ビス打ち機でネジ頭が浮く4つの原因と対策【MAX・HiKOKI・マキタ】

ビス打ち機

この記事では、ビス打ち機でネジ頭が浮く4つの原因と対策についてご紹介しています。ビス打ち機についてより詳しく知りたい方は以下の関連記事をご覧ください。

▼関連記事

各メーカーのビス打ち機の性能や使い勝手を知りたい方はこちら↓
ビス打ち機をメーカーごとに徹底解説
そもそもビス打ち機ってどんな工具? どんな種類があるの? という方はこちら↓
【初めての方に】ビス打ち機ってどんな工具?

ビス打ち機でビス頭が浮く場合のチェックポイント

今の住宅はクロス貼りの部屋がほとんどですね。そしてクロスを張る前工程として石膏ボードを施工します。その石膏ボード施工に欠かせないのがビス打ち機。マックスの製品名でそのままターボドライバーと呼ぶ方もいます。

クロスをきれいに張るためにはビス頭はきれいに収まっていなければいけません。せっかくビュンビュン高速で施工をしても、いちいちビス浮きを手締め修正していてはもったいない!そこで今回の記事では、ビス打ち機でビス頭が浮く場合のチェックポイントと対策方法を紹介していきたいと思います。

 

1.コンプレッサの圧が足りない

コンプレッサ EC1245H3
コンプレッサ EC1245H3

ビス打ち機は、釘打ち機よりも高い空気圧を必要とします。そのため、コンプレッサも高めの圧設定が必要です。特に、釘打ち機で作業した後にビス打ち機に付け替えて使う、といった場合は忘れがちですので、必ず圧力の再調整をしてください。

一般的な高圧釘打ち機の使用空気圧力は1.2~2.3MPa(12~23気圧)程度、常圧釘打ち機の使用空気圧力は0.4~0.8MPa(4~8気圧)程度となっています。一方、高圧ビス打ち機の使用空気圧力は1.8~2.3MPa(18~23気圧)程度、常圧ビス打ち機の使用空気圧力は0.6~0.8MPa(6~8気圧)程度、となっており、最低限必要なエア圧が1.5倍ほど高くなっていることが分かります。そのため、釘打ち機の設定でビス打ち機を使用してしまうと、空気圧不足により、十分な打ち込みが行えず、ビス頭が浮いてしまうのです。

また適切な圧に設定した場合でも、複数人での作業などコンプレッサのエア供給量が追いつかない場合も、当然空気圧・量が落ちてビス頭が浮いてきます。

エア圧の比較
機種一般的な釘打ち機ビス打ち機
高圧常圧高圧常圧
使用空気圧力1.2~2.3MPa
(12~23気圧)
0.4~0.8MPa
(4~8気圧)
1.8~2.3MPa
(18~23気圧)
0.6~0.8MPa
(6~8気圧)

2.エアホースが細い

エアーホース HH-4010S1
エアーホース HH-4010S1

空気圧だけではなく、空気量も重要です。ビス打ち機は釘打ち機よりも多くの空気量を必要としますので、太めのエアホースが必要です。太さが足りない場合、空気量が不足して十分な打ち込みが行えず、ビス頭が浮いてしまいます。高圧であれば内径6mm、常圧では内径8.5mm以上のエアホースが必要です。安価なエアホースの場合、細いことが多いので必ず寸法をチェックしてください。

空気圧のところでもご説明したように、適切なエアホースの場合でも複数人での作業などコンプレッサのエア供給量が追いつかない場合も、やはり空気圧・量が落ちてビス頭が浮いてきます。

ホース径の比較
機種一般的な釘打ち機ビス打ち機
高圧常圧高圧常圧
使用ホース内径高圧専用ホース
4mm以上
6.5mm以上高圧専用ホース
6mm以上
8.5mm以上

3.エア消費量>エア供給量

コンプレッサの空気圧を指定通りに設定し、適切な太めのエアホースを使ってもビス頭が浮く場合は、「エア消費量>エア供給量」となっている状況が考えられます。 複数人で同時にエア工具を使っていたり、エアを大量に消費するビス打ち機やエアインパクトの同時使用をしていませんか? エア供給量が追いついていない場合は、同時作業人数を減らし作業スピードを落とすか、エア吐出量の多い上位クラスのコンプレッサへが必要です。また補助タンクを増設することも有効です。

大工さん向けのおすすめコンプレッサをご紹介。 マックスコンプレッサー大工さん向けコンプレッサーのおすすめ最新2020年版【MAX・マキタ・HiKOKI】

4.本体の抑えつけが足りない

これは作業している皆さんが一番よくご存知だと思いますが、ビス打ち後に本体をボードから離すタイミングが早いと最後まで締め付けられずビスが浮いてしまいます。特に天井のボード貼りなど体勢が悪いときにタイミングが早くなりがちですので意識して抑えつけてください。

この打ち込み感はマックス、日立、マキタともに微妙に異なりますので、買い替え当初は慣れないこともあるようです。例えば日立のWF4H3シリーズでは、同一モデルでも仕上がり優先仕様とスピード有線仕様の2つをリリースしていますが、このあたりは本当に好みが分かれるところです。ちなみにビルディでは仕上がり優先モデルのほうが7対3くらいで人気ですが、皆さんのまわりではいかがでしょうか。

こちらの大工さんは割としっかり押さえつけています。
適切な空気圧とエアホースで使えばこんなに速くも。

メーカーごとの仕様

各メーカーごとの推奨環境をご紹介します。

マックスのビス打ち機

マックスのターボドライバー推奨コンプレッサスとエアホースのスペックです。

MEMO

高圧ターボドライバ

  • コンプレッサ0.75kW以上
  • ホースの内径はφ6mm以上
  • コンプレッサ1台にターボドライバ1台
  • 設定気圧は23気圧

常圧ターボドライバ

  • コンプレッサ0.75kW以上
  • ホースの内径はφ8.5mm以上
  • コンプレッサ1台にターボドライバ1台
  • 設定気圧は7~7.5気圧
機種ごとの仕様表
圧力品番使用空気圧力使用ホース
高圧HV-R51G1-GHV-R51G1-G1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
HV-R32G2-GHV-R32G2-G1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
HV-R41G3-GHV-R41G3-G1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
HV-R41G4-G・RHV-R41G4-G・R1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
HV-R51G1
【廃番】
1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
HV-R32G2
【廃番】
1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
HV-R41G4
【廃番】
1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
HV-R41G3
【廃番】
1.8~2.3MPa
(約18~23kgf/cm2)
内径6mm以上・長さ30m以内
常圧TD-341G4TD-341G40.6~0.8MPa
(約6~8kgf/cm2)
内径8.5mm以上・長さ30m以内
TD-332G
【廃番】
0.6~0.8MPa
(約6~8kgf/cm2)
内径8.5mm以上・長さ30m以内
TD-341G2
【廃番】
0.6~0.8MPa
(約6~8kgf/cm2
内径8.5mm以上・長さ30m以内

純正ホース

マックス 高圧用 プレミアムやわすべりほーす
マックス 高圧用 プレミアムやわすべりほーす

よれにくく、取り回し性に優れた高圧用ホース

仕様品番
内径6.0mm×長さ10mHH-6010S1
内径6.0mm×長さ15mHH-6015S1
内径6.0mm×長さ20mHH-6020S1
内径6.0mm×長さ30mHH-6030S1

ビルディで見る

マックス 高圧用 スタンダードやわすべりほーす
マックス 高圧用 スタンダードやわすべりほーす

軽く柔らかで、取り回し性に優れた高圧用ホース

仕様品番
内径6.0mm×長さ10mHH-6010E1
内径6.0mm×長さ15mHH-6015E1
内径6.0mm×長さ20mHH-6020E1
内径6.0mm×長さ30mHH-6030E1

ビルディで見る

マックス 常圧用 プレミアムやわすべりほーす
マックス 常圧用 プレミアムやわすべりほーす

よれにくく、取り回し性に優れた常圧用ホース

仕様品番
内径8.5mm×長さ15mLH-8515S1
内径8.5mm×長さ20mLH-8520S1
内径8.5mm×長さ30mLH-8530S1

ビルディで見る

日立工機のビス打ち機

日立工機のビス打ち機の推奨スペックです。

機種ごとの仕様表
圧力品番使用空気圧力使用ホース
高圧WF4H3WF4H31.76~2.26MPa
(18~23kgf/cm2)
内径:5mm・6mm
長さ:10m・20m・30m
WF4H3(S)WF4H3(S)1.76~2.26MPa
(18~23kgf/cm2)
内径:5mm・6mm
長さ:10m・20m・30m
WF3HWF3H1.76~2.26MPa
(18~23kgf/cm2)
内径:5mm・6mm
長さ:10m・20m・30m
常圧WF4AR3WF4AR30.59~0.78MPa
(6~8kgf/cm2)
内径:8.5mm以上
長さ:10m・20m・30m
WF4AR3(S)WF4AR3(S)0.59~0.78MPa
(6~8kgf/cm2)
内径:8.5mm以上
長さ:10m・20m・30m

純正ホース

日立工機 ソフト高圧細径シリーズ(パージプラグ付)
日立工機 ソフト高圧細径シリーズ(パージプラグ付)

ソフトタイプで扱いやすいホースです。ホースがすべり易く引っ掛かりにくくなっています。

ビルディで見る

日立工機 エココンビエアホース(パージプラグ付)一般圧
日立工機 エココンビエアホース(パージプラグ付)一般圧

ソフトタイプで扱いやすい。ホースがすべり易く引っ掛かりにくい

仕様品番
内径8.5mm×1m0088-5077
内径8.5mm×10m0088-5044
内径8.5mm×20m0088-5045
内径8.5mm×30m0088-5046
内径8.5mm×100m
(カプラ・プラグなし)
0088-5047

ビルディで見る

マキタのビス打ち機

マキタのビス打ち機の推奨スペックです。

機種ごとの仕様表
圧力品番使用空気圧力使用ホース
高圧AR411HRAR411HR1.76~2.26MPa
(18~23kgf/cm2)
内径5mm以上・長さ30m以内
AR320HRAR320HR1.76~2.26MPa
(18~23kgf/cm2)
内径5mm以上・長さ30m以内

純正ホース

マキタ 高圧スリックホース
マキタ 高圧スリックホース

滑りが良く、使いやすいホースです。ジョイント取り外し時の反動を軽減しています。

ビルディで見る

おわりに

以上、ビス打ち機でビス頭が浮く場合のチェックポイント、いかがでしたでしょうか。皆さまの快適な作業のお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております!お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)