卓上ボール盤の特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

この記事は初心者の方にもおすすめです。

卓上ボール盤INDEX

この記事では、まずはじめに卓上ボール盤のおすすめ機種をご紹介していきます。

卓上ボール盤の種類や選び方について詳しく知りたい方という方は、「種類と選び方」をお読み下さい。その前に卓上ボール盤とは?という方は、こちらの、「卓上ボール盤ってどんな工具?」をお読み下さい。

おすすめの卓上ボール盤

それではおすすめ機種をご紹介していきます。まずは一般的な卓上ボール盤です。

藤原産業 SK11 卓上ボール盤 300W SDP-300V 489607

藤原産業 SK11 卓上ボール盤 300W SDP-300V 489607
販売価格:¥14,800 (税込)
最大加工能力鉄工:8mm
木工:24mm
錐の最大送り50mm
速度調整5段階
無負荷回転数700~3,000(60Hz)
600~2,600(50Hz)
主軸ジャコブステーパー JT33
チャック能力13mm
電源単相100V
本体寸法幅:200mm 高:592mm
奥行:470mm
重量18.5kg
DIY向けながら十分な性能

300Wモーターでパワフル。穴あけ深さ調整機能付きで、深さゲージについた六角ナットによりあらかじめ希望の深さに設定ができる。複数個の同一深さの穴あけに便利。最大左右45度まで傾斜可能なテーブル角度傾斜機能付き。材料を固定できるバイス付き。Amazon.co.jpでも「Amazon’s Choice」に選ばれており、多数のレビューを集める人気の機種。

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

リョービ 卓上ボール盤 TB1131K

リョービ 卓上ボール盤 TB1131K
販売価格:¥26,017 (税込)
最大加工能力鉄工:13mm
木工:24mm
錐の最大送り50mm
速度調整5段階
無負荷回転数620~3,1000(60Hz)
515~2,580(50Hz)
主軸ジャコブステーパー No.6
チャック能力13mm
電源単相100V
本体寸法幅:240mm 高:580mm
奥行:420mm
重量20kg
DIY向けのおすすめボール盤

金属、非金属から、木材、プラスチックなどへの安定した穴あけ作業に最適。幅65×つかみ能力50mmのバイス付き

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

錐の最大送り60mm仕様 TB2131

HiKOKI(日立工機) 13mm卓上ボール盤 [丸テーブル] B13R

HiKOKI(日立工機) 13mm卓上ボール盤 丸テーブル B13R
販売価格:¥128,596 (税込)
最大加工能力鉄工:13mm
木工:-
錐の最大送り80mm
速度調整5段階
無負荷回転数600~3,600(60Hz)
500~3,000(50Hz)
主軸ジャコブステーパー No.6
チャック能力13mm(別売)
電源単相100V
本体寸法幅:264mm 高:990mm
奥行:468mm
重量55kg
プロ用の高性能機

錐の最大送り80mmで、深い穴あけも問題なくこなせる。DIY向けの機種と比較して、高い精度を発揮。三相200V仕様の設定や、モーターがよりパワフルになった強力型の設定もあるので、作業内容や現場環境に応じて選択できる。

※ドリルチャックは別売です。

ビルディで見る

メーカーサイト

三相200V仕様

強力型

三相200V仕様 強力型

おすすめの小型卓上ボール盤

こちらは、小型卓上ボール盤のおすすめ機種です。

東洋アソシエイツ 小型ボール盤 DP2250R 16110

東洋アソシエイツ 小型ボール盤 DP2250R 16110
販売価格:¥12,800 (税込)(※2019/05/09時点)
最大加工能力鉄工:6.5mm
木工:10mm
錐の最大送り30mm
速度調整無段階
無負荷回転数3,200~6,200
主軸ジャコブステーパー JT1
チャック能力10mm
電源単相100V
本体寸法幅:180mm 高:410mm
奥行:275mm
重量7kg
コストパフォーマンスに優れるDIY向けボール盤

省スペースで軽量なボール盤なので、オフィスなどでも使える。繰り返し同じ穴あけをする時に便利なデプススケール機能を標準装備。スピンドルスピードはヴァリアブルスピードコントローラーを内蔵し、無段階で変速できる。材料を固定できるバイス付き。Amazon.co.jpでも多数のレビューを集める人気の機種。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

ホーザン デスクドリル K21

ホーザン デスクドリル K21
販売価格:¥22,907 (税込)
最大加工能力鉄工:6mm
木工:-
錐の最大送り30mm
速度調整3段階
無負荷回転数2,100~6,200
主軸
チャック能力6mm
電源単相100V
本体寸法幅:120mm 高:350mm
奥行:225mm
重量4kg
軽量・コンパクトなDIY向けボール盤

コンパクトかつ重量4kgと軽量なので、デスクの上でも問題なく使用できる。切削深さ調整ストッパー、平行穴開け加工用平行ガイド付き。Amazon.co.jpでも「Amazon’s Choice」に選出。

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

プロクソンからも同等の機種(No.28128)が発売されています

榎本工業 Amini ボール盤 M型 No.3100

榎本工業 Amini ボール盤 M型 No.3100
販売価格:¥46,507 (税込)(※2019/05/09時点)
最大加工能力鉄工:6mm
木工:-
錐の最大送り35mm
速度調整4段階
無負荷回転数2,800~11,400
主軸ジャコブステーパー No.1
チャック能力6.5mm
電源単相100V
本体寸法幅:201.5mm 高:372mm
奥行:265mm
重量10kg
芯ブレ0.02mm以内の高精度小型卓上ボール盤

主軸ヘッドは、わずかな力で確実に固定が可能。モーター部を頑丈なカバーで覆うことにより、安心して作業ができる。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

卓上ボール盤ってどんな工具?

卓上ボール盤の特徴

  • 卓上ボール盤は、回転するドリル部分をハンドルで昇降させて穴をあける機械です。正確な位置決めと精度の高い垂直穿孔ができます。
卓上ボール盤使用イメージ
卓上ボール盤使用イメージ
  • 主軸の上下スライド量は限られるため、穴あけの調節の多くは、テーブルの高さ移動で行います。
  • 回転数の調節はベルトの掛け替えにより行います。ドリルビットのサイズや穴あけ対象材によって、回転数を変えて使用します。回転方向は正転のみが通常で、逆転機能はありません。
ベルトの掛替による速度調整イメージ
ベルトの掛替による速度調整イメージ(SK11取扱説明書より)
  • 卓上ボール盤は簡単な操作で垂直穴をあけられるため、木工ではダボ接合に適しています。(ダボ接合とはビスを使わずに材を接合する作業で、木ダボを使い表面にねじ頭が現れることを防ぐ方法です。)
  • 一度深さを設定すれば、連続での穴あけが可能です。
テーブル
材料の厚さや穴深さに応じて上下調節した上で、同じ水平面で振ることができます。
  • 卓上ボール盤の主軸は、ジャコブステーパー(JT)もしくはモールステーパー(MT)と呼ばれるタイプのシャンクになっています。モールステーパータイプであれば、テーパーシャンクドリルを使用することができます。ジャコブステーパータイプであってもチャックアーバーを取り付けることで軸を変換することができます。
モールステーパー+テーパーシャンクドリルイメージ
モールステーパーシャンク+テーパーシャンクドリルイメージ
テーパーシャンクドリル
  • テーパーシャンクは、高付加に強いというメリットがあり、大きなトルクを必要とするボール盤によく採用されています。また、付け外しも容易です。
  • テーパーシャンクであっても、ドリルチャック(付属もしくは市販品)を取り付けることで、ストレートシャンクドリルを使用することができます。
ストレートドリルの取り付けイメージ
ストレートドリルの取り付けイメージ
サイズの違い

テーパーシャンクにはタイプの他にサイズの違いもあります。ストレートドリルの軸が、6mm軸・10mm軸・13mm軸などにサイズが分かれているのと同じイメージです。

表記例
・JT No.6(ジャコブステーパー6番)
・MT No.2(モールステーパー2番)

似ている工具

磁気ボール盤

磁気ボール盤

同じボール盤という名前がつく工具に、磁気ボール盤があります。こちらは、穴あけを行う工具という点では同じですが、用途が全く異なります。

磁気ボール盤はマグネット吸着式になっており、電磁石の力で鋼材に吸着し、穴あけを行います。現場ですでに建材として組み込まれている鉄鋼などに対しても簡単に使用できます。主にプロ向けの工具です。

一方、マグネットで吸着するといった特性上、木材への使用はできません。木材への穴あけに使う場合には、卓上ボール盤を選びましょう。

卓上ボール盤が20mm前後までの穴あけしかできないのに対して、磁気ボール盤は機種によっては100mmクラスの穴あけも難なくこなします。また、大きすぎて卓上ボール盤には載せられない対象材でも、上に乗せるだけで穴あけが行えます。

磁気ボール盤

種類と選び方

ここでは、卓上ボール盤の選び方について見ていきましょう。重要な点を項目ごとにまとめてみました。

電源で選ぶ

卓上ボール盤の電源には、単相100V式と三相200V式の二つがあります。

単相100V式

単相100V式イメージ

DIYでもよく使われる工具のため、家庭用電源でも使える100V式が数多くラインナップされています。

単相100V式

三相200V式

三相200V式イメージ

大口径穿孔用の機種になると三相200Vが必要になってきます。また、よりパワーが必要なタッピングボール盤は、ほとんどが三相200Vになっています。

三相200V式

最大加工能力で選ぶ

卓上ボール盤の最大加工能力は、鉄工13mm/木工24mmなどと表記されています。開けたい穴のサイズを確認してください。

鉄工14mm以上の穴あけをする場合には、ドリルチャック+ストレートドリルではなく、テーパーシャンクドリルでの穴あけになります。

テーブルの形状で選ぶ

丸型テーブル
丸型テーブル
角型テーブル
角型テーブル

卓上ボール盤のテーブル形状には丸型と角型があります。丸形は回転させることができ、逃し穴や溝が多めなので、対象材を様々な角度に固定することができます。より細かい作業に向いています。

角型は一般的な形状になります。

タッピング機能の有無で選ぶ

タッピングボール盤

卓上ボール盤には、タッピング機能がついたタイプもあります。通常の卓上ボール盤は穴あけ専用ですが、タッピング機能がある機種ではネジ立ての作業もこなすことができます。1台で2つの役割をこなすことができ、効率よく作業ができますが、その分値段も高くなります。

穴あけとねじ立ての作業はスイッチ切り替えで行います。ねじ立ての際、通常の卓上ボール盤では不可能な逆回転が可能です。

タッピングボール盤

ラジアル機能の有無で選ぶ

ラジアルボール盤

卓上ボール盤には、ラジアル機能がついたタイプもあります。このタイプは主軸を前後スライドさせることができるので、幅が広い材料などにも簡単に穴あけをすることができます。

大きさで選ぶ

一般的な卓上ボール盤
一般的な卓上ボール盤
小型卓上ボール盤
小型卓上ボール盤

一般的なサイズの卓上ボール盤では大きすぎて置けないという場合には、より小型化された小型卓上ボール盤もラインナップされています。

主軸テーパーの種類で選ぶ

卓上ボール盤の主軸には、ジャコブステーパー(JT)モールステーパー(MT)の2種類があります。モールステーパータイプであれば、テーパーシャンクドリルを使用することができます。ジャコブステーパータイプであってもチャックアーバーを取り付けることで軸を変換することができます。

テーパーシャンクドリル

ジャコブステーパー・モールステーパーの中にもサイズによる違いがあります。それぞれジャコブステーパー6番(JT No.6)、モールステーパー2番(MT No.2)などど表記されます。互換性はありませんが、モールステーパーであれば、ドリルソケットによりサイズや長さの変更が可能です。

ドリルソケット使用イメージ
ドリルソケット使用イメージ

主なメーカー

ここでは、卓上ボール盤の主要なメーカーについてご紹介します。

HiKOKI(旧 日立工機)

HiKOKI

国内ではマキタに次ぐ大手電動工具メーカー。豊富な業務用卓上ボール盤のラインナップを有す。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

藤原産業

藤原産業

SK11ブランドで知られる藤原産業の卓上ボール盤は、低価格でありながら高い品質で一般ユーザーからセミプロユーザーまで幅広い人気を集める。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

リョービ(京セラインダストリアルツールズ)

リョービ

プロ向けでありながらお求めやすい価格で、プロからDIYユーザーまで幅広い層から高評価を集める。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

トラスコ

トラスコ

約170万点もの商品ラインナップを誇る検索サイト「オレンジブック」を運営する卸企業。自社ブランドのボール盤も展開。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

マキタ

マキタ

日本の電動工具のシェアトップメーカー。豊富な充電工具のラインナップを持つが、卓上ボール盤は1機種のみの展開。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

ホーザン

ホーザン

主に手作業用の工具を手がける大手メーカー。卓上ボール盤は小型のものをラインナップ。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

キラ

キラ

切削加工自動化ライン、切削加工機、難削材加工機、ボール盤/タッピング盤の製造を手がけるメーカー。ボール盤は業務用をラインナップ。

メーカーサイトに行く

遠州工業

遠州工業

工作機械・金型部品の製造や、熱処理加工・プレス加工などを手がけるメーカー。ボール盤は業務用をラインナップ。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイトに行く

プロクソン

プロクソン

主に小型電動工具の製造を手がけるメーカー。卓上ボール盤に取り付けることでより精密な穴あけができるクロステーブルが人気。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイトに行く

レクソン

レクソン

木工加工用の工作機械を手がける台湾のメーカー。大手メーカーの製品の製造も手がける。ボール盤は東洋アソシエイツが販売。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイトに行く

あると便利なアクセサリー

ここでは卓上ボール盤を使う際にあると便利なアクセサリーをご紹介します。

クロステーブル

クロステーブル

卓上ボール盤のテーブルに固定して使うクロステーブルです。ハンドルを回転させることにより、クランプで固定した材料を前後左右に移動させることができます。0.05mm単位での精密な位置調整が可能です。

プロクソン マイクロクロステーブル

【番外編】ドリルドライバーや電気ドリルでも代用できる?

ここまでは卓上ボール盤についてご紹介してきましたが、「高精度な穴あけをしたいけど、たまにしか使わないし、そのためだけに卓上ボール盤を買うのはちょっと・・・」、「持ってる電気ドリルでどうにか代用できないの?」、という方ももちろんいらっしゃるかと思います。

ドリルスタンド

そういった方におすすめなのがドリルスタンドです。このドリルスタンドと、電気ドリル・ドリルドライバーを組み合わせて使うことで、簡易的な卓上ボール盤として使うことができます。

もちろん、あくまでも簡易的なものなので、精度は卓上ボール盤に劣りますが、手軽に運用でき、持っている電気ドリルなどを活用できるという大きなメリットがあります。まずはこの組み合わせを試してみて、もっと精度が欲しいという場合には卓上ボール盤を購入する、というのも一つの流れとして検討してみてはいかがでしょうか。

マキタ ドリルスタンド43型 A-36712
藤原産業 SK11 垂直ドリルスタンド SDS-45 310765
日立工機 ドリルスタンド コラム高さ450mm 作業面160mm×170mm ドリル保持φ43マウント方式 D10-DS2

終わりに

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。卓上ボール盤の特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説、いかがでしたでしょうか。皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。

【参考文献】

()『 知っておきたいプロツールの基礎知識「COCOMITE vol.2」 pp.53-54 p.186 p.432 佐川印刷株式会社

()『 電動工具完全使いこなし術 pp.40-46 株式会社山海堂

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)