インパクトレンチの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

この記事は初心者の方にもおすすめです。

1.インパクトレンチってどんな工具?

  • レンチとは六角ボルトを回す工具のことで、手工具の場合はハンドルに手工具用のソケットレンチを取り付けて締め付け作業をします。インパクトレンチはこの電動工具版で、作業を省力化し、より大きなトルクで締め付けることができます。
手作業イメージ
手作業での作業イメージ
インパクトイメージ
インパクトレンチでの作業イメージ
  • 主に建築構造物のボルト締め緩めや、自動車などのタイヤ交換に使われます。
タイヤ交換
タイヤ交換で使用
現場での使用
現場で使用
  • 機械内部で回転方向への打撃を加え、強いトルクでボルトの締め付けを行います。
  • 構造的にはインパクトドライバーと似ていますが、より強いトルクとそれに耐える先端工具の取り付け部分の角ドライブが特徴です。
    角ドライブ
    角ドライブ
  • インパクトレンチで使用される角ドライブには、6.3sq、9.5sq、12.7sq、19.0sq、25.4sqの5種類があり、それぞれの角ドライブ規格にあったインパクトレンチ用のソケットが必要です。
MEMO

ソケット取付角は規格が統一されています。主要なサイズと呼び方は以下のようになっています。

ソケット取付角一覧
ミリ表記インチ表記日本式表記
6.35sq6.35mm1/4″2分
9.5sq9.5mm3/8″3分
12.7sq12.7mm1/2″4分
19.0sq19.0mm3/4″6分
25.4sq25.4mm1″8分
  • インパクトレンチ用のソケットは、側面に穴に抜け落ち防止のピンとOリングを使用します。
注意

ソケットは、基本的にインパクトレンチ専用のものを使用する必要があります。これは、通常のソケットでは、インパクトレンチの瞬間的な大トルクに耐えきれず破断したり、表面処理のメッキが剥がれたりするからです。

インパクトレンチ用のソケットは、手動用ソケットに比べて外径が肉厚で強靭性に優れています。

電動インパクトレンチ用ソケットの特徴
電動インパクトレンチ用ソケットの特徴

この記事では、電動式のインパクトレンチについてご紹介していきます。エアー式のインパクトレンチはこちらをご覧ください☟

airimpactwrench
エアーインパクトレンチの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

2.種類と選び方

それではさっそく、インパクトレンチの選び方について見ていきましょう。重要な点を項目ごとにまとめてみました。

充電式か、AC電源式か

インパクトレンチは、充電式インパクトレンチAC電源式インパクトレンチの二つに分けられます。

充電式インパクトレンチ

充電式インパクトレンチ

最近では、取り回しの良いコードレスの充電式タイプが主流です。高トルクのタイプはかなり重量も重たくなりますのでご注意ください。

バッテリーの電圧は、10.8V14.4V18V36Vのものがあります。また、一部のメーカーからは12V20V21.6Vといった電圧の機種もラインナップされています。10.8Vや14.4V機は軽量コンパクトであり、手軽に使える点はいいのですが、本格的な作業になると、ややパワー不足になります。本格的な作業に使う場合は18V以上の機種をおすすめします

今までの充電式インパクトレンチは、最高性能の機種でも、最大トルク750~800N.m程になっていました。AC電源式が1,000N.mを超えていることから考えると、非力ではありますが、そこは充電式なので仕方ないことでした。しかし、2018年3月に日立工機(HiKOKI)から、36Vマルチボルトコードレスインパクトレンチ WR36DAが登場しました。このマルチボルト機は、充電式でありながら最大トルク1,100N.mとAC電源式を凌駕する性能を発揮します。

36Vマルチボルトコードレスインパクトレンチ WR36DAについてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください☟

日立 インパクトレンチ WR36DA
【現行最強の充電式インパクトレンチ】日立の新型インパクトレンチWR36DAはトルク値がスゴイ

一般的な使い方であれば、ここまでのトルクの機種は持て余すかもしれませんが、充電式でも最高クラスのトルクの機種を選ぶことができるという点は大きいですね。

充電式は、AC電源式に比べて、価格が高い、充電の手間がかかるといったデメリットは確かにありますが、それを上回る取り回しの良さが本領です。マキタや日立(HiKOKI)といった大手電動工具メーカーのインパクトレンチであれば、他の機種とバッテリーを使いまわすこともできますので、より経済的です。

AC電源式インパクトレンチ

AC電源式インパクトレンチ

価格を抑えたい場合や、1000N.mクラスのトルクが必要な場合はAC電源式がおすすめです。日立(HiKOKI)マルチボルト機の登場により、充電式に対する最大トルクでのメリットは弱くなってしまいましたが、充電残量を気にする必要がある充電式に対して、AC電源式であれば気にせずに長時間使用することができます。

AC電源式インパクトレンチは、単相100Vの機種と、単相200Vの機種に分けられます。互換性はありませんので、100Vか200Vかはよく確認してください。

締め付け能力と締め付けトルクで選ぶ

締め付け能力とは、どのサイズまでのボルトを締付けられるかという基準です。カタログでは、「締付能力 普通ボルト:M8~M14」や「締付能力 高力ボルト:M12~M16」というように書かれています。

この範囲以下のボルトは締めすぎになりやすく、この範囲より大きいボルトは本体に負荷がかかり、モーター損傷の原因になることがあります。締付けるボルトがこの締付能力の範囲内に入っているかを確認してください。

MEMO
ボルトの呼称について
ボルトの呼称

M8やM12とはねじ径を表していて、M8はねじ径8mm、M12はねじ径12mmという意味です。


高力ボルトとは?

強度の高いボルトのことで、高張力の鋼で作られています。ハイテンションボルトなどども呼ばれます。橋や鉄骨の建造物・建築物などに使用されます。JIS規格の物と、大臣認定品の2種類があります。

橋や鉄骨の建造物・建築物などの建築時には、シャーレンチやナットランナー、トルシャットといった専用のレンチを使用します。

シャーレンチ・ナットランナー

締付能力と締付けトルクはほぼ比例していて、締付けられるボルトサイズが上がると必要なトルクも増えていきます。

こちらの記事では、インパクトレンチをトルク順(締付ボルトサイズ順)にランク付けしています。興味がある方は見てみてください☟

インパクトレンチ
電動インパクトレンチのトルクランキング

ボルトサイズと比例して、二面幅寸法も増えていきます。ソケットを選ぶ時には、二面幅寸法に合ったソケットを選んでください。

二面幅寸法
二面幅寸法
普通ボルトサイズと工具の適合目安
普通ボルトサイズ二面幅寸法工具の適合領域
M58mm充電ドライバドリル + 電ドル用ソケット
M610mm
M813mm充電インパクトドライバ + 電ドル用ソケット
インパクトレンチ【~149N.m】
M1017mm
M1219mm
M1421mmインパクトレンチ【150N.m~249N.m】
M1624mm
M1827mmインパクトレンチ【250N.m~599N.m】
M2030mm
M2234mm
M2436mm
M2436mmインパクトレンチ【600N.m~】
M2741mm
M3046mm
※電ドル用ソケット(ソケットビット)

電ドル用ソケットは、インパクトドライバーやドライバードリルのスライドスリーブに取り付けられる6.35mm六角軸タイプのソケットです。

電動ドリル用ソケット(6.35mm六角軸)
電動ドリル用ソケットについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください☟
トップ工業ソケットEDX17
インパクトドライバー用ソケットのまとめ

ソケット取り付け角ドライブで選ぶ

インパクトレンチで使用されるソケット取り付け角ドライブには、6.3sq、9.5sq、12.7sq、19.0sq、25.4sqの5種類があります。互換性はありませんので、それぞれの角ドライブ規格にあったインパクトレンチ用のソケットが必要です。

シャーレンチ・ナットランナー

ソケット取り付け角ドライブサイズが大きくなると、より大きなサイズのボルトを締められるようになります。

ソケット取り付け角ドライブサイズとボルトの適合目安
ソケット取り付け角ドライブサイズ適合ボルト
6.3sqM5~M10
9.5sqM5~M14
12.7sqM6~M22
19.0sqM10~M30
25.4sqM22~M30

付加機能で選ぶ

インパクトレンチには、トルクや取り付け角ドライブといった基本的な項目の他に、より便利に使用するための機能がついている機種があります。ここではそういった付加機能を一覧にまとめてみました。あると便利だなと思う機能を確認してみてください。

インパクトレンチの付加機能
機能概要対応機種
防じん防滴粉じんや水滴に強い構造で、突然の雨や粉塵の多い現場でも安心して使用できます。≫対応機種一覧
ブラシレスモーターブラシレスモーター搭載で、安定した動作とメンテナンスフリーを実現しています。≫対応機種一覧
打撃力切替回転数や打撃数を切り替えることができます。作業内容に応じた調整が可能です。≫対応機種一覧
アングル型通常のインパクトレンチでは入らないような狭い箇所でのボルト・ナットの着脱に最適な形状です。≫対応機種一覧

3.主なメーカー

マキタ

マキタインパクトレンチ

幅広い充電工具のラインナップ

多種多様な充電工具(18Vで158モデル、14.4Vで117モデル)とバッテリーを使いまわすことができるので経済的です。

また、充電式ながらも800N・mのパワーを誇るモデル(TW1001D)も存在します。

日立(HiKOKI)

日立インパクトレンチ

安心のバッテリー2年保証

6.0Ahのバッテリーは2年保証が付いているので、はじめて充電工具をご購入される方も安心です。

また、非常にコンパクトながらもパワフルなWR18DBDL2WR14DBDL2と言ったモデルも人気です。

空研

空研インパクトレンチ

老舗メーカーならではの技術力

インパクトレンチメーカーとしての強みを活かした、Eproと呼ばれる独自機構シリーズにより作業者の振動負担を極限まで減らしました。

メーカーサイトより展開図や部品の確認も可能です。

ボッシュ

ボッシュインパクトレンチ

世界トップシェアの実力派

世界シェアではマキタを上回るドイツのメーカー。日本では国内メーカーの後塵を拝すもその堅牢なつくりとデザインに根強い人気があります。

ドライバービットも角ドライブソケットも両方使用可能な「2 in 1」インパクトGDX18V-180が人気です。

パナソニック

パナソニックインパクトレンチ

厳しい現場環境でもタフなツール

電設業者様に圧倒的な人気を誇る電動工具メーカー。14.4Vと18Vの両方のバッテリーを使えるデュアルが特徴的です。

4.149N.mまでのインパクトレンチおすすめ機種【M8~M12ボルト用】

それでは、インパクトレンチのおすすめ機種を、トルク別にご紹介していきます。まずは、149N.mまでのインパクトレンチです。

このクラスは、小型やコンパクトの機種が多くなっています。メインにはトルクのあるインパクトレンチを持って、そのサブ機として運用するのもいいかもしれませんね。

ボッシュ 10.8V充電式インパクトレンチ GDS10.8V-EC

ボッシュ 10.8V充電式インパクトレンチ GDS10.8V-EC
販売価格:24,903円(税込)
最大締付トルク115N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M12
角ドライブ9.5Sq
電源10.8V充電式
重量0.9kg
打撃力切替強・弱
機能ブラシレスモーター・ライト付
軽量(0.9kg)・コンパクト(全長137mm)ながら十分な性能

過放電、過電流、過充電、オーバーヒート、範囲外温度での使用からセルを保護するボッシュ独自のECP機能により、安心安全な作業ができます。2段階の打撃力切替により、作業内容に応じた最適な打撃力に変更できます。スリムで握りやすいグリップを採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

5.150N.m~249N.mのインパクトレンチおすすめ機種【M14~M16ボルト用】

こちらは、トルク150N.m~249N.mのインパクトレンチです。

パナソニック 14.4V/18V 充電インパクトレンチ EZ75A3

パナソニック 14.4V/18V 充電インパクトレンチ EZ75A3
販売価格:51,847円(税込)
最大締付トルク205N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M16
角ドライブ12.7Sq
電源14.4/18V充電式
重量1.65kg
打撃力切替強・中・弱
機能ブラシレスモーター・防じん防滴・ライト付
14.4Vと18V、1台で両方使える「デュアル」

リテーナリング(Cバネ)を採用したことにより、ソケットを仮保持出来るので、ピンを差し込むのが簡単です。3段階の打撃力切替により、作業内容に応じた最適な打撃力に変更できます。ほこりや粉じん、雨や水しぶきにも耐えられるタフな設計です。

ビルディで見る

メーカーサイト

ボッシュ 18V 充電式インパクトドライバー (2.0Ahバッテリー×2、充電器、ケース付) GDX18V-180

ボッシュ 18V 充電式インパクトドライバー (2.0Ahバッテリー×2、充電器、ケース付) GDX18V-180
販売価格:26,360円(税込)
最大締付トルク180N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M16
角ドライブ12.7Sq
電源18V充電式
重量1.5kg
打撃力切替
機能ライト付
プロ基準の安全性・作業性・耐久性を満たした18Vハイスタンダードシリーズ「BB-Pro」

ボッシュ独自の2in1インパクトで、ドライバービットと角ドライブソケットの両方が使用可能です。ECP機能により、過放電、過電流、過充電、オーバーヒート、極端な温度条件、などからリチウムイオンバッテリーを守ります。EMP機能により、過負荷によるモーターの焼損が起きる前に電流を遮断し、モーターを守ります。

ビルディで見る

メーカーサイト

6.250N.m~599N.mのインパクトレンチおすすめ機種【M18~M24ボルト用】

こちらは、トルク250N.m~599N.mのインパクトレンチです。各メーカーとも、このクラス帯に主力機種を投入しています。

空研 充電式インパクトレンチ (自動停止機能) KW-FE200pro

空研 充電式インパクトレンチ (自動停止機能) KW-FE200pro
販売価格:124,800円(税込)
最大締付トルク550N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M24
角ドライブ12.7Sq
電源18V充電式
重量3.0kg
打撃力切替6段階
(自動停止機能付)
機能ブラシレスモーター・ライト付
独自のEproクラッチ機構で低振動・低騒音

6段階の締付けレベル設定が可能です。締付制御機能により、設定した締付けレベルに達すると自動停止します。最大締付けトルク550N・mのハイパワーを発揮します。ブラシレスモータ&モータ保護機能で、高い耐久性があります。

乗用車ホイールの仮締め作業、自動車整備の分解組立作業、建設機械や橋梁、建築、造船等の組立て作業などにおすすめです。

ビルディで見る

メーカーサイト

KTC 12.7sq ホイールナット専用 コードレス トルクリミットインパクトレンチセット JTAE472

KTC 12.7sq ホイールナット専用 コードレス トルクリミットインパクトレンチセット JTAE472
販売価格:46,656円(税込)
最大締付トルク500N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M14
角ドライブ12.7Sq
電源18V充電式
重量2.9kg
打撃力切替仮締めモード
機能
自動車のホイールナットの締緩作業に特化したインパクトレンチ

ホイールナットの仮締めに最適な仮締めモードを搭載。75N.mまで締付けた後、自動停止します。仮締めモード、フルパワーモードは切替が可能です。トリガーを離すとすぐに回転が止まるブレーキ機構を採用しているので、安全に作業ができます。独自のAMBACシステムにより、ピン抜けを確実に防止します。

ビルディで見る

メーカーサイト

マキタ 18V充電式インパクトレンチ(ソケット別売) TW450D

マキタ 18V充電式インパクトレンチ(ソケット別売) TW450D
販売価格:50,756円(税込)
最大締付トルク380N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M22
角ドライブ12.7Sq
電源18V充電式
重量3.4kg
打撃力切替
機能ライト付
380N.mで、土台緊結皿座金の締付け作業にも対応

手元で簡単に正転・逆転を切替えることができるロッカスイッチを搭載しています。部材の傷付きを防止する大型バンパを採用しています。

ビルディで見る

メーカーサイト

日立工機(HiKOKI) 18Vコードレスインパクトレンチ WR18DBDL2

日立工機(HiKOKI) 18Vコードレスインパクトレンチ WR18DBDL2
販売価格:50,756円(税込)
最大締付トルク280N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M20
角ドライブ12.7Sq
電源18V充電式
重量1.8kg
打撃力切替強・中・弱・単発
機能ブラシレスモーター・防じん防滴・ライト付
電子式スイッチで軽く滑らか

従来機(WR18DBDL)より、トルクが30N.mアップ。よりパワフルになりました。また、全長も145mmと、23mmコンパクトになっています。締付けモード切替機能により幅広い作業に対応します。単発モードでは、スイッチを引いて打撃開始後、数回の打撃で自動停止します。ラックやフェンス、家具の組み立てといったデリケートな作業に対応します。

ビルディで見る

メーカーサイト

14.4Vモデル WR14DBDL2もあります。

マキタ 18V充電式インパクトレンチ (ソケット別売) TW285D

マキタ 18V充電式インパクトレンチ (ソケット別売) TW285D
販売価格:48,145円(税込)
最大締付トルク260N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M20
角ドライブ12.7Sq
電源18V充電式
重量1.7kg
打撃力切替強・中・弱
機能ブラシレスモーター・防じん防滴・ライト付
逆転オートストップ機能で作業効率アップ

緩め作業時に、ボルトやナットが緩んだ事を検知して、約0.2秒後に自動停止します。そのまま軽くトリガを引き直すだけで、簡単に取り外すことができます。ボルトやナットなどの不意の落下を防止し、緩め作業での「安心と作業効率」を追求しています。Cスプリングの摩擦により、ピンを刺す前にソケットの仮保持が可能です。

ビルディで見る

メーカーサイト

7.600N.m以上のインパクトレンチおすすめ機種【M24~M30ボルト用】

こちらは、600N.m以上のインパクトレンチになります。

日立工機(HiKOKI) 36Vマルチボルトコードレスインパクトレンチ WR36DA

日立工機 36Vマルチボルトコードレスインパクトレンチ WR36DA
販売価格:62,280円(税込)
最大締付トルク1,100N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M30
角ドライブ19.0Sq
電源36V充電式
重量3.7kg
打撃力切替強・中・弱2・弱1
機能ブラシレスモーター・防じん防滴・ライト付
コードレスの機動性にパワフルさを兼ね備えたマルチボルトシリーズ

ブラシレスモーターと高出力なバッテリーにより、AC100V機(WR25SE)を超える強力なパワーを発揮します。最大締め付けトルク1,100N.mは、充電式、AC電源式を合わせてもトップのトルクです。重量もAC100V機(WR25SE)より4.0kgも軽い3.7kgなので、優れた操作性を発揮します。フリクションリング採用により、ソケットの仮保持ができ、ピン・0リングの取付けが簡単に行えます。打撃力4段切替により幅広い作業を効率よくこなせます。

ビルディで見る

メーカーサイト

レビューのご紹介

Luong様(北海道)
想像を超えた
古い重機などの解体に使っているのですが錆びたナットなども取れます。最初はエアー引っ張るのがめんどくさくて軽いものなどを外すのに使おうかなって思ったんですけど好奇心からどこまで行けるか試してたらこれは無理だろってものも外せてびっくりしました。1台買って本社で使用していましたが資材置き場の方にも1台購入して置いてます。

マキタ 18V 充電式インパクトレンチ(ソケット別売) TW1001D

マキタ 18V 充電式インパクトレンチ(ソケット別売) TW1001D
販売価格:60,532円(税込)
最大締付トルク800N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M30
角ドライブ19.0Sq
電源18V充電式
重量3.7kg
打撃力切替強・中・弱
機能ブラシレスモーター・防じん防滴・ライト付
軽快な操作性+マキタ充電式最強のパワー

エネルギー効率が良く、高出力、高耐久&メンテナンスフリーな大型ブラシレスモータを搭載しています。3段階の打撃力切替により、作業内容に応じた最適な打撃力に変更できます。防滴・防じんボディ 「アプト」で安心して使用できます。

ビルディで見る

メーカーサイト

日立工機(HiKOKI) インパクトレンチ 22mm WR22SE

日立工機(HiKOKI) インパクトレンチ 22mm WR22SE
販売価格:50,890円(税込)
最大締付トルク620N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M24
角ドライブ19.0Sq
電源AC100電源式
重量4.6kg
打撃力切替
機能ブラシレスモーター・電子制御
電圧降下時でも安定した作業を実現

電源・負荷状態を常に検知し、継ぎコード使用時でも安定したトルクを発揮します。小型・高効率インバータ回路により、インバーターのないエンジン発電機での使用も可能です。アルミダイカストボディと、二重構造ハウジングにより、本体の耐久性を大幅に向上させています。バンパやプロテクタで本体を保護します。

ACブラシレスモーター搭載製品なので、安心の製品2年保証です。

ビルディで見る

メーカーサイト

200V仕様もあります。

8.DIY向けのインパクトレンチおすすめ機種

ここまではプロ向けのインパクトレンチを見てきましたが、ここではDIYにおすすめのインパクトレンチをご紹介します。

メルテック FT-50P 電動インパクトレンチ AC100V用

メルテック FT-50P 電動インパクトレンチ AC100V用
最大締付トルク250N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M14
角ドライブ12.7Sq
電源AC100V電源式
重量2.1kg
打撃力切替
機能
コストパフォーマンスに優れたDIY向けモデル

自動車のタイヤ交換に最適なインパクトレンチです。19mmと21mmのディープソケットが付属しています。作業のしやすい、持ちやすいグリップです。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

リョービ 電動インパクトレンチ IW2000

リョービ 電動インパクトレンチ IW2000
販売価格:16,224円(税込)
最大締付トルク200N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M16
角ドライブ12.7Sq
電源AC100電源式
重量1.5kg
打撃力切替高速・低速
機能ライト付
コストパフォーマンスに優れたインパクトレンチ

打撃力を2段階に切り替えることができます。薄暗いところでも作業ができるLEDライト付です。薄口ロングタイプソケット(19・21mm)付きです。

ビルディで見る

メーカーサイト

高儀 EARTH MAN 18V 充電式 インパクトレンチ IW-180LiA

高儀 EARTH MAN 18V 充電式 インパクトレンチ IW-180LiA
画像出典:Amazon.co.jp
最大締付トルク200N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M16
角ドライブ12.7Sq
電源18V充電式
重量1.4kg
打撃力切替
機能ライト付
コストパフォーマンスに優れたDIY向けモデル

軽自動車から一般乗用車までのタイヤ交換におすすめです。薄型ディープインパクトソケット(19mm・21mm)が付属しています。保護スリーブ付で、ホイールに傷が付きにくくなっています。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

日立工機(HiKOKI) 14.4V 1.3Ah コードレスインパクトレンチ FWR14DGL(LEGK)

日立工機(HiKOKI) 14.4V 1.3Ah コードレスインパクトレンチ FWR14DGL(LEGK)
販売価格:16,980円(税込)
最大締付トルク160N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M16
角ドライブ12.7Sq
電源14.4V充電式
重量1.3kg
打撃力切替
機能ライト付
タイヤ交換におすすめのDIY向けインパクトレンチ

薄口ロングソケット(19mm幅・21mm幅)が標準で付属しているので、購入後すぐに使用することができます。全長177mm・軽量1.3kgと軽量・コンパクトなので、ご家庭でのDIYでも手軽に使うことができます。160N.mでパワフルな締付けが可能です。

ビルディで見る

メーカーサイト

18Vモデル FWR18DGL(LEGK)もあります。

こちらの動画では、14.4V/18V コードレスインパクトレンチ FWR14DGL/FWR18DGLによるタイヤ交換が紹介されています。是非ご覧ください☟

9.エア式のインパクトレンチ

今回の記事では、電動式のインパクトレンチをご紹介しましたが、インパクトレンチには空気圧で動くエアーインパクトレンチという種類もあります。

エアーインパクトレンチは、別にエアコンプレッサーという機械を準備しなければ使うことができません。しかし、本体にモーターなどの電気部品が不要なので、電動式に比べて軽量・コンパクトになります。また、電動式より圧倒的に高いトルクも特徴です。

エアーインパクトレンチに興味がある方はこちらをご覧ください☟

airimpactwrench
エアーインパクトレンチの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説
エアーインパクトレンチ

今回はビルディで一番人気のエアーインパクトレンチをご紹介します。同等のAC100V電源式インパクトレンチと比較して、軽量・コンパクトさがお分かりいただけると思います。

電動式とエア式の比較
商品トルク全長重量概要
WR22SE620N.m280mm4.6kg日立(HiKOKI) AC100Vインパクトレンチ
AI4201700N.m108mm1.0kgTONE エアーインパクトレンチ

トネ エアーインパクトレンチ(ショートタイプ) 12.7sq AI4201

トネ エアーインパクトレンチ(ショートタイプ) 12.7sq AI4201
販売価格:19,800円(税込)
最大締付トルク700N.m
最大締付能力
(普通ボルト)
M20
角ドライブ12.7Sq
稼働方式常圧空気
重量1.0kg
出力調整三段階
打撃方式ビッグハンマー
驚きの軽さを実現したTONEエアーインパクトレンチ

特殊強化樹脂ボディを採用することにより、本体質量1.0kgという超軽量を実現しました。従来機(AI4200)より200g軽くなっています。軽量化により長時間の作業でも負担が軽減できます。軽量・コンパクトボディながら、最大トルク700N.mを発揮します。継ぎ手部分が回転継ぎ手になり、ホースがねじれにくくなりました。

ビルディで見る

メーカーサイト

10.おわりに

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。インパクトレンチの特長・選び方とおすすめ機種、いかがでしたでしょうか。皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。

【参考文献】

()『知っておきたいプロツールの基礎知識「COCOMITE vol.2 」p.421 佐川印刷株式会社

()『電動工具完全使いこなし術p.30-31 株式会社山海堂

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)