シャーの特長・選び方

シャー

この記事は初心者の方向けです。

1.特長

  • シャーリングカットという切断を行う電動工具です。アルミや鉄の板金加工において素早く金属切断が行えます。
  • 高速で板金切断ができるので、定尺板(原板)の大まかな切断や、所定の幅・長さの切板(スケッチ材)に切り出したりするカット加工に利用されます。
  • シャーリングカットを行うと、材料の反りや捻じれが発生します。また、切断面においてはバリやダレも発生します。これらの点を踏まえたうえでの作業が必要になります。
シャーリングカットとは
二つの刃の間に材料(板材)を挟むことによって切断を行うせん断加工です。原理はハサミと同じです。火花が出ないため安全に作業が行えます。切断方法の特性上、厚めの材料の切断には不向きです。

2.種類

AC電源式(単相100V)

充電式(10.8V/14.4V/18V)

シャー充電式

出典:ボッシュ

参考 18Vビルディで商品を見てみる

シャー

はさみと同じ原理で切断を行う一般的なシャーです。せん断による切断なので、切断くずは基本的に発生しません。

ストレートシャー

通常のシャーと同じくせん断で切断を行いますが、三つの刃(シャーブレード×1・サイドブレード×2)で切り抜くタイプとなっています。切断くずは発生しますが、バリが出にくく精度が高い切断が可能です。

3.主なメーカー

マキタ

マキタシャー

ボッシュ

ボッシュシャー

日立

日立シャー

4.選び方

  • 切断する材料の最大厚み(mm)、材質を確認してください。
【参考サイト】

」,日立工機株式会社(2017年12月01日閲覧)

」,株式会社マキタ(2017年12月01日閲覧)

」,精密板金wiz(2017年11月22日閲覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)