DIY用インパクトドライバーのおすすめをAmazon・価格.com・楽天から厳選【2018年版】

DIY用インパクトドライバーのおすすめメイン

プロ用インパクトドライバーについてはこちらでご覧ください↓
インパクトドライバーラインナップ
インパクトドライバー結局どれがおすすめ?【プロとDIYユーザーの選び方の違い】
今一番人気のあるDIY向けインパクトドライバーはこちらです↓
マキタ 14.4V 充電式インパクトドライバ MTD001DSX

インパクトドライバーってどんな工具?

では早速おすすめ機種を紹介していきます・・・、と行きたいのはやまやまなのですが、まずは初めての方向けに、インパクトドライバーとはどんな工具で何ができるのか、を見ていきたいと思います。基本的なことは知っているよという方は、こちらからおすすめ機種をご覧ください。

インパクトドライバーとは

皆さんドライバーは知っていますよね。ネジを締めたり緩めたりするあのドライバーです。ご家庭にも2、3本はあるのではないでしょうか。家具の組み立てや電池交換時のケースカバーつけ外しなど、DIYでも大活躍のドライバーですが、ネジが固くて困ったり、長時間のネジ締めで手が痛くなったりしたことはありませんか?

インパクトドライバー
マキタ インパクトドライバー TD171D

そんな時におすすめな工具がインパクトドライバーです。インパクトドライバーは、ドライバーを電動工具化し、より強い力を出すためのハンマー機構を組み込んだ工具です。固くなったネジなども、簡単に緩めることができます。また、ドライバーでは力の入れにくい高いところでの作業でも、インパクトドライバーなら簡単にこなすことができます。

ドライバーイメージ
ドライバーの使用イメージ
インパクトドライバーイメージ
インパクトドライバーの使用イメージ

先端工具を付け替えて様々な作業に対応

インパクトドライバーの先端、つまりドライバービットを取り付ける部分は、スライドスリーブという各社共通の規格になっています。このスライドスリーブには、通常のドライバービットだけではなく穴あけ用のドリルビットや、ボルト締め付けようのソケットレンチなど様々な先端工具を取り付けることが出来ます。

インパクトドライバービット
インパクトドライバー用ビットの種類と特長まとめ
トップ工業ソケットEDX17
インパクトドライバー用ソケットのまとめ
木工用錐
インパクトドライバー用の木工ドリルの種類一覧とおすすめビット
マキタのドリルチャック
インパクトドライバーで使えるアタッチメントまとめ

スライドスリーブの使い方

ビットのつけ外し
ビット・先端工具のつけ外し

ビットを取り付けるときは、スリーブを引っ張り、その状態でビットを奥まで差し込みます。スリーブを離すことで、ビットが固定されます。ビットを取り外すときは、逆の手順を行います。使用直後の場合は、ビットが熱くなっていることがあるので、注意してください。

コード式と充電式との違い

インパクトドライバーには、100V電源で使用するコード式と、充電バッテリーで動作するコ-ドレスタイプがあります。コード式がより安価ではありますが、最近の主流はコードレスタイプです。バッテリの性能向上により、充分なパワーと作業時間があるタイプが各社から発売されています。

インパクトドライバーの使い方

インパクトドライバー全体図
インパクトドライバー全体図

インパクトドライバーを使うときには、先端のスリーブに用途に応じたビット(+ビット・-ビットなど)を取り付けて使います。スイッチの引き金を引くと、引き具合に応じてビットが回転します。軽く引いただけの状態では打撃は行われず、ただ回転するだけになります。打撃に弱い素材やネジの時にはこの状態で使います。引き金をより引き込むと打撃が開始され、力強いネジ締め、緩めができます。

またビギナーのみなさなんが悩まれるのがインパクトドライバーで穴あけはできるのか?という点です。結論から言うと穴あけはできます。ただ少しコツが必要となりますので、「インパクトドライバーで穴あけはできるのか?」に詳しくまとめてあります。

インパクトドライバーでの穴あけ
インパクトドライバーで穴あけはできます(条件付き)

インパクトドライバーの構造

インパクトドライバーの構造

インパクトドライバーは、ドライバーを電動化した工具(=ドリルドライバー)に、ハンマーを追加した工具です。内蔵されたハンマーで回転方向に打撃を加えることで、より強力な力を発揮します。打撃(インパクト)を加えることから、インパクトドライバーと呼ばれています。打撃のイメージとしては、普通のドライバーに横向きの取手をつけて、その部分をハンマーでたたいてネジを締める、といった感じでしょうか。

似ている電動工具

ドライバードリルとの違い

ドライバードリル
マキタ ドライバードリル DF484D

インパクトドライバーとよく比較される電動工具として、ドライバードリル(ドリルドライバーとも呼ばれます)があります。こちらは、打撃をせず回転力だけでネジの締め緩めや穴あけをする電動工具です。手回しのドライバーを電動化した工具とも言えます。見た目は似ていますが、打撃をしないので、固く締まったネジを緩めたり、ネジをより強く締付けるといった作業は苦手です。

ドライバードリルの構造

一方で、インパクトドライバーにはない機能として、トルククラッチがあります。これは、一定の締付け(トルク)になったら自動的にクラッチが切れ、それ以上の締付けは行わなくなる機能です。MT車のクラッチと同じ働きですね。機種によっては20段以上のクラッチ設定が可能なものもあり、繊細な作業に向いた電動工具です。また、ドリルビットやコアドリルなどを取り付けて穴あけをすることもできます。

ドライバードリルについて詳しく知りたい方はこちらの記事を☟
ドリルドライバーの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

電動ドリルとの違い

電動ドリルの構造

こちらは、穴あけに特化した電動工具です。クラッチやハンマーはなく、ただシンプルに回転のみで穴あけを行います。

電動ドリルについて詳しく知りたい方はこちらの記事☟
電動ドリルの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説
電動ドリルの選び方とおすすめ【電動ドライバー・インパクトドライバーとの使い分け】
それでもインパクトで穴をあけたい!という方はこちら☟
インパクトドライバーでの穴あけ
インパクトドライバーで穴あけはできます(条件付き)

お待たせしました。それではさっそく、おすすめ機種を紹介していきます。

電動工具の定番インパクトドライバーはDIYでも必需品です。DIY向けであれば、Amazonや価格コム、楽天から選ばれる方も多いのではないでしょうか。 そこで、私たちプロ用電動工具の専門ビルディのスタッフが、Amazon・価格.com・楽天の2018年人気ランキングからさらにおすすめのインパクトドライバーを厳選。初心者の方におすすめのDIY向けインパクトドライバーを、分かりやすく解説します。

プロ向けのインパクトドライバーをお探しの方は「プロ用インパクトドライバー結局どれがいい?」をご覧ください。

今一番人気のあるDIY向けインパクトドライバーはこちらです↓
マキタ 14.4V 充電式インパクトドライバ MTD001DSX

ランキングの基準

2018年2月のAmazonの売上ランキングやレビューでの高評価、価格コムでの売れ筋と満足度のランキング、楽天ランキングを総合して集計。さらにビルディマガジン編集部独自の観点でランキングしました。人気サイトからさらにおすすめを厳選したこのランキングで、きっとあなたにとってぴったりのインパクトドライバーが見つかるはずです。 それでは早速見ていきましょう!

(初めてのインパクト選びの方向け)用語の説明

  • 電圧:14.4Vや10.8Vなど、電圧が高いほど、パワーが強くなります。
  • 容量:1.3Ahなどバッテリの容量で、多いほど作業量が増えます。
  • トルク:締付力の強さで、大きいほど長いビスや太いビスの締付ができます。単位はN.m(ニュートン)

DIY向けインパクトドライバーの選び方

DIYと一口に言っても、本棚を組み立てるのか、ウッドデッキを作るのか、目的によって必要な電動工具も変わってきます。インパクトドライバーを選ぶ際にポイントとなるのは、締め付けるビスのサイズです。その締め付けられるビスサイズを決めるのはトルク値になります。

例えば、本棚などの家具作りで、40mm程度までのビス締めであれば、100N.mあれば十分です。さらに小さい20mm程の小ねじ作業が中心であれば、ペンタイプのインパクトドライバーや、過剰締め付けを防ぐクラッチ機能が付いたドライバードリルの方が使いやすいと思います。

一方、ウッドデッキなど90mm以上の長ビスを何本も締め込んでいく場合は、130N.m以上のトルクは欲しいところです。90mm以上のビスになるとトルクの大きさが締め込みスピードに如実に表れますので、長ビスの連続作業が多い場合は、お値段ぐんとあがりますが(汗)プロ用の160~170N.mクラスのインパクトドライバーを検討されてもいいと思います。

【バランス重視】パワーもそこそこ&小型で使いやすいインパクト

力もそれなりにあって(トルク90~100N.m)、小型軽量で扱いやすいため、DIY向けとして最もおすすめできるインパクトドライバーです。

【第1位】マキタ 10.8V 充電式インパクトドライバ TD090DWX

インパクトドライバーTD090DWX
トルク90N.m
バッテリ2個
重量0.92kg

小型ボディなのにパワフル締付けインパクト。

7.2Vのような軽快さ + 14.4Vのようなパワフル感、小型・軽量かつバランスのとれたミドルレンジインパクトです。握り手に合わせたセル(電池)の配置とし、握りやすいグリップ形状を実現しました。プロにも使われるインパクトです。

ビルディで見る

メーカーサイト

【第2位】アースマン 14.4V 充電式インパクトドライバーEARTH MAN IDR-150Li

アースマン 14.4V 充電式インパクトドライバーEARTH MAN IDR-150Li

画像出典 Amazon.co.jp

トルク100N.m
バッテリ2個
重量1.13kg

DIYブランドで人気

金物工具商社の高儀が展開するEARTH MANブランド。コストパフォーマンスに優れており全国のホームセンターで人気上昇中です。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

【第3位】マキタ 100V電源式 充電式インパクトドライバ MTD0100

インパクトドライバーMTD0100
トルク100N.m
バッテリ
重量1.0kg

電源が確保できればコード式もありです。

マキタの100V電源式DIY用インパクトドライバーです。重量1.0㎏の軽量コンパクトながら100N.mのパワーで快適に作業を行えます。

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

【第4位】BLACK+DECKER 10.8V 充電インパクトドライバー LXI102

インパクトドライバーLXI102
トルク107N.m
バッテリ2個
重量1.06kg

本体重量1.06㎏ながら107N.mのパワーを発揮!BLACK+DECKERの充電式インパクトドライバーです。

ビルディで見る

メーカーサイト

【第5位】リョービ 100V電源式 電動インパクトドライバー CID-1100

インパクトドライバーCID-1100
トルク110N.m
バッテリ
重量1.0kg

価格を抑えるなら100V。

手になじむソフトグリップで使いやすさに優れたコンパクトボディーです。堅牢なアルミダイカスト製ギヤケース採用で強度もアップしています。

ビルディで見る

メーカーサイト

【軽さ重視】軽作業におすすめのDIY向けインパクトドライバー

20~30mm程度の短めのビス締め付け作業が中心であればこのクラスがおすすめです。ご家庭での用途としては十分のスペックです。 パワーは控えめ(トルク20~25N.mN.m)ですが、小型軽量で扱いやすいのが最大のメリット

【第1位】マキタ 7.2V 充電式ペンインパクトドライバ TD022DSHX

インパクトドライバーTD022DSHX
トルク25N.m
バッテリ2個
重量0.55kg

より速く、さらに多く締付ける!使いやすさをスマートに凝縮。

TD021Dの新型機種。トルクがやや強くなっています。マキタ充電工具は、品番最後に「X」がつくとバッテリが2個付き仕様という意味です。

ビルディで見る

メーカーサイト

【第2位】日立工機 7.2V コードレスインパクトドライバ(ペン型) WH7DL

インパクトドライバーWH7DL
トルク25N.m
バッテリ2個
重量0.58kg

インパクトだからパワフル 頼れるコンパクト

電設業者さんなどプロも使うペン型のインパクトドライバーです。クラス最大の締付けトルク25N.mを発揮。握りやすいグリップとトリガーで狭い場所での速度微調整も簡単に行えます。

ビルディで見る

メーカーサイト

【第3位】マキタ 7.2V 充電式ペンインパクトドライバ TD021DSHSP

インパクトドライバーTD021DSHSP
トルク22N.m
バッテリ1個
重量0.54kg

繊細な力加減を、左右どちらからでも行える「無段変速」ペンパクト

プロの職人さんも使うペン型のインパクトドライバーです。無段変速+正逆転切替で、手締め感覚で使用できます。小型・軽量で取り回しが楽なペン型ボディなので抜群の取り回し性!狭い場所でもラクラク作業。

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

【第4位】日立工機 7.2V コードレスインパクトドライバ(ペン型) FWH7DL

インパクトドライバーFWH7DL
トルク25N.m
バッテリ2個
重量0.58kg

頼れるコンパクト 余裕の作業量と締付けトルクでDIYをもっと楽しく!

プロ用WH7DLのDIYモデルです。手締め機能付きなので、手回しドライバーとしても使用できます。電池多重保護回路内蔵で安心して作業ができます。

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

【第5位】パナソニック 7.2V スティックインパクトドライバー EZ7521

インパクトドライバーEZ7521
トルク25N.m
バッテリ2個
重量0.55kg

2WAY LEDライト搭載、小型インパクトドライバー「スティック」

プロも使うペン型インパクトです。2WAY LEDライト搭載で暗所・狭所作業を明るくサポートします。パワフルでスピーディかつ手締めもできるので作業が楽になります。

ビルディで見る

メーカーサイト

【第6位】パナソニック 7.2V マルチインパクトドライバーSLIMO EZ7520LA2S-B

インパクトドライバーEZ7520LA2S
トルク22N.m
バッテリ2個
重量0.8kg

スリムで軽いモバイル工具。SLIMO(スリモ)

マルチモード搭載でインパクト締めとクラッチ締めをワンタッチで切替。ドリルドライバーモードなら小ネジ締めもラクラク。小型軽量なので持ち歩きがラク、取り回しがラク。

ビルディで見る

メーカーサイト

【パワー重視】DIY用途でもハードに使えるインパクトドライバー

ウッドデッキや倉庫の組み立てなど、70~90mmの長ビスを締め付けされたい方におすすめのインパクトドライバーです。

【第1位】マキタ 14.4V 充電式インパクトドライバ MTD001DSX

マキタ 14.4V 充電式インパクトドライバ MTD001DSX
トルク145N.m
バッテリ2個
重量1.2kg

パワフル145N.m&コンパクト

【2018年7月追加】バッテリー2個・充電器・プラスビット・収納ケースと付属品は日立FWH14DGLと同等。ボディサイズはこちらの方が23mmコンパクト。重心のバランスも良く、取り回し性に優れています。

従来機M697DSX・ライバル機との比較はこちらからどうぞ

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

【第2位】日立工機 14.4V コードレスインパクトドライバ FWH14DGL(2LEGK)

インパクトドライバーFWH14DGL(2LEGK)
トルク140N.m
バッテリ2個
重量1.3kg

高トルク140N.mでパワフルな締付け

14.4V1.3Ahリチウムイオン電池搭載。コンパクトで取り回しのしやすい重量。充電器・予備電池・プラスビット・ケース・電池カバー2個など付属品も豊富です。マキタMTD001DSXの発売で少々押され気味ですが、依然として人気機種です。

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

【第3位】ボッシュ 18V コードレスインパクトドライバー PDR 18LIN

インパクトドライバーPDR 18LIN
トルク130N.m
バッテリ2個
重量1.25kg

バッテリ容量2.5Ah

上の2機種が1.3Ahバッテリ2個付きなのに対し、こちらは2.5Ah×2個と、倍近い作業量が期待できます。締付トルク130N・mも家庭用としては充分。

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

BLACK+DECKER 18V コードレスインパクトドライバー EXI18

インパクトドライバーEXI18
トルク170N.m
バッテリ2個
重量1.5kg

DIY用インパクト最強トルク。

18Vリチウムイオンバッテリーを採用、プロ仕様モデルに匹敵するネジ締め能力(最大トルク170N・m)を実現。

ビルディで見る

メーカーサイト

BLACK+DECKER 100V電源式 コード式インパクトセット EAI800

インパクトドライバーEAI800

画像出典 Amazon.co.jp

トルク140N.m
バッテリ
重量1.4kg

電源があるならコード式も一考

コード式であれば価格も抑えられます。インパクトヘッド部分は別売のアタッチメントに交換でき、様々な作業に対応可能です。

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

新興製作所 14.4V コードレスインパクトドライバー LCID-144W

インパクトドライバーLCID-144W
トルク130N.m
バッテリ2個
重量1.4kg

ハイパワー、コンパクト、軽量

元祖コストパフォーマンスマシン。隠れた老舗でここのインパクトのファンも多くいます。最大トルク130N.mで高速なネジ締め緩めが可能です。

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト(非公式)

同等インパクトで「おすすめしない」機種

ラインナップ豊富なパワー重視のインパクトドライバーで、以下の機種は「おすすめしない」機種です。多くの優れた機種の中、これらニカドバッテリ仕様の機種をあえて選ぶのは「寒冷地でリチウムイオンバッテリが使えない場合」という条件付き以外に、選択する理由はありません。各社ニカド仕様の製造を打ち切っており、部品供給期間に不安があります。

【※非推奨】リョービ 12V 充電式インパクトドライバー BID-1250

インパクトドライバーBID-1250
トルク133N.m
バッテリ2個
重量1.6kg

良いインパクトだけど。。

12Vバッテリで高トルクを発揮する優秀な機種ですが、ニカドバッテリという点で非推奨とさせていただきました。(部品供給期間に不安があります。)ただしリチウムイオンバッテリの能力が落ちる寒冷地(マイナス10度以下)ではニカドも有用です。

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

【※非推奨】マキタ 12V 充電式インパクトドライバ M694DWX

インパクトドライバーM694DWX
トルク130N.m
バッテリ2個
重量1.5kg

こちらもニカド

上記同様、部品供給期間の観点で非推奨とさせていただきました。寒冷地仕様です。

ビルディで見る

Amazon.co.jpで見る

価格.comで見る

メーカーサイト

【※非推奨】日立工機 12V コードレスインパクトドライバー  FWH12DC2(2SSK)

インパクトドライバーFWH12DC2(2SSK)
トルク110N.m
バッテリ2個
重量1.6kg

こちらもニカドのため非推奨です。寒冷地向けです。

最大締付けトルク110N.mを発揮する日立工機のDIY用ニカドバッテリーインパクトドライバーです。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

【パワー&軽さ重視】ハードに使えるのに軽い!贅沢仕様のDIY向けインパクト

このクラスのインパクトドライバーは、パワーも130N.m以上、そして1kg前後の重量と、パワーと軽さを両立させた贅沢なインパクトドライバーです。プロの方でもセカンドマシンとして使われている方も多いです。 価格もお高くなっています。

【第1位】マキタ 10.8V 充電式インパクトドライバー TD111DSMX(4.0Ah)

インパクトドライバーTD111DSMX

※写真はTD111DSHX(1.5Ah)となっています。

トルク135N.m
バッテリ2個
重量1.1kg

質量1kg未満で最強トルク。容量4.0Ah仕様

プロも使うインパクトドライバーです。質量0.97kg、全長135mm と小型・軽量で取り回しが楽に行なえます。楽らくモード搭載で快適に作業が行えます。※TD111DSMXは4.0Ahバッテリー搭載で質量1.1kgとなっていますのでご注意ください。

ビルディで見る

メーカーサイト

【第2位】マキタ 10.8V 充電式インパクトドライバー TD111DSHX(1.5Ah)

インパクトドライバーTD111DSHX
トルク135N.m
バッテリ2個
重量0.97kg

軽量の1.5Ah仕様モデル。

質量0.97kg、全長135mm と小型・軽量で取り回しが楽に行なえます。楽らくモード搭載で快適に作業が行えます。

ビルディで見る

メーカーサイト

【第3位】マキタ 10.8V 充電式インパクトドライバー TD110DSHX

インパクトドライバーTD110DSHX
トルク110N.m
バッテリ2個
重量1.0kg

トルクは控えめながら価格の安さがうれしい。

プロも使うインパクトです。軽量コンパクトながら最大締付けトルク110N.mを発揮します。約22分で高速充電できるので、バッテリーが切れても安心!

ビルディで見る

メーカーサイト

マキタ 14.4V 充電式インパクトドライバー TD134DSHX

インパクトドライバーTD134DSHX
トルク135N.m
バッテリ2個
重量1.2kg

防塵防滴で屋外作業も安心

プロも使うインパクトです。軽量コンパクトながら最大締付けトルク135N.mを発揮します。

ビルディで見る

さらにハイスペックなものをお探しの場合は、プロ用インパクトドライバーとなります。こちらプロ用の特集記事から最新のおすすめ機種をチェックしてみてください。
インパクトドライバーラインナップ
インパクトドライバー結局どれがおすすめ?【プロとDIYユーザーの選び方の違い】

【価格重視】安いだけじゃない価格以上の品質。コスパ重視のDIY向けインパクトドライバー

とにかく安いインパクトドライバーということで、価格だけで言えばもっと安いものもあると思いますが、こちらでご紹介の2機種はクチコミでも大変評判の高い機種です。ヘビーな使い方をされない方であれば、Amazonでレビューをチェックしてみる価値はあります。

ベルソス 14.4V 充電式インパクトドライバー VS-TL2140

インパクトドライバーVS-TL2140

画像出典 Amazon.co.jp

トルク110N.m
バッテリ2個
重量1.78kg

 

コストパフォーマンスに優れたベルソスインパクトドライバー。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

ベルソス 18V 充電式インパクトドライバー VS-TL2180

インパクトドライバーVS-TL2180

画像出典 Amazon.co.jp

トルク120N.m
バッテリ1個
重量1.7kg

 

コストパフォーマンスに優れたベルソスインパクトドライバー。

Amazon.co.jpで見る

メーカーサイト

マキタ・日立工機(HiKOKI)のフラグシップDIYモデル

【2018年7月追加】

国内でのプロ向け電動工具シェアトップを争うマキタと日立工機(HiKOKI)ですが、DIY向けモデルも製造しています。マキタは、プロ向けモデルが青色ベースなのに対して、DIY向けは緑色のラインナップ、日立工機(HiKOKI)は、プロ向けモデルが緑色ベースなのに対して、DIY向けは青紫色のラインナップになっています。ここでは、この2大メーカーのDIYモデルの14.4V充電式フラグシップ機を比較してみました。

マキタ・日立工機(HiKOKI)フラグシップ機比較
メーカー
品番
MTD001DSX
【新型機】マキタ
MTD001DSX

Amazonで見る

M697DSX
【従来機】マキタ
M697DSX

Amazonで見る

FWH14DGL(2LEGK
日立工機
FWH14DGL(2LEGK)

Amazonで見る

発売日2017年12月2015年5月2014年5月
最大トルク145N.m140N.m140N.m
ネジ締め能力
(コーススレッド)
22~125mm22~125mm
ネジ締め能力
(普通ボルト)
M6~M14
ネジ締め能力
(高力ボルト)
M5~M12M5~M12M6~M12
回転数(回転/分)0~2,700min-10~2,600min-10~2,600min-1
打撃数(回/分)0~3,000min-10~3,000min-10~3,200min-1
全長143mm150mm166mm
質量(バッテリ含む)1.2kg1.2kg1.3kg
付属バッテリー1.5Ah×2個1.3Ah×2個1.3Ah×2個
標準付属品充電器DC18SG・ケース・プラスビット充電器DC18SG・ケース・プラスビット充電器・No.2プラスビット・ケース・電池カバー2個
備考MTD001DSXの旧機種

以前は日立工機(HiKOKI)FWH14DGL(2LEGK)が一番人気となっていました。ですが、マキタがそれに甘んじているはずがなく、2017年12月に新機種MTD001DSXを発売。現在は性能面からもこのMTD001DSXが一番人気になっています。

マキタ・日立工機(HiKOKI)ともに国内トップクラスの電動工具メーカーなので、どちらを選んでも安心して使えます。性能に対するこだわりがなければ、見た目やメーカーの好みで選んでみてもいいでしょう。

DIY用インパクトドライバーまとめ

以上、Amazon・価格コム・楽天でのDIY向けインパクトドライバー人気機種から、さらにおすすめメーカー・機種をピックアップしました。このランキングから比較検討いただいて、皆さまのDIYライフにお役に立てれば幸いです。そして、趣味が高じて本職の電動工具マスターになっていただければもっと幸せです^^

コメントを残す