【法改正後も5m高までOK】藤井電工の胴ベルト型安全帯の選び方を徹底解説(2018年5月更新)

↓安全帯の種類や構造については、こちらの記事で詳しく解説しています。

安全帯とは? 安全帯の種類から主なメーカー、選び方まで徹底解説

法律改正で安全帯はいったいどうなるの?

6.75m以上の高さ(建設業は5m)ではフルハーネス安全帯義務化

皆さんが現場で使っている安全帯。この安全帯に関して、2019年2月から法改正が施行されます。※1

この改正案、一言で言うと「2019年2月1日以降は6.75m以上の高さ(建設業は5m)で作業する場合、必ずハーネス安全帯を着用しなさい。」ということです。

6.75m以下では胴ベルト型の着用も可能

6.75m(建設業は5m)以下の場合は、これまで通り胴ベルト型の安全帯着用が認められる見込みです。

猶予期間が設けられており、6.75m(建設業は5m)であれば現行規格品でも22年1月1日までは着用可能ですが、22年1月2日以降は現行規格品の着用は認められません。新規格に則った製品が19年2月1日以降販売される予定となっています。

どのように規格が改定されるのか、現在のところはまだ分からない状況です。分かり次第、こちらの記事でお知らせしますね!

さて、この記事では安全帯シェアNo.1の藤井電工(ツヨロン)製の胴ベルト型安全帯の選び方をまとめてみました。胴ベルト型安全帯の選定の際にお役立てください。

↓ハーネス安全帯の選び方はこちらをご参考にしてください。

ハーネス安全帯
フルハーネス安全帯義務化!でも、どうやって選べばいいの?

※1 2018年3月2日に厚労省が労働安全衛生法(安衛法)の施行令と規則などを改正するための政省令と告示の改正案を公表。2018年4月に改正令などを公布し、2019年2月から施行されることになっています。

なぜ6.75m以下の作業では胴ベルト型安全帯でOKなの?

ここで浮かんでくる疑問がひとつあります。「なぜフルハーネスが義務化されるのに6.75m以下では胴ベルトの着用が認められるのか」という点です。

気になったので安全帯シェアNo.1のツヨロンさんに伺ってみました。

ツヨロンさん

フルハーネスと胴ベルトで落下する距離を比較すると、胴ベルトのほうが落下距離は短いからです。

落下距離の秘密はランヤードの取り付ける位置。フルハーネスは背中の上部にランヤードを取り付け、胴ベルトは腰にランヤードを取り付けますよね。万が一、落下した場合はその差(図の赤色の部分)だけハーネス型は落下する距離が大きくなってしまうんです。

そのため、十分な高さ(6.75m)がない場合、フルハーネス型を使用すると地面にぶつかってしまう恐れがあるんですね。

藤井電工 胴ベルト型安全帯の種類

藤井電工(ツヨロン)の胴ベルト型安全帯は大きく分けて「ストラップ巻取式」、「ストラップ式/ロープ式」、「ツインランヤード式」の3種類です。それぞれの特長を見ていきましょう。

ストラップ巻取式

巻取り式

胴ベルトに巻取器を搭載したモデルです。使わない時はランヤードを収納できるので腰回りがすっきりします。

このタイプの選び方はこちらから。

ストラップ式/ロープ式

ストラップ式・ロープ式

胴ベルトにランヤード(命綱)を取り付けた、一番シンプルなタイプになります。巻取器を搭載しないので軽く、リーズナブルです。

このタイプの選び方はこちらから。

ツインランヤード式

ツインランヤード式

高所作業の新しいスタンダード。ランヤード(命綱)×2本により、フック掛け替え時の無胴綱状態をなくして墜落災害をシャットアウトします。

このタイプの選び方はこちらから。

ストラップ巻取式安全帯 の選び方

ストラップ巻取り式安全帯を選ぶ際は「巻取器タイプ」、「バックルタイプ」、「バックルとフックの素材」の3点をご確認ください。

1.巻取器タイプを選ぶ

One-hand RiTRA (ワン・ハンドリトラ)

ワンハンドリトラ画像

ワンハンド機構によりストラップ(織ロープ)の繰出しから収納まで片手で操作できる業界初の巻取り式安全帯です。操作は簡単で、従来のようにレバーやボタンで操作する必要がなく、ストラップを少し引き出すだけで自動的に巻き取ることができます。

2way Ritra (2wayリトラ)

2wayritra画像

切り替えレバーの操作により、ストラップ長さを任意に選択する使い方と、ストラップ長さが移動に応じて常に最短になる使い方ができます。

RiTRA (リトラ)

リトラ画像

最も普及している単機能巻取器。巻取器の構造をシンプルにするためフルリリースストップ機構を採用しています。

SW RiTRA (スウィングリトラ)

スウィングリトラ

吊り下げタイプの巻取器で、ベルト周りがスッキリ。大型の工具袋も取り付け可能です。巻取り器が着脱式ですから必要のない場合には、取り外せます。

SR RiTRA(SRリトラ)

SRリトラ画像

使用頻度がそんなに高くない安全帯に最適な軽量で簡易タイプの巻取器。短尺ストラップと緩衝機能を持ったリングの採用によりショックアブソーバが必要ないので、工具の携帯場所が広くなります。

2.バックルタイプを選ぶ

スライドバックル

昔ながらのバックルです。ワンタッチバックルに比べると着脱は面倒ですが、価格はリーズナブルです。

ワンタッチバックル

一度ベルトの長さを調節してしまえば、ワンタッチで簡単に着脱が可能です。但し、スライドバックルに比べて価格が高くなっています。

3.バックルとフックの素材を選ぶ

通常はスチールが使用されておりますが、軽量タイプとしてアルミを採用しているものも販売されております。

メリットデメリット
スチール価格が安い重い
アルミ軽い価格が高い

藤井電工 ストラップ巻取式安全帯 一覧表

下表は藤井電工(ツヨロン)ストラップ巻取式安全帯の一覧になります。重量と価格も併記しておりますので、比較の際にご活用ください。

バックルタイプ スライドバックル ワンタッチバックル
スチール アルミ
フックタイプ スチール 軽量 軽量・回転 スチール 軽量





ワン・ハンドリトラ ORN-599
ORN-599

約1,235g
8,831円
ORL-593
ORL-593

約1,135g
8,085円
ORL-593SV
ORL-593SV

約1,225g
10,161円
ORN-OT599
ORN-OT599

約1,365g
8,958円
ORL-OT593
ORL-OT593

約1,300g
9,454円
2wayリトラ TRN-599
TRN-599

約1,200g
7,741円
TRL-593
TRL-593

約1,100g
8,177円
TRL-90ALSV
TRL-90ALSV

約1,210g
13,547円
TRN-OT599
TRN-OT599

約1,330g
9,319円
TRL-OT593
TRL-OT593

約1,230g
8,501円
リトラ RN-590
RN-590

約1,160g
6,472円
RL-593
RL-593

約980g
7,621円
RL-593K
RL-593K

約1,160g
7,621円
RN-OT590
RN-OT590

約1,280g
6,976円
RL-OT593
RL-OT593

約1,160g
8,018円
スウィングリトラ CRN-599
CRN-599

約1,225g
7,103円
CRL-593
CRL-593

約1,140g
8,948円
なし CRN-OT599
CRN-OT599

約1,335g
8,577円
CRL-OT593
CRL-OT593

約1,270g
8,958円
SRリトラ SRN-599
SRN-599

約1,030g
5,010円
SRL-599
SRL-599

約990g
5,540円
なし SRN-OT599
SRN-OT599

約1,180g
6,855円
なし

藤井電工ストラップ巻取式安全帯 品番の見方

巻取器式 品番の見方

1.品番の先頭は巻取器タイプを示しています。

  • OR:ワンハンドリトラ
  • TR:2wayリトラ
  • R:リトラ
  • CR:スウィングリトラ
  • SR:SRリトラ

2.巻取器タイプを示す文字に続いて、素材を示す文字が入ります。

  • N:スチール製
  • L:アルミ製

3.数字の前にはバックルタイプを示す文字が入ります。

  • なし(数字の前には何も記されません):スライドバックル
  • OT:ワンタッチバックル

4.数字の後にはフックにスイベル機構が付いていることを示す文字が入ります。

  • なし(数字の後には何も記されません):スイベル機構なし
  • SV、ALSV、K (素材や部品の違いにより3種類):スイベル機構あり

ストラップ式/ロープ式安全帯 の選び方

使い勝手と安全性を両立し、経済性も兼ね備えたストラップ式/ロープ式の安全帯。

1.安全帯タイプを選ぶ

Gカット

Gカット画像

写真はG-590-BL4

すっきりとした形状ながら、スラップ自体が衝撃荷重を緩和する機能を備えた高性能ランヤード。

一定以上の引張荷重が加わると切断する低伸度糸と高強度な縦糸で構成されており、衝撃荷重が加わった際には低伸度糸がストラップ全長にわたり切断されることにより衝撃を吸収するランヤードを備えています。

ノビロン

ノビロン画像

写真はLSA-NV99-BLK-BL

型崩れによる強度低下のないストラップに伸縮自在な機能を付加した軽量でコンパクトなランヤードを備えています。

Gブレード

LSA-GB99-BLK-BK画像

写真はLSA-GB99-BLK-BK

型崩れによる強度低下のないブレードロープに衝撃荷重を緩和する機能を付加した全く新しいタイプのランヤード。

高強度なナイロン製16ストランドに低伸度なテンションヤーンを4本配置して外被で覆い、衝撃荷重が加わった際に先ずテンションヤーンが切断することによって衝撃荷重を緩和するランヤード。ショックアブソーバ付ランヤードと同様に使用体重(体重+装備品)130kgまでの使用が可能です。

セフライト

セフライト画像

写真はSAF-N5

実績のあるロープ式安全帯の高級タイプ。バックルおよびフックにアルミ合金を採用した軽量型ロープ式安全帯。

黒一番

黒一番画像

写真はLSA-99KLCB16

直径16mmの極太タイプのランヤード、強度UPとキンクの生じにくい八つ打ちロープ採用で扱いやすく、安心感抜群です。また、ランヤード・ベルト・袋を黒で統一した、シックで落ち着いた安全帯。安全性はもちろん、ファッション性にも優れています。

LSA

LSA90Y画像

写真はLSA-90-Y

大口径フック付きのベストセラー。単管パイプにフックが直接掛かり作業能率が向上します。

DIA

DIA-599-Y画像

写真はDIA-599-Y

大口径フック付きで使い易さと安全性を両立したエコノミータイプ。フックを使用しない時に掛けておくフックハンガー付き。

2.バックルタイプを選ぶ

バックルタイプの説明はこちらをご参照ください。

3.バックルとフックの素材を選ぶ

バックルとフックの素材についての説明はこちらをご参照ください。

藤井電工 ストラップ式/ロープ式安全帯 一覧表

バックルタイプ スライドバックル ワンタッチバックル
スチール アルミ
フックタイプ スチール 軽量 軽量・回転 スチール 軽量





Gカット G-590
G-590

約1,030g
4,800円
G-593
G-593

約875g
5,200円
G-593SV
G-593SV

5,960円
G-OT590
G-OT590

約1,160g
6,160円
G-OT593
G-OT593

約1,040g
6,530円
ノビロン LSA-NV99
LSA-NV99

約964g
4,380円
SAF-NV93
SAF-NV93

約862g
5,200円
SAF-NV93SV
SAF-NV93SV

約1,070g
7,150円
LSA-OTGB99
LSA-OTGB99

約1,005g
5,780円
TRL-OT593
TRL-OT593

約935g
6,450円
Gブレード LSA-GB99 SAF-GB93
SAF-GB93

約834g
5,070円
SAF-GB93SV
SAF-GB93SV

約935g
5,830円
LSA-OTGB99
LSA-OTGB99

約1,005g
5,780円
SAF-OTGB93
SAF-OTGB93

約935g
8,018円
セフライト なし SAF-N5
SAF-N5

約750g
4,720円
SAF-N5C
SAF-N5C

約750g
5,140円
SAF-N5-SV
SAF-N5-SV

約945g
4,880円
なし SAF-OT93
SAF-OT93

約925g
4,660円
黒一番 なし なし SAF-93KLCB16
SAF-93KLCB16

約960g
6,530円
なし なし
LSA LSA-90
LSA-90

約900g
4,290円
LSA-99
LSA-99

約850g
3,540円
なし なし LSA-OT90
LSA-OT90

約1,030g
5,070円
なし
DIA DIA-599
DIA-599

約750g
2,480円
DIA-599C
DIA-599C

約750g
2,690円
なし なし なし なし

藤井電工 ストラップ式/ロープ式安全帯 品番の見方

1.品番の先頭に安全帯タイプを示すアルファベットが入ります。

  • SAF:セフライト安全帯
  • LSA:LSA安全帯
  • DIA:DIA安全帯

2.衝撃吸収ランヤード(命綱)を使用している場合は下記アルファベットが入ります。

  • G(品番の先頭):Gカット
  • NV(数字の前):ノビロン
  • GB(数字の前):Gブレード

3.ワンタッチバックルの場合、数字の前にOTが入ります。

※ノビロンやGブレードランヤードを使用しているものはNVやGBの前にOTが入ります。

4.フックにスイベル機構が付いているものは品番の末尾にSVが入ります。

ツインランヤード安全帯

フック掛け替え時の無胴綱状態をなくして、墜落災害をシャットアウトします。選び方は主ランヤードと副ランヤードの組み合わせだけです。

ランヤードについての説明はこちらをご参照ください。

藤井電工ツインランヤード安全帯 一覧表

主ランヤード\副ランヤードノビロンSRリトラロープ式







ワン・ハンドリトラ ORL-2-593-NV
ORL-2-593-NV

約1,640g
11,480円
ORL-2-593-SRBT
ORL-2-593-SRBT

約1,865g
13,410円
ORL-2-593S
2wayリトラTRL-2-593-NV TRL-2-593-SRBT
TRL-2-593-SRBT

約1,860g
13,240円
TRL-2-593S
TRL-2-593S

約1,560g
12,100円
ノビロン SAF-2-NV93-NV
SAF-2-NV93-NV

約1,365g
8,150円
なしなし
ロープ式SAF-2-N5-NV(廃番)SAF-2-N5-SRBT(廃番) SAF-2-N5S
SAF-2-N5S

約1,160g
8,410円

藤井電工ツインランヤード安全帯 品番の見方

1.主ランヤードの種類または安全帯タイプを示すアルファベットが品番の頭に入ります。

  • ORL:ワン・ハンドリトラ
  • TRL:2wayリトラ
  • SAF:セフライト安全帯

2.そのアルファベットの後にランヤードが2本ついていることを示す「2」が入ります。

3.副ランヤードの種類を示すアルファベットが品番の末尾に入ります。

  • NV:ノビロン
  • SRBT:SRリトラ

特殊作業向け 胴ベルト型安全帯

特殊作業向けの安全帯も販売されております。但し受注生産となりまして、ご注文頂いてから1ヶ月~1.5ヶ月お時間を頂きます。ご注文ご希望の際はお問い合わせくださいませ。

短絡抑制型 安全帯 TRNN-590

TRNN-590

販売価格:13,110円

金属部分に樹脂コーティングを施して絶縁性をもたせた安全帯で、電話交換機器周辺等の作業で端子間の短絡防止対策が必要な場所の作業にご使用ください。

使いやすい大径フックで、フック鉤部の先端を樹脂カバーで覆っています。

ビルディで見る

メーカーサイト

難燃性 安全帯 SAF-OT93-HR

SAF-OT93-HR

販売価格:16,740円

溶接作業や高炉等の熱源近くでの作業に最適。

ベルト・縫製糸に耐熱性に優れた素材を採用した難燃タイプ。

ビルディで見る

メーカーサイト

防爆・帯電抑制型 安全帯 BEA-S590

BEA-S590

販売価格:26,200円

石油プラント、アルミ粉塵の中での作業など、引火・爆発のおそれのある場所での作業に最適です。

金属部分にはベリリウム銅・銅合金を、またベルト・ロープには放電を促す繊維を用いておりますので火花の発生・帯電の抑制に有効です。D環・バックルには真ちゅう製、フックはベリリン銅製。ベルト・ロープには放電を促す繊維を用いております。

ビルディで見る

メーカーサイト

酸対策型 安全帯 POA-S93

POA-S93

販売価格:8,740円

酸に触れるおそれのある作業現場に。

繊維部分(ベルト・ロープ)は酸に比較的強いポリエステルを採用。ショックアブソーバ付き。

ビルディで見る

メーカーサイト

防塵性 安全帯 SAF-N5C-PD

SAF-N5C-PD

販売価格:8,030円

石綿(アスベスト)除去作業に最適!

防塵性安全帯はベルトに撥水樹脂コーティング加工、ロープにウレタン被覆加工を施して、埃などを付き難くした防塵タイプの安全帯です。

ビルディで見る

メーカーサイト

藤井電工 胴ベルト型安全帯 別売部品

胴ベルトサポーター

AY-100-HD

AY-100画像

販売価格:2,480円

お手持ちの1本つり専用安全帯と組み合わせると腰辺りが柔らかく、また安全帯の重量を100mm幅の広い面積で受けるため、腰が楽になります。

ビルディで見る

AY-300

AY-300画像

販売価格:3,020円

ベルト押えが全てマジックテープ方式なので、工具袋等を外すことなく、簡単に取り付けることができます。

ビルディで見る

AL-200

AL-200画像

販売価格:1,340円

ワイドな125mm幅で快適作業!通気性の良いメッシュ加工。

ビルディで見る

ABK-400

ABK-400画像

販売価格:4,050円

滑り止め・溝付きで腰部にフィットして、ズレを防止します。

※安全帯幅50mmと60mmに兼用できます。

ビルディで見る

AL-500

AL-500画像

販売価格:2,130円

腰当たりはそのままでスリムな形状に。

※安全帯幅50mm専用です。

ビルディで見る

お問い合わせはこちら

リナ

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。いかがでしたでしょうか。皆さまのお役に立てば幸いです。安全帯の選定・お見積り・ご質問などございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。
【参考サイト】

」, 日本経済新聞

」, 藤井電工株式会社

6 Comments

King-B

この法改正によって規格が変わるため、現在販売されているものは22年1月1日以降は着用することは認められません。
この解釈は正しい?

確かに現状で骨盤ベルトを備えてい無い幾つかのモデルのフルハーネスは、新規格では骨盤ベルトが追加になるので継続使用は無理でしょう。
しかし現行品でも新しい構造規格に適合していれば、販売着用に関しては出来るのでは?

あくまでも、
高所作業で着用する現行構造規格の安全帯の着用と販売を2022年1月から全面的に禁止する。という事ですから、禁じられるのはあくまでも『現行構造規格の安全帯』であると理解しています。

返信する
ふーみん ふーみん

King-Bさま、いつもコメントありがとうございます!
ご指摘頂きました通り、誤解を招く表現になっておりましたので「現在販売されているもの」から「現行規格品」へ修正させていただきました。
またコメントお待ちしております。

返信する
金城智

建設業のガイドラインは5mとなってますが
そこでは、従来の胴型安全帯のみの使用で宜しいのでしょうか?

返信する
ふーみん ふーみん

金城様
コメントありがとうございます!
おっしゃる通りでございます。
建設業では5m未満、それ以外では6.75m未満で引き続き胴ベルト型安全帯の使用が認められます。

※2019年2月1日、安全帯の規格が変わりますので現在販売されている安全帯は2022年1月2日から使用不可となります。

返信する
おぐ

>この改正案、一言で言うと「2022年1月2日以降は6.75m以上の高さ(建設業は5m)で作業する場合、必ずハーネス安全帯を着用しなさい。」ということです。

と記載されてますが、
2019年2月1日以降は5m以上では現行規格のフルハーネスの着用が義務化され、2022年1月2日以降は新規格のフルハーネスの着用が義務化ではないのでしょうか?

個人的には22年1月1日までの猶予期間(準備期間)は現行規格品から新規格品への移行期間だと解釈してます。

返信する
ふーみん ふーみん

おぐ様

コメントありがとうございます!

労働局に確認させて頂きましたところ、ご指摘の通りでございました。
今後このようなことがないよう、十分に注意致します。
記事については早速修正をさせて頂きました。

10月29日に労働局へ確認させて頂いた際、猶予期間中における6.75m以上の高さでの胴ベルト型安全帯は使用不可(=原則フルハーネス着用)との回答を頂きましたが、他のお客様より「内容が誤っている」とのご指摘を受け、改めて確認したところ下記の通りでございました。

猶予期間中 6.75m以上の高さでは
・旧規格の胴ベルト型安全帯:使用可
・新規格の胴ベルト型安全帯:使用不可
・旧規格のフルハーネス安全帯:使用可
・新規格のフルハーネス安全帯:使用可

ご確認のほど、何卒よろしくお願い致します。
この度はご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんでした。

返信する

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)