コーキングガンの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

コーキングガン

この記事は初心者の方にもおすすめです。

コーキングガンってどんな工具?

シーリング作業で使う工具

気密性や防水性などを確保するために、隙間を埋める作業のことをシーリングと言います。一般的な住宅の場合には、外壁の繋ぎ目やお風呂場の浴槽と壁の接する部分などにゴムのような柔らかい素材が使われていると思います。また、壁などのひび割れ補修を業者に依頼した場合などにも、そのひび割れ部分に同じような感触の素材が注入されていることがあります。これが、シーリング作業によって注入されたシーリング材になります。
このシーリング材を注入する道具が、コーキングガンと呼ばれている工具になります。

住宅以外でも、様々な建築現場や配管工事、土木工事などで使用されています。

コーキングガンでの作業イメージ
コーキングガンでの作業イメージ
なぜ、シーリング作業なのに「コーキングガン」って呼ばれているの?

これは、以前は同じ作業にシーリング材と油性コーキング材の二種類が使われていたことに由来しています。今では油性コーキング材はほとんど使われなくなり、油性コーキング材を使っていた作業でもシーリング材が使われるようになっています。ただ、油性コーキング材を使っていた時に定着したコーキングガンという名称がそのまま引き継がれて使われているために、コーキングガンと呼ばれているのです。


また、以前からの職人さんは、今でもシーリング作業のことをコーキング作業と言ったりしますし、メーカーでもコーキング材という名称でシーリング材を扱っていたりするので、なじみのない人にとっては混乱してしまいがちですが、現在では、シーリング=コーキングと捉えてしまって大丈夫です。


ちなみに、日本シーリング材工業会(JSIS)により、今後はシーリングに名称統一するという方針が示されていますので、もしかしたら今後はコーキングガンではなくシーリングガンと呼ぶことが一般的になるのかもしれませんね。

コーキングガンの使い方

一般的なシーリング材は、カートリッジと呼ばれるケース単位で販売されています。このカートリッジをコーキングガンに取り付けて使います。

一般的なカートリッジ式シーリング材
一般的なカートリッジ式シーリング材

手順1

まずは、シーリング材の準備をします。カートリッジ先端部分のノズルは取り外すことができるので、ますはノズルを取り外します。ノズルを取り外すと密封シールが見えるので、それを取り外したノズルの先端部分などの尖ったもので破ります。セメダインなどのゼリー状瞬間接着剤を使うときに、キャップについている突起でシール部分を破ると思いますが、あれと同じです。

手順2

シーリング材が通るようにするために、ノズルの先端部分をカッターナイフなどで切断し、再度カートリッジに取り付けます。この時に、シーリング材を注入したい場所の幅に合わせてノズルをカットすることで、作業効率を上げることができ、綺麗な仕上がりにすることができます。

ノズルの先端をカット

手順3

コーキングガンの中央部を貫通しているロッドを一番後ろまで引き出して、カートリッジを装填します。装填したらレバーを軽く引いてロッドを前進させ、カートリッジを固定します。この時に勢いよくレバーを引きすぎると、シーリング材が吐出してしまうので、注意しましょう。

カートリッジをセット

手順4

ここまで準備ができたら、注入したい場所に先端のノズルを当て、レバーを引きましょう。ロッドがカートリッジの後部を押すことにより先端からシーリング材が吐出されます。ゆっくりとレバーを引きつつ、本体側の方にスライドしながら充填すると綺麗に充填できます。ノズル側に向かって行くように充填すると綺麗に仕上がりません。


手順5

充填が終わったら、ヘラなどで表面を綺麗にならします。コーキング用のヘラを使うことで、よりスムーズに作業をすることができます。シーリング材が余った場合には、栓をして乾燥しないようにして保管しておけば、1ヶ月程度は保存が可能です。


ワンポイントアドバイス
  • 注入したい場所以外にシーリング材が付着することを防ぐために、あらかじめ養生テープなどを張りましょう。
  • シーリング材が手などに付着すると、取るのが大変ですので、ビニール手袋などをして使用しましょう。
  • 浴室などの密室で使用するときには、よく換気をするようにしましょう。

シャープ化学工業さんで、シーリング材の開封方法とコーキングガンへの取り付け手順を分かりやすく解説されていましたので、ここでご紹介させていただきます。


こちらは、JAPAN PCCOXさんが公開しているコーキングガンの使い方動画です。後半の方では、シーリングガンの充填時の動かし方も見ることができます。

建築用シーリング材
工業用シーリング材
コーキングヘラ

種類と選び方

稼働方式で選ぶ

コーキングガンは、手動式電動式空圧式の3つに分けられます。従来は手動式のみでしたが、最近ではマキタやパナソニックなどから電動式のコーキングガンが発売されています。また、マックスからはエアー式のコーキングガンも発売されています。

手動式コーキングガン

手動式コーキングガン

一般的に用いられている、手押し式のコーキングガンです。

参考 手動式コーキングガンビルディで商品を見てみる

電動式コーキングガン

電動式コーキングガン

マキタやパナソニックから発売されている、電動式のコーキングガンです。手動式では、作業中にレバーを何度も引く必要がありますが、電動式ではトリガーを引き続けるだけでいいので、疲れや煩わしさを軽減できます。また、一定の吐出量を維持しながら作業をすることができます。

参考 電動式コーキングガンビルディで商品を見てみる

空圧式コーキングガン

空圧式コーキングガン

マックスから発売されている、エア式のコーキングガンです。電動式と同様にトリガーを引き続けるだけで充填作業が行えます。エア圧力の調整で、吐出量を調節できます。電動式より軽量ですが、エアホースやコンプレッサが必要になります。

参考 空圧式コーキングガンビルディで商品を見てみる

容量で選ぶ

一般的なシーリング材は、330(333)mlのカートリッジに入っているので、コーキングガンもそのサイズに対応している製品が多くなっています。

数は少ないですが、600mlや800mlといった大型のカートリッジに入ったシーリング材もありますので、その場合はそのサイズに対応できるコーキングガンを選んでください。

取付方法で選ぶ

一般的なシーリング材は、330(333)mlのカートリッジに入っているので、コーキングガンもカートリッジに対応している製品が多くなっています。

一部のコーキングガンでは、ソーセージ型のパックに入っているシーリング材にも対応しているものや、缶などに入っているシーリング材を充填して使用できるものがあります。

おすすめのコーキングガン

お待たせしました。それでは、おすすめのコーキングガンをご紹介します。

手動式コーキングガン

電動式も少しずつ増えてきていますが、主流はやはりまだ手動式のコーキングガンになります。電動式と比較してだいぶ安価で入手可能なことも大きなメリットになります。

タジマ コンボイジャスト CNV-JUST

タジマ コンボイジャスト CNV-JUST
販売価格:1,295円(税込)
適合容量330ml
重量605g
機能液だれ防止機構・回転式フレーム
人気ナンバーワンのコーキングガン

液だれ防止機構により、本体や周囲を汚すことなく作業が可能。ハンドルは360回転可能なロータリー式。硬いコーキング材でも滑らかな吐出。

ビルディで見る

メーカーサイト

Bcross(ビクロス) コーキングガン JM-100

Bcross(ビクロス) コーキングガン JM-100
販売価格:459円(税込)(※ 2018/08/20時点)
適合容量330ml
重量
機能
Amazonベストセラー1位のコーキングガン(※2018/08/20時点)

コストパフォーマンスに優れたスタンダードモデルです。

Amazon.co.jpで見る

ピーシーコックス ウルトラフローガン 4560413200030

ピーシーコックス ウルトラフローガン 4560413200030
販売価格:4,395円(税込)
適合容量330ml
重量870g
機能回転式フレーム
ハイパワーを誇るコーキングガン

自動車ガラス用の超高粘度材料を押し出すために開発されたコーキングガン。手の疲れやすい長時間作業、冬場の作業や高粘度材料を使用した施工に最適。

ビルディで見る

メーカーサイト

電動式コーキングガン

電動式コーキングガンのおすすめ機種です。

マキタ 18V 充電式コーキングガン CG180D

マキタ 18V 充電式コーキングガン CG180D
販売価格:16,611円(税込)
適合容量300mlクラス
重量2.3kg
機能液だれ防止機構・回転式フレーム
スピーディな作業感と圧倒的な作業量

電動式なので、硬いシーリング材でもスピーディに施工が可能。ダイヤル変速とトリガ変速で高い作業性を発揮。液だれ防止機能と過負荷保護機能で快適。

先端部のホルダを交換(※要別販売品)することで、ソーセージ型の取り付けや、吸い込み型としても使用可能。

ビルディで見る

メーカーサイト

14.4Vモデル CG140D

10.8Vモデル CG100D

パナソニック 3.6V 充電シーリングガン EZ3610

パナソニック 3.6V 充電シーリングガン EZ3610
販売価格:25,446円(税込)
適合容量~400mlクラス
重量2.15kg
機能液だれ防止機構
ソーセージ・カートリッジ両対応

標準付属品でカートリッジ型とソーセージ型の両方に対応。押出力調整機能とシーリング材残量表示機能で快適作業。液だれ防止機構で現場や本体を汚さない。

※吸込み型としては使用できません。

ビルディで見る

メーカーサイト

空圧式コーキングガン

エア式コーキングガンのおすすめ機種です。

マックス 常圧エアコーキングガン AT-CG50

マックス 常圧エアコーキングガン AT-CG50
販売価格:8,200円(税込)
適合容量330ml
重量535g
機能
軽量エア式コーキングガン

軽量ボディで、片手で手軽に均一な充填作業。

ビルディで見る

メーカーサイト

あると便利なアクセサリー

ここでは、コーキング作業で使える便利なアクセサリーをご紹介します。

藤原産業 SK11 コーキングノズル3PCS SKCS-3 167284

藤原産業 SK11 コーキングノズル3PCS SKCS-3 167284
販売価格:640円(税込)
コーキング充填と仕上げ作業が一度にできる

仕上げならし用のヘラとノズルが一体になっていて、コーキング剤の先端に取り付けることで、コーキング充填と仕上げ作業が一度にできる。異なる3種類の目地幅に対応。

ビルディで見る

メーカーサイト

コニシ シーリング材専用曲がりノズル 05494

コニシ シーリング材専用曲がりノズル 05494
販売価格:229円(税込)
狭い場所での作業に最適

コニシボンド製品シリコン系、変成シリコン系の容量300ml~333mlのカートリッジに取り付け可能。ノズルの先端部分が曲がっているので、通常のノズルでは入らない場所での作業に最適。

ビルディで見る

メーカーサイト

藤原産業 SK11 コーキングノズルストッパー SKCS-5 167307

藤原産業 SK11 コーキングノズルストッパー SKCS-5 167307
販売価格:335円(税込)
コーキング剤の簡易保管に

途中まで使用したコーキング材の簡易保管に最適。

※ 簡易的な保存用キャップのため、完全に乾燥を防ぐものではありません。

ビルディで見る

メーカーサイト

藤原産業 SK11 コーキングパッドセット SKCS-6 167314

藤原産業 SK11 コーキングパッドセット SKCS-6 167314
販売価格:863円(税込)
様々な形状のコーキング剤ならし

4種類のコーキングパッドで、18種類もの形状での仕上ならし作業が可能。様々な隙間のコーキング剤の仕上げ作業に対応。携帯に便利なケース付。

ビルディで見る

メーカーサイト

INOUE コーキングノズル 1510

INOUE コーキングノズル 1510
販売価格:357 ~ 516円(税込)
コーキング剤がはみ出さずキレイにフィット

コーキング剤のノズルにかぶせて使用することで補修する左右面にしっかりフィットし、コーキング剤がはみ出さずにキレイに仕上がる。余分なコーキング剤が出ることなく、手直しの手間を削減。

ビルディで見る

メーカーサイト

おわりに

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。コーキングガンの特長・選び方とおすすめ機種、いかがでしたでしょうか。皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。

【参考文献】

()『 知っておきたいプロツールの基礎知識「COCOMITE vol.2」 p.308 佐川印刷株式会社

【参考サイト】

」, シャープ化学工業株式会社 (2018年8月20日閲覧)

」, ピーシーコックス日本販売株式会社 (2018年8月20日閲覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)