの方が強いかもしれませんが、なんと1950年に日本で初めて安全帯の製造を開始したのはタニザワなんです。

」というフルハーネス型安全帯が人気です。

タニザワ 問い合わせ先

札幌営業所〒063-0850
札幌市西区八軒10条西12-2-19
TEL:011-643-2791
苫小牧出張所〒053-0853
苫小牧市花園町3-3-1
TEL:0144-76-0091
北東北営業所〒020-0121
盛岡市月が丘1丁目27-45
エンジェルビルIII 2階
TEL:019-907-5086
仙台営業所〒984-0002
仙台市若林区卸町東2-8-27
TEL:022-284-5533
郡山出張所〒963-0201
郡山市大槻町字西ノ宮西7-2
TEL:024-951-1669
北関東営業所〒330-0801
さいたま市大宮区土手町1-62-1
ワコーレ大宮ビルII 4F
TEL:048-657-9230
千葉営業所〒260-0027
千葉市中央区新田町9-5 ミヨシビル1F
TEL:043-244-4646
東京第一営業所 〒104-0041
中央区新富2-8-1 キンシビル
TEL:03-3552-5381
東京第二営業所〒104-0041
中央区新富2-8-1 キンシビル
TEL:03-3552-5390
東京第三営業所〒104-0041
中央区新富2-8-1 キンシビル
TEL:03-3552-5387
横浜営業所〒221-0063
横浜市神奈川区立町6-1 ANNI横浜EAST 3F
TEL:045-278-4181
名古屋営業所〒461-0004
名古屋市東区葵3-7-16 千種ウエスト4F
TEL:052-856-1830
大阪営業所〒532-0004
大阪市淀川区西宮原1-4-2 ナリコマHD新大阪
TEL:06-6396-9070
神戸出張所〒650-0017
神戸市中央区楠町6-2-6
ハーバースカイビルディング3F
TEL:078-371-0797
倉敷出張所〒712-8027
倉敷市水島北瑞穂町2-24 岡部ビル
TEL:086-448-2100
広島営業所〒733-0834
広島市西区草津新町1-17-21
TEL:082-277-2100
四国出張所〒760-0080
高松市木太町3区2063番地1
TEL:087-834-4567
福岡営業所〒812-0068
福岡市東区社領2-23-20
TEL:092-611-1471
九州出張所〒802-0802
北九州市小倉南区城野3-1-33 マインド21
TEL:093-932-2636

タニザワ 安全帯 の選び方

安全帯の元祖!谷沢製作所(タニザワ)の歴史とおすすめ安全帯

ポリマーギヤ

ポリマーギヤは、1988年に巻取式安全帯を開発・発売した国内初のメーカーです。

Amazonでは2丁掛けの巻取器付ランヤードが1万円を切るなど、コストパフォーマンスが高いことで人気があります。

ポリマーギヤ 問い合わせ先

東京営業所〒108-0074
東京都港区高輪2-15-31 高輪グランドパームス 201
TEL:03-3441-2131
名古屋営業所〒452-0005
愛知県清須市西枇杷島町恵比須20-1 丸中ビル 203
TEL:052-506-8426
大阪営業所〒533-0033
大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目20-19 新大阪ヒカリビル 706
TEL:06-6815-9811

マーベル

マーベル ロゴ

圧着工具、ケーブルカッター、腰袋、ビスなど電工さんにはお馴染みのマーベル

腰痛持ちの方にオススメな「幅広安全帯用ベルト」や「柱上安全帯用ベルト」が売れ筋です。

マーベル 問い合わせ先

東京統括営業グループ〒105-0013
東京都港区浜松町1-2-5
TEL:03-34317251
横浜事務所〒224-0023
横浜市都筑区東山田4-28-21
TEL:045-592-8102
三条支店〒955-0065
新潟県三条市旭町2-2-24
TEL:0256-35-6666
名古屋支店〒 460-0017
名古屋市中区松原2-22-3
TEL:052-331-0370
浜松営業所〒435-0054
静岡県浜松市中区早出町229-6
TEL:053-464-2426
関西統括営業グループ〒578-0965
東大阪市本庄西2-6-28
TEL:06-6746-2512
神戸事務所〒651-2146
神戸市西区宮下1-13-12
TEL:078-570-6255
高松事務所〒761-8013
高松市香西東町519-7
TEL:087-832-9588
西日本統括営業グループ〒812-0006
福岡市博多区上牟田1-8-17
TEL:092-289-1600
広島事務所〒739-1731
広島市安佐北区落合2-44-23 1階A号室
TEL:082-843-0911

ご購入・お見積りはこちら

製品の選定について

ケン・島津

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。いかがでしたでしょうか。皆さまのお役に立てば幸いです。製品の選定についてご質問などございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。ピッタリの安全帯をご案内させて頂きます。

大口割引について

またビルディでは大口割引もございますので、こちらからお気軽にお見積りをご依頼ください。

リナ

ケン・島津

FAXでのご依頼も受け付けています。こちらから見積依頼書を印刷してご使用ください。
【参考サイト】

」, 藤井電工株式会社 (2018年10月9日閲覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)