高速切断機の特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

高速切断機

この記事は初心者の方にもおすすめです。

高速切断機INDEX

この記事では、高速切断機の特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説していきます。

基本的なことは知っているのでおすすめ機種を知りたい、という方はこちらのボタンからどうぞ☟

高速切断機ってどんな工具?

高速切断機とは

高速切断機使用イメージ
高速切断機使用イメージ
  • ステンレス・一般鋼材・鋳鋼・鋳物・ワイヤーロープなどを、切断砥石を用いて高速で切断する機械です。同様に切断砥石を用いて切断を行うディスクグラインダーと比べて切断時間が早く、高い切断精度があります。
  • ディスクグラインダーが径180mmまでの切断砥石を使って切断を行うのに対して、高速切断機は径305mm以上の切断砥石を使って切断を行います。そのため、大きい材料でも素早く切断することが出来ます。
高速切断機構造イメージ
高速切断機構造イメージ
  • 本体を卓上などに設置して使用するので、手ぶれの影響を受けずに狙ったところを確実に切断することができます。また、切断物をバイス(固定具)で挟んで作業を行うので、高い切断精度を発揮します。
  • バイスで固定することで、45°までの角度切断にも対応します。

ディスクグラインダーとの違いについて

高速切断機は、ディスクグラインダーを大型化して卓上設置型にした機械です。そのため、ディスクグラインダーと同様に切断砥石を使って切断を行います。


大きな違いは、アームとバイスによって切断砥石と切断材料が本体に固定された状態で切断を行うため、ディスクグラインダーが苦手とするパイプやアングル材等の切断を簡単に行える点です。


また、手振れやキックバック、振動の影響をほとんど受けないため、安全に精度の高い切断作業ができます。ディスクグラインダーのように本体を持ち続ける必要がないため、長時間の作業でも疲労を軽減できます。

似ている工具

似ている工具その① ディスクグラインダー

ディスクグラインダー

先端工具の砥石や刃物を換えることで、金属やコンクリートの研磨研削切断と幅広く活躍する定番の電動工具です。切断砥石を取り付けることで、高速切断機と同様に金属系の切断ができます。

小型で持ち運びも容易なため、様々な現場や環境で使うことが出来ます。既設の構造物に対しても支障なく使用できます。持ち運びが前提で、研削・研磨もしたい場合はこちらを選びましょう。

似ている工具その② チップソー切断機

チップソー切断機

切断砥石で切断を行う高速切断機とは異なり、チップソーで切断を行う工具です。高速切断機(切断砥石による切断)と比較して、粉塵や火花を抑えてきれいに切断できます。砥石切断には不向きなアルミや塩ビなどの切断も可能です。

火花を発生させたくない環境や、熱に弱い素材の切断を行いたい場合は、こちらを選びましょう。

高速切断機の種類と選び方

それでは早速、高速切断機の種類と選び方について見ていきましょう。重要な点を項目ごとにまとめてみました。

AC電源式か、充電式か

高速切断機の電源方式には、AC電源式充電式の二種類があります。

AC電源式

基本的に設置して据え置いて使う機械なので、ほぼ全ての機種はAC電源式になります。AC電源の中でも、単相100V単相200V三相200Vの三種類に分けられます。

砥石外径305~355mmの機種では単相100Vが、砥石外径405mm以上の機種では三相200Vが多くなっています。

電源方式の互換性はありませんので、設置する環境の電源を確認して下さい。

こちらのボタンから、AC電源式のおすすめ機種をご覧いただけます☟

充電式

充電式はマキタが製造しているLW141DZ1機種のみとなっています。

コードレスかつブラシレスモーター採用で、どんな現場でもパワフルに切断作業をこなすことができます。

こちらのボタンから、充電式のおすすめ機種をご覧いただけます☟

砥石外径で選ぶ

高速切断機には305mmや445mmといったサイズがあります。これは、そのディスクグラインダーで使用可能な刃(砥石)の外径サイズをあらわしています。

砥石外径のサイズには、305mm355mm405mm445mmのものがあります。このうち、305mm~405mmが主流になっています。

性能以上の砥石は取り付けることが出来ませんので、切断したい材料の厚みなどを確認して下さい。

こちらのボタンから、砥石外径ごとのおすすめ機種をご覧いただけます☟

305mm

355mm

405mm

455mm

替刃について

ビルディでは、切断砥石の替刃も取り扱っています。外径サイズや厚さ、粒度、砥材、硬度などでスペック検索が出来ますので、必要な方はこちらからご覧ください。

切断砥石

主なメーカー

ここでは、高速切断機の主要なメーカーについてご紹介します。

マキタ

マキタ

日本の電動工具のシェアトップメーカー。豊富な充電工具ラインナップで、バッテリーの使いまわしを幅広くできるのがメリット。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

HiKOKI(日立工機)

HiKOKI

国内ではマキタに次ぐ大手電動工具メーカー。マキタ同様に豊富な充電工具ラインナップが魅力的。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

新ダイワ

新ダイワ

発電機や溶接機、切断機、洗浄機といった様々な産業機械や農林・緑地管理機械を手がける大手メーカー。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

リョービ(京セラインダストリアルツールズ)

リョービ

DIY向けツールのラインナップも豊富な電動工具メーカー。

ビルディで見る

メーカーサイトに行く

単相100Vおすすめ機種

お待たせしました。それでは、おすすめ機種を見ていきましょう。まずは単相100Vからです。

305mm

リョービ 高速切断機(ワンタッチバイスタイプ・二重絶縁タイプ) 305mm C3051
リョービ 高速切断機(ワンタッチバイスタイプ・二重絶縁タイプ) 305mm C3051
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ105mm
45°:φ90mm
無負荷回転数4,200min-1
消費電力1,450W
重量16.5kg
クランプ機能が素早く行えるクイックバイス機構

鉄パイプ、アングル、軽量鉄骨などの切断に最適。材料の大きさに合わせて、3段階に位置調整が可能なクランパー付き。剛性の高いヒンジ構造を採用。砥石交換時に砥石を固定できるスピンドルロック機構搭載。

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) 305mm高速切断機 CC12SF
HiKOKI(日立工機) 305mm高速切断機 CC12SF
販売価格:¥22,234 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ102mm
45°:φ60mm
無負荷回転数4,400min-1
消費電力1,450W
重量15.5kg
握りやすいソフトグリップ採用

強力な切断能力と耐久力を発揮。砥石の切断有効範囲が大きい構造(切断可能回数が多くなる)を採用。ワンタッチバイス付。

ビルディで見る

メーカーサイト

新ダイワ ライトカッター L120S-N
新ダイワ ライトカッター L120S-N
販売価格:¥25,727 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ100mm
45°:-
無負荷回転数3,600min-1
消費電力1,400W
重量14.0kg
クイック操作のワンタッチバイス付

0°~45°の角度切り対応。耐久構造ブッシュ入りで、摩耗によるガタツキを軽減。3段固定のバイスで、幅広材の切断も可能。

ビルディで見る

メーカーサイト

355mm

マキタ 355mm切断機 LW1401
マキタ 355mm切断機 LW1401
販売価格:¥22,896 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ127mm
45°:φ127mm
無負荷回転数3,800min-1
消費電力1,430W
重量16.6kg
パワフルで粘り強い切断力

各種鋼材・鋼管を快適切断する機能を凝縮。材料幅に応じて、素早く移動・固定ができるクイックバイス付き。持ち運びに便利な「キャリングハンドル」装備。材料固定用ガイドプレートは、材料に合わせて3段階に移動可能。

ビルディで見る

メーカーサイト

リョービ 高速切断機(ワンタッチバイスタイプ・二重絶縁タイプ) 355mm C3561
リョービ 高速切断機(ワンタッチバイスタイプ・二重絶縁タイプ) 355mm C3561
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ120mm
45°:φ102mm
無負荷回転数3,550min-1
消費電力1,450W
重量17.0kg
クランプ機能が素早く行えるクイックバイス機構

鉄パイプ、アングル、軽量鉄骨などの切断に最適。材料の大きさに合わせて、3段階に位置調整が可能なクランパー付き。剛性の高いヒンジ構造を採用。砥石交換時に砥石を固定できるスピンドルロック機構搭載。

メーカーサイト

新ダイワ ライトカッター L140S-N
新ダイワ ライトカッター L140S-N
販売価格:¥29,054 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ120mm
45°:-
無負荷回転数3,600min-1
消費電力1,400W
重量15.50kg
クイック操作のワンタッチバイス付

0°~45°の角度切り対応。耐久構造ブッシュ入りで、摩耗によるガタツキを軽減。3段固定のバイスで、幅広材の切断も可能。

ビルディで見る

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) 355mm高速切断機 CC14SF-100V
HiKOKI(日立工機) 355mm高速切断機 CC14SF-100V
販売価格:¥22,984 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ120mm
45°:φ100mm
無負荷回転数3,800min-1
消費電力1,450W
重量16.0kg
握りやすいソフトグリップ採用

強力な切断能力と耐久力を発揮。砥石の切断有効範囲が大きい構造(切断可能回数が多くなる)を採用。ワンタッチバイス付。

ビルディで見る

メーカーサイト

405mm

HiKOKI(日立工機) 405mm高速切断機 CC16-100V
HiKOKI(日立工機) 405mm高速切断機 CC16-100V
販売価格:¥56,180 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ140mm
45°:φ100mm
無負荷回転数3,100min-1
消費電力1,450W
重量23.0kg
単相電源で使用できる405mm

強力な切断能力と耐久力を発揮。砥石の切断有効範囲が大きい構造(切断可能回数が多くなる)を採用。ワンタッチバイス付。

ビルディで見る

メーカーサイト

単相200Vおすすめ機種

こちらは単相200Vのおすすめ機種です。

355mm

HiKOKI(日立工機) 355mm高速切断機 CC14SF-200V
HiKOKI(日立工機) 355mm高速切断機 CC14SF-200V
販売価格:¥22,984 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ120mm
45°:φ100mm
無負荷回転数3,800min-1
消費電力1,450W
重量16.0kg
握りやすいソフトグリップ採用

強力な切断能力と耐久力を発揮。砥石の切断有効範囲が大きい構造(切断可能回数が多くなる)を採用。ワンタッチバイス付。

ビルディで見る

メーカーサイト

405mm

HiKOKI(日立工機) 405mm高速切断機 CC16-200V
HiKOKI(日立工機) 405mm高速切断機 CC16-200V
販売価格:¥56,180 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ140mm
45°:φ100mm
無負荷回転数3,100min-1
消費電力1,450W
重量23.0kg
単相電源で使用できる405mm

強力な切断能力と耐久力を発揮。砥石の切断有効範囲が大きい構造(切断可能回数が多くなる)を採用。ワンタッチバイス付。

ビルディで見る

メーカーサイト

三相200Vおすすめ機種

こちらは三相200Vのおすすめ機種です。

405mm

新ダイワ ライトカッター L150
新ダイワ ライトカッター L150
販売価格:¥115,616 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ145mm
45°:-
無負荷回転数2,400min-1
消費電力2,800W
重量32.0kg
最大切断径Φ145mm対応

0°~45°の角度切り対応。耐久構造ブッシュ入りで、摩耗によるガタツキを軽減。

ビルディで見る

メーカーサイト

HiKOKI(日立工機) 三相200V専用 405mm高速切断機 CC16SB(3HP) 2.2kw(3馬力)仕様
HiKOKI(日立工機) 三相200V専用 405mm高速切断機 CC16SB(3HP) 2.2kw(3馬力)
販売価格:¥134,508 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ135mm
45°:φ125mm
無負荷回転数2,730min-1
消費電力2,250W
重量84.0kg
三相200V専用仕様

強力な切断能力と耐久力を発揮。砥石の切断有効範囲が大きい構造(切断可能回数が多くなる)を採用。ワンタッチバイス付。

ビルディで見る

メーカーサイト

3.7kw(5馬力)仕様 CC16SB(3HP)

昭和機械工業 405mm高速切断機 SK3002.2KW 2.2KW仕様
昭和機械工業 405mm高速切断機 SK300 2.2KW仕様
販売価格:¥174,460 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ115mm
45°:-
無負荷回転数2,260min-1
消費電力
重量80.0kg
小さなボディに大きな性能。移動も簡単な小型機

全機種45度の角度きりが可能。(ただし、バイス開きは約1/3)。移動が楽な車輪付き。小型機ながら安定した切断が可能。

ビルディで見る

メーカーサイト

3.7kw(5馬力)仕様 SK3003.7KW

455mm

昭和機械工業 455mm角度切り切断機 SK4R5.5KW
昭和機械工業 455mm角度切り切断機 SK4R5.5KW
販売価格:¥746,064 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ140mm
45°:-
無負荷回転数2,270min-1
消費電力
重量250.0kg
狭い場所でも材料(被切削物)を移動せずに切断

長尺物、重量物の切断に最適。ハンドル操作により自由な角度(0~70度)で切断可能。簡単に移動可能な車輪付き。安定したステンレス目盛り版の搭載で、切り粉が着かず高精度な寸法切りが可能。

ビルディで見る

メーカーサイト

充電式おすすめ機種

こちらは充電式のおすすめ機種です。

355mm

マキタ 36V 355mm 充電式切断機 本体のみ(バッテリー、充電器別売) LW141DZ
マキタ 36V 355mm 充電式切断機 本体のみ(バッテリー、充電器別売) LW141DZ
販売価格:¥31,859 (税込)
最大切断能力
(丸パイプ)
90°:φ127mm
45°:φ127mm
無負荷回転数3,800min-1
電源36V(18V+18V)
重量14.9kg
機能バッテリ残容量表示ランプ・ソフトスタート・過負荷お知らせ
唯一の充電式高速切断機

BL1860B×2本使用で、メタルスタッド(幅75×高さ45×厚さ0.8mm)を約150本切断可能。電源環境に左右されずに使用でき、さらに現場もスッキリ。小型・軽量でさらに高出力なハイパワーブラシレスモータを搭載。メタルスタッドを軽快に切断できる。ストッパを押込み、ツマミを回転させるだけで工具レスで素早く砥石を交換可能。ブレーキ付きで、 切断終了時に素早く刃物が停止するので、次の作業にパッと取り掛かれる。現場への持ち込みもラクラクな14.9kg(BL1860B×2本装着時)。材料幅に応じて、素早く移動・固定ができるクイックバイス付き。

ビルディで見る

メーカーサイト

終わりに

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。高速切断機の特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説、いかがでしたでしょうか。皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。

【参考文献】

()『 知っておきたいプロツールの基礎知識「COCOMITE vol.2」 p.192 佐川印刷株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)