大工の正やん

職人とは妥協との永遠の戦い

職人一筋 五十年

昭和47年、福井の地で職人への道を志した正やん。
そして職人という仕事に欠かせない道具たち。
なぜその道具なのか?どんな場面で使っているのか?
使い勝手は?約半世紀もの職人道を共に歩んできた、
相棒とも言える正やん愛用の道具たちを、
正やん目線でのコメントと共にご紹介します。

愛用の電動工具

いまは便利な電動工具がたくさんありますよね。
軽くてパワーのあるもの、精度高く材を切れるもの。
今はなんでもコードレスのバッテリー式で
足場の上でも、屋根の上でも
手軽に作業ができますよね。
大昔に比べて使う道具が増えましたが、
いまではこれだけないと仕事ができませんね。

愛用のエア工具

コンプレッサーで空気を圧縮してそれを利用して、
釘を打ったりビスを打ったりできます。
エア工具があるかないかで、
大工仕事は本当に10倍くらい速さが変わってきますね。
エア工具がない時は屋根板を何人も並んで釘をくわえて、
競争するように打っていました。
今は釘打ち機2台で1時間で終わるようになったものですね。

愛用の刻み道具

ほとんど最近では登場の機会が少なくなった刻み道具達。
一昔前は大工小屋に何ヶ月も籠って
家を1から墨をして手刻みした本当の相棒ですね。
時代がプレカットに変わるとともに、
数年に1度、20年以上使っていない道具もザラにある中、
時代の変化をダイレクトに受けた道具になりましたよね。